エンスーの目線から

2013年末をもって更新休止中。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

FIREBIRD&CONTINENTAL

お題:寄せ集め(^^;)
というと聞こえは悪いが、国内外様々なメーカー織り交ぜた大盤振る舞いの全7件。

ストビューから実在した2代目ポンティアックファイヤーバードトランザム!ドラッグマシンばりのゴッツいタイヤが不気味に存在を主張するコイツは、失礼ながらどう考えても釣り合わないお宅にブッ込まれている・・・・分類3桁を掲げているが、不動っぽい。<4/20>
2nd_FIREBIRD 130420

この70系カローラやキャリィと同じ方が所有する2代目サンバー・・・・掲載を待たれていたオーナー様、お待たせいたしました。スバルの製品はガセ率が高い気がするが、見事カローラと共にストビューより実在!アチラでは前向きで停めてありフロントが確認できるが、1970年頃までらしいグリルレスのスッキリした顔。木製のアオリがオシャレですな。<4/27>
2nd_SAMBAR 130427

こ、ここここ、コイツは驚いた、三菱ネタの最終兵器・・・・現在路上で見掛けるコトもままならないランサーEXの出土!!!!どうやらココの近所でヒットしてた個体のようで・・・・その現場は航空だと明らかに別のクルマにスリ替わってたのであたらなかったが、まさかこんな近くに引っ越して潜んでいたとは。この型は実質次世代モデルの2代目フィオーレの時代にも継続販売されたが、現存台数は極めて少ないであろう初期のターボと思われる物件。屋外保管でありながら驚くばかりの美しいコンディションで、80年代の社外品と思われるホイールもキマっている。<4/29>
A175_LANCER_EX 130429-1

A175_LANCER_EX 130429-2

A175_LANCER_EX 130429-3

A175_LANCER_EX 130429-4

偶然見つかった、一軒家の敷地に放置されているいすゞベレット・・・・クーペのGTシリーズに関してはメジャーな車種かと思うが、コイツは現存台数が少ないであろうセダン。ナンバーは抹消されてるが、車検/点検シールそしてJAFのバッジが現役当時の姿をしのばせる。ご主人の形見とかだろうか?<5/6>
BELLETT 130506

ある意味では本記事で一番衝撃的なネタかもしれん・・・・走る宇宙船、シトロエンの元祖DSがストビューから!一応管理の下にはあるようだが、長い間放置状態の模様。<6/16>
CITROEN_DS 130616

生産年次1987~94年という、まさにツボな世代のリンカーンコンチネンタルがストビューからキメた!!正規輸入車ならではの、日本の法規になんとか合わせるべくバンパーに埋め込んだウインカーがエンスー心をくすぐりますな。分類2桁の、基本的には美しいノーマルなのだが、車高だけが異様に・・・・アチラではこんなペッタンコじゃないんですがね・・・・車高調整ができるエアサスなんでしょーか??<8/12>
1988-94_LINCOLN_CONTINENTAL 130812
スポンサーサイト

| 未分類 | 18:00 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

ファイヤーバードとシトロエンは放置車両ですか・・・。
時々、こんな感じでかなりの価値のありそうな車が雨ざらしで放ってあるのを見ますが、売って大金にするよりも手元に置いておいた方が良いと考える奇特な人というのは、世の中には結構いるものなのでしょうか。
こちらでも、デトマソパンテーラが3ケタナンバーを装着したまま月極で放置されているのを発見しています。

サンバー、これに関しては詳しく走りませんが、前開きドアではないあっさりしたフロントということで、前期の後期になるのでしょうか。

ランタボの初期モデル・・・バンパーとエアダムが一体になった最終型でも見かけない中、これは衝撃的です。
ランタボの外観は古い順に、今回の記事のもの→グリルの真ん中に太い横線が入る→バンパーとエアダムが一体の大型のフロントバンパーが付く、と認識しているのですが、正直年式の判別に関してはよくわかっていなかったりします。
ランサーEXといえば、1800ターボが販売メインとなった?2代目フィオーレ登場以降も普通の1400、1600が一応ラインナップされていたといいますが、実物はもちろん、資料でも見たことがないため、どのような姿だったのかがわかりません・・・。
もしかするとその時期のNAのランサーEXは初期型以上に希少かもしれません・・・。

ベレットは2ドアセダンですか。
クーペが圧倒的多数の中、セダンは放置とはいえ貴重ですね。
こうして改めて眺めてみると、本当にくどい顔ですね。

このコンチネンタル、実は大好きな車です。
古いアメリカ車といえば50年代~60年代の、ピンク色のキャデラックあたりの年代が人気のようですが、1990年前後のモデルも結構いいと思うのですけどね。
この年代だと初代パークアベニューあたりが気になっており、よさげなのがいたら取り上げたいところなのですが、これが意外と走っていないんですよね・・・。

| jFERIE92 | 2013/12/03 20:29 | URL | ≫ EDIT

ファイヤーバード、私が小学生の時に憧れていた車です。
文中で仰っているように太いタイヤに目が行きますが、その割に車高が前後で平行に見えますね。
何につけても勿体ないの一言に尽きますね…。この車なら下手にドラッグマシンみたく太いタイヤをいれるより、ドノーマルでも充分カッコいいと思うのですが。

