エンスーの目線から

2013年末をもって更新休止中。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラヴァーズ5ドア。

今回は過去に取り上げた個体も含めた来客車4台を。

後期型は初めて被写体に採用したA31セフィーロ。まだ若いという事でスルーしていたが、いざ観察してみるとなかなか遭遇する機会が無いので取り上げた次第。カジュアルな初期/中期と比べるとローレルとの棲み分けが曖昧になった印象はあるが、伸びやかでセンス良く高級感の増幅が図られたデザインは後期独自の魅力がある。<2月27日泉佐野市にて>
A31CEFIRO 100227
後期は大型バンパーと幅広サイドモールの採用により全機種3ナンバー。

あれっ・・・・こいつは1年ほど前に貝塚市で会った沼津ナンバーのU12ですね。1800ツインカム(CA18DE)のSSS-XⅡという個体。またこうして会えたという事は、あの時偶然遠征してきていたわけではなく現在はこの近辺に本拠があるみたい。<2月27日泉佐野市にて>
U12BLUEBIRD 100227
U13/14用のホイールキャップが目印。

ここの病院は何かと旧車が来ますな。で、このギャラン。もしやと思ったらやはりこいつだった。都合良く以前撮れなかったフロント側が写せたんで載せましょう。おもむろに車庫証明のシールを見ると、あれ?岸和田市とある・・・・以前遭遇した現場はどうやら本拠ではなく勤務先の駐車場だった模様。<3月3日岸和田市にて>
E35AGALANT 100303
中古で流通しているVR-4はなぜか全然おらん。

行きつけのショッピングセンターに向かっていたところを目撃し、行き着いた先と思われる駐車場に行ってみるとやっぱりおったぁー!ついに仕留めたコンチェルトの5ドア!!これまで意外にも何度か通りすがりを見た事はあったが(その中にこいつが含まれてた可能性大)、本拠や駐車中の対面はこれまでの記憶に無いです。個人的な好みを書けば、リヤのオーバーハング(全長)が4ドアと同じ長さだったらもっとカッコ良かったと思うが、短い分取り回しの面では有利やね。<3月4日泉佐野市にて>
CONCERTO 100304 1
何と練馬ナンバーなんです。

CONCERTO 100304 2
今手持ちのコンデジでは暗い場所だとどうしてもまともに写らん・・・・外に停めてくれてたらなぁ。
スポンサーサイト

| 未分類 | 18:04 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

セフィーロの

グレードって判別はできないんですよね・・・
以前、T.Iさんはメーターパネルで判別してましたが。
でも、前期は十分なネタで台数も少ないですが、後期のほうはさらに少ない気がします。人気がなかったのでしょうか。まぁこのサイズだとローレル買いますね。

ブルーバードは以前スク友で公開していた駐車場で後ろから撮影した後、駐車場から出てきたところを撮影していた個体でしょうか??
U12になるとSSSも一般グレード的になりましたよね。
前期はほとんどSSS系が多いです。

ギャランは大手中古車サイトでもこの型はほとんど流通してませんね。カリーナEDも初代、2代目が売りに出されててもおかしくないと思いますが、まったく無いですね。
この紺は珍しいと思います。見たことありません。
でもそちらでは本拠を発見した個体が街で出会えるんですね。こちらではそういう体験はないです。

コンチェルトは後期ばっかり出土してますね。
それにしてもこっちではコンチェルトを見つけたとしても前期ばっかりで、後期なんて目撃も去年一度だけです。後期のが爆弾率が高いと思ってたんですが、大阪では逆のようですね。
1つ気になったのですが、コンデジとは何でしょう?

| CVT | 2010/03/06 00:34 | URL | ≫ EDIT

A31は

前期と中期に関してはグレードを示すエンブレムは付かなかったのですが(そもそもグレードというよりは一時期の三菱コルトやグランディスのカスタマーフリーチョイス的な概念だった)、後期では一般的なグレード展開となったようで、中期までのタウンライド、ツーリング等の代わりにSE、VEなどと名付けられ、トランクリッドにそれらを示すエンブレムが付いています。メーターの判別はタコメーターに記されたエンジン回転数で、2000のワンカム(RB20E)車のみ8000までで、それ以外は9000までとなっているようです。前期~後期の遭遇率はいずれも似たような状況ですね。

ブルーバードは、そうです。よくそこまでハッキリ憶えてくれてましたね。まぁSSSといっても廉価版からハイパワー版までありますし、SSSでないグレードにもSSSの廉価版より高出力なやつがありますからね。しかしながら見る個体は決まってハードトップ=SSS、セダン=非SSSです。

ギャラン(VR-4除く)もカリーナEDも業界では古くなったらほぼゴミ扱いなんですよね。売りに出されるくらいならもっと生存してますよ・・・・。本拠の発掘後路上等で出会うのは近所のクルマならありうるんじゃないですか?私も160系前期のEDやまだここでは公開していないBF系レーザーなんかは何度も目撃してますよ。それよりも、逆に路上等で出会った後本拠発掘に至っているケースが多い事のほうが驚きですよ。これまで発掘したネタのうち20台くらいはそのパターンです。逆に昨年9月にアップしたE80系カローラやGX71マークⅡLGなんかは比較的近場にもかかわらずそれまでまったく見憶えは無いし、その後も路上等ではまったく見掛けてません。

