エンスーの目線から

2013年末をもって更新休止中。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あの時グーグルが見た姿を、今度は私が見るだろう。

今日は10か月掛かりで5件かき集めた70系スープラを・・・・有難いコトにすべてがストビューから倒した面々となったが、この間偶然見つかったがマトモに捉えられないのでボツとなったのも・・・・。しかし絶版から丸20年が経った現在、出土現場はすべてが別々の市区町、さらに3つの府県からであるのもそれを物語る、手当たり次第の行動ではまず出てこないといっても過言ではないかも?改めて過去の記事を確認したら、現地で偶然出たのは2010年11月掲載の1件だけ・・・・いやーホンマ、グーグル様頼みやわ。

A氏に同伴で上陸した京都市内にて、無改造&2桁ナンバーの2.5ツインターボRキタ━━━━━━━\( ゜∀゜)/━━━━━━━!!!!!!!!!!!!!全体にホコリ被ってるが、一軒家のカーポート下というコトで、状態はかなり良さそう。車種やグレードを記したエンブレムもキレーに揃ってるのは気持ちがイイですな。<2012/8/5京都市伏見区にて>
A70_SUPRA 120805

旧車発掘では初上陸の兵庫県にて、これまた素晴らしく美しく維持された、これもどうやら2.5のRキタ━━━━━━━\( ゜∀゜)/━━━━━━━!!!!!!!!!!!!!正規の位置に付いてるナンバーは、アチラでは下のダクト部分の運転席側にオフセットして付いてるのだが、バンパーの交換でもしたんでしょーか?<2012/8/18芦屋市にて>
A70_SUPRA 120818

一軒家の敷地ながらナンバー無しで保管・・・・と言いたいトコだが、屋根無し&カバーも被せず(そのくせ柵でガッチリ・・・・)、どちらかというと放置という感じの物件。バンパーグリル内のエンジンを記したエンブレムが欠品だが、シートが革のようなのでおそらく最高級仕様の2.5ツインターボリミテッドと思われる。せめて室内だけでもサンシェードとかで保護してやったらどーかなぁ・・・・<2012/9/15泉南郡岬町にて>
A70_SUPRA 120915

中期以降の黒や緑(コレもかなり黒に近い)ばかりの色が占める中、白の物件キタ━━━━━━━\( ゜∀゜)/━━━━━━━!!!!!!!!!!!!!しかも初期型・・・・てっきり初期のホイールを履かせた中期以降と思ってたが、なんと初期のバンパーと中期以降のバンパーを合体(!)させてあるんですな・・・・。ひとまず間近で観察してると、側に居合わせたおばさまからお声が・・・・なんと所有者の奥様!ご自身の「小さいのに替えなさいよ」という声にもめげず、旦那様が手塩に掛けて維持されているそうで・・・・補助金だの免税だのふざけた政策に喜んで従い、まだ充分使い物になる(世界的にみれば新車同然の)クルマをガンガン殺処分させるバカ者が大勢居る中で、これほど感動的なコトがあるだろうか・・・・まさに「漢」を見せつけてくれた1件といえよう。<4/20河内長野市にて>
A70_SUPRA 130420-1
一見カンペキなオリジナルだが、よう見ると・・・・

A70_SUPRA 130420-2
一見何の変哲も無い中期以降(88年~)のバンパーだが、フォグランプやらが収まる下半分は明らかに初期のヤツ!!我々のようなエンスージアストにしかまず見抜けないであろうさりげない大技・・・・何故にこんなコトを????

A70_SUPRA 130420-3
リヤスポイラーは純正の左右切り落とし!??実際はどうなってるのかわからんがこれまた何故に????

A70_SUPRA 130420-4
不細工や悪趣味といったマイナス要素がカンペキに存在しない・・・・ホンマ、この時代の安定感半端ねぇ・・・・

現物目の当たりにして取り上げるべきかチョット悩んだが、ボディーの塗り替えやらはしてないのでなんとかギリギリ許容範囲か・・・・といったところ。物々しいウイングや変なステッカーやらで本来持つ高貴な雰囲気はかなり排除されてしまっているが、欠品してるのも多い車名やグレードの記載がちゃんと健在なのはエライ。ちなみにこの日は、ストビューではモヌケで航空写真のみに存在する白のそれっぽいのもあたったが、実物は最新のノアであった・・・・<6/16大阪狭山市にて>
A70_SUPRA 130616
スポンサーサイト

| 未分類 | 18:00 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

1枚目の車は、2.5GTツインターボRにのみ設定のあった深緑のようですね。
初代スープラで最も人気のグレードがこれだそうですが、色もこれがいいと指名買いする人も多いようです。

2枚目の車は塗装が気味悪いくらいにつるつるしていますね。
ナンバープレートが正規の位置に戻っているということは、もしかしたら改造車をノーマルに戻している途上の個体なのかもしれませんね。

前期型は今となってはかなりのレアものですね。
私のブログでも1年ほど前に取り上げましたが、当然ながらそれ以降新発見はありません。
バンパーはどうしてこのようなことになったのかもそうですが、どんな技術でニコイチにしたのかも気になってしまいます。
そしてこの個体、よく見るとエアロトップ仕様車ですね。
これを外して走るとボディがわなわなとねじれてしまうとのことなのですが(汗)、きっとよく晴れた日に屋根を外して走ったら最高なんらろうな、なんて妄想しています。

最後のはえらいいじられようですね・・・。
私は最近70スプリンターの前期GTを発見したのですが、それも例によってあれやこれやのカスタマイズが施されており、ちょっと撮影しようかどうか迷ったのですが、とても珍しい車ということで結局撮影しました。

| jFERIE92 | 2013/06/30 17:41 | URL | ≫ EDIT

>Jフェリー氏

中古車市場では大体どんな車種でも白や黒が人気集めてますが、コイツの場合グリーンといっても黒に近く、そしてシリーズ中最も硬派なRグレード専用という特別感が買われてるのでしょうね。

気味悪いくらいのコイツ、H氏によればカバー被ってるコトもあったようで、どうりで保存状態が良いわけです。ナンバーはコレも新車時からのとおぼしき分類2桁なんですが、1オーナーの下で一通りイジられたのちオリジナルに戻されてるのでしょうか・・・・

エアロトップ、そーなんですよ。しかし付け外しは完全な手作業で、重量も結構あるだろうから大人2人は必須。利用するのは非常に面倒そうです・・・・i-229

あれやこれやのカスタマイズですか・・・・しかしグレードまでわかったとなると、ボディーについてはおおむねオリジナルが維持されてるのでしょうか?

| T.I | 2013/07/06 13:59 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。