2代目サンバー、マニアの方の所有だけあって目を見張る綺麗さ&オリジナル度ですね!
2代目サンバーは依然キャリアカーに積まれているのを見ましたが、現役の物もしくは走行状態の個体は見かけた記憶がありません。クラシックカーの域に達する車なので仕方ないかもしれませんが…。そういえば、随分前になりますが、電車の中から初代が走っているのを見かけたことがあります

ベレット、このマスクですと末期の方でしょうか?
仰られているように2ドアセダンというのは希少ですね。
何故か私はベレットには遭遇歴が過去に2台しかありません。マニアも多いはずなんですが、通りすがりのオレンジのGTと丸目2灯の1600GT(しかもオレンジは撮影できず)だけという若干さびしい状態です。

DS、これも放置ですか…。管理されているとの事ですが長いこと放置されていると、ハイドロとかの関係で普通の車より復活は難しそうですね…。横に置いてあるRX-7との対比もかなりの違和感ですね。私は走行中の前期(仕様かもしれませんが)に遭遇した事があるのですが、CXやGSなどのオールドシトロエンとはまた違った凄みを感じました

リンカーン、80年代の厳つい感じから一転してマイルドなデザインになった頃のヤツですね。これもご年配の方が運転しているのをちょくちょく見かけるのですが、画像の個体のようにテールランプにメッキが施されていなかったので、気になって海外のサイトなどで調べましたら、どうも94年頃の末期の個体のようですね。となると初期に比べて珍しいかもしれません。画像検索で出てくるのは殆ど初期型ですし。この頃のリンカーンやキャデラックと言えば、ローライダー等のベースに用いられることが多かったようですが、コンチネンタルはそのようなベースに用いられることが少なかったように思います。
サスペンションの件ですが、仰るようにエアサスのようです。時々現役っぽいのにエアサスをベタベタに落としておいてあるのを見ると放置かと思ってしまうのですが、普通の状態で停めておくよりは落とした方がヘタリが少ないんでしょうか

| 兵庫の車好き | 2013/12/04 02:46 | URL |

>Jフェリー氏
いずれも一応管理の下にはあるようで、ファイヤーバードのほうは今後起こされる可能性もあると思います。パンテーラが月極にナンバー付いて・・・・にわかに信じがたいコトやけど、それ事実??

この型のサンバーはウィキペによれば1970年のマイナーチェンジでダミーグリルが付いてその時に後ろ側が開く前ヒンジになったとありますが、前ヒンジ化はもっと前に実施されてる可能性がありますね・・・・

ランタボは83年のマイナーチェンジでエアダム一体バンパーと太い横バーのグリルとなり、その後さらに初期と同じようなシンプルなグリル+スリーダイヤマークと変化してたはずです。ヤフオクで太い横バーグリル期のカタログに載る1400と1600の写真を見つけましたが、やはりバンパー以外ターボと同様の手直しを経ていたようですね。

ベレットは4ドアと思ってましたが、よく見ると2ドアっぽいですね・・・・。フェイスリフトでくどくなるのは昔も今も同様ですよね(笑)。

こんなのが大好きとは、エンスージアストの本流ですね(笑)。仰る型のパークアベニューとは、Cピラーが絶壁に近いヤツですかね・・・・意外と仰いますが、まずイナイと思います・・・・。

>兵庫の車好き氏
ファイヤーバードは車輪以外はノーマルっぽいのですがね・・・・横の部分は塞がれていて見えませんでした。そういえば記事で触れるの忘れましたが、8ナンバーなんです。

この型のサンバーはそういえば貴方も廃車体ならバンのを1件出してましたね。

ベレットは年式やバリエーションによって細部のデザインが豊富ですからねぇ・・・・。60年代のクルマとはなかなか巡り会えてないようで・・・・しかしGTでも2灯とは珍しいですね。私は以前にも専門店らしいトコにGTがあるのを見た憶えがあります。

DSは比較的新しい日本車数台と並べてあるんですが、ココで古い外車というのはコイツ1台だけなんですよね・・・・コイツはおそらくこの先起こされる可能性は低いと思います。元祖DSが走ってるシーン、そりゃ凄いでしょう・・・・

コンチネンタルは結構丸み帯びたデザインでさほどクラシカルには見えないのですが、思いのほか年代物なんですよね。ローライダーベースにはフルサイズの車種がチョイスされてますよね。この年代のリンカーンでタネにされてるのはタウンカーですね。

| T.I | 2013/12/06 22:06 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。