コンチェルトは本拠の発掘に関しては前期と後期、それぞれ4ドアが1台ずつなんですけどね。まぁどちらかといえば後期のほうが見る機会は多いでしょうか。記事中に書いた5ドアの通りすがりもすべて後期だった気がします(全部今回載せたやつか?)。

コンデジというのはコンパクトデジタルカメラ、要は本体とレンズが一体の普通のデジカメの事です。この略称は一般的に定着してると思ってたんですがご存知無かったんですね。

| T.I | 2010/03/06 09:57 | URL | ≫ EDIT

A31は

後期ではエンブレムがあるんですね。
なんかマキシマのようなグレードですね。
メーターはタコが違うんですね。
ただ、あまり室内を見る機会なんて無いですね・・・

確かに、U12はこちらでも似たような遭遇率です。
ハードトップがSSS,セダンがアーバンサルーンです。
ただ、写真の個体は以前はピカピカに見えましたが、今回は汚れてるんですね。

コンチェルト後期はまったく見かけないんですよね。
もともと売れなかったと聞きますし、やっぱり後期型ってデザインが変わるので売れなくなる傾向があるようです。

コンデジはコンパクトデジカメのことでしたか。
この表現を使ってる人は今まで見たことなかったですね。
まぁメーカーにもよりますが、室内や暗いところでは一眼レフじゃないとどうしようもないですね。
実際、何のカメラを使ってるんでしょうか??

| CVT | 2010/03/06 14:20 | URL | ≫ EDIT

なるほど・・・・

言われてみれば。改めて考えるとマキシマとの統合の序章だったのかもしれませんね。メーターは確かに覗き込なければ見えないので、確認するなら本拠以外での遭遇が前提ですね。

このU12は仰る通りです。以前会ったときと違って随分汚れきってるな~と思いました。画像だといくらかキレイに写ってますけどね。

マイナーチェンジで売れ行きがどうなるかはケースバイケースですが、部分変更ゆえにデザインのまとまりやバランスは多少なりとも崩れがちですよね。コンチェルトもそういう面ではどちらかといえば前期のほうに軍配が上がるかな?それにしても最近の日本メーカーのマイナーチェンジの手抜きぶりには頭に来ます。バンパーやライトの変更がフロント側だけとか、国から莫大な購入奨励の援助まで受けてる立場でそんなケチ臭い事すんなってんですよ。こうしてますますズルするヤツが生き残る社会になっていくのでしょう(-_-;)・・・・。

カメラはキャノンのイクシデジタル600(5年物)というのを使ってます。

| T.I | 2010/03/06 20:13 | URL | ≫ EDIT

最近のマイナーチェンジは

バンパーのエアダムを変えるのが主流ですね。
フロントグリルを変えたり、ヘッドライト形状を変えるなんてめったにないですね。
昔は前期は丸目で後期は角目が定番でしたが・・・

去年の12月のクリスマスの日に三菱が大量の車種をマイナーチェンジしましたが、ほとんど変わってないので見分けが付かない車種もありました。マイナーチェンジと言ってもグレード整理や排気量の変更、追加が目的のようです。ギャランフォルティスなんてフロント変わってませんよ。たぶん。

どこの会社もエコカー減税、補助金の制度が発令されてから環境対策車を増やすために急いでマイナーチェンジをするので外観よりも中身を優先してるのかもしれないですね。
車両重量に対する燃費でエコカーを判断するので、マイナーチェンジをして重量を少し増やすだけで減税、補助金対象車になります。一部車種によっては、サンルーフ、本革シートをオプションで装着したり、AMGパッケージにすれば減税、補助金対象になることがあります。
例えば、ホンダの軽はエンジン重量が他メーカーの軽より軽く、燃費は他メーカーのライバル車と同等でしたので、減税、補助金対象になるのが遅れてしまいました。

| CVT | 2010/03/07 00:40 | URL | ≫ EDIT

ええ。

グリルやライトも一応変わる事はありますが、大抵ルーバーやレンズ内部がすり替えられる程度で外側の形状はそのまんまですね。

三菱の登録車3車種のマイナーチェンジはアウトランダーのローデストに限りすでに外国向けに採用済みの「ジェットファイター」なる顔に変わりましたが、あとの2車種の外装は基本的に手付かずですね。デリカD:5なんか発売から丸3年経つのに何も変わってません(笑)。しかしながらメインメニューのエンジンの変更も免税基準を無理矢理満たしたいために大幅デチューンというみみっちい内容ときている。まぁ正統な改良ではないので、すでに購入済みの人はあまり悔しい思いせずに済みますけど・・・・。従来通りのデザインが好評だからとか言うのはコストダウンのための言い訳に感じますね。それなら従来のイメージを保ちながら新鮮味を演出するという方法もありますから。

政府の方針でそれぞれの時代を映し出す往年の名車が消され、ヘンテコな基準を満たしただけの手抜き商品を押しつけられる・・・・こんな、自動車業界のみならず社会全体まで崩壊させかねないアホな法案を導入に導いた政治家連中は本気であの世に行ってもらいたいですね。生きてる資格無いです。

| T.I | 2010/03/07 13:39 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ti1983.blog45.fc2.com/tb.php/66-d4f54dc4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。