エンスーの目線から

2013年末をもって更新休止中。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

時代のはじっこに追いやられてます(笑)

今回は以前コメントで触れてリクエストをいただいたC33ローレル前期型のグランドサルーン、その他お蔵入りさせていた分を少々添えてアップです。

C33自体貴重になった今、売れ筋のメダリスト系以外の個体はかなり珍しいと思います。
C33LAUREL 090224
エンジンは1800ccで91馬力と、車格からすると物足りない印象は否めないが、外見はホイール以外上級グレードと差は無く貧相な印象はありません。<2月24日岸和田市にて>
せっかくなのでもう1台。
C33LAUREL 090422
前期で色も珍しいので撮っておいたものだが、こちらはツインカムのメダリストでした。<4月22日泉大津市にて>
さらにとどめの2台セット!!!!違いを見比べてみよう!!!
C33LAUREL×2 090408
実はこれ、いずれも同じ日に同じ寺の駐車場で撮ったもの。単体でも見掛けなくなってきている20年選手の古いクルマだというのに、ここまで同じ個体同士が偶然集結しているとは驚いた。それでいてグレードが異なり(上:メダリスト、下:ツインカム24Vターボメダリスト)、ナンバーも片や新車当時の2桁、片や新しい3桁というのが興味深い・・・・。<4月8日和歌山県岩出市にて>
KH1レックスコンビマレノⅡ(1989)  
KH1REX 090422
550ccの4気筒エンジンを搭載した、最終世代中期のレックス。この型のレックスはおよそ5年間生産されたが、この中期の期間はわずか7~8か月ほどだったので結構希少だと思います。<4月22日高石市にて>
SS40Tマイティボーイ(1983-88)
MIGHTYBOY 090505
言わずと知れたマー坊。生産台数はそれほど多くはなさそうだが、クーペ(セルボ)ベースのピックアップトラックという特殊性が長年支持を集めているようでこの時代の軽自動車としてはかなりの台数が現存している模様。セルボに関しては残念な事にほぼ全滅だが・・・・。<5月5日大阪市大正区にて>
スポンサーサイト

| 未分類 | 23:24 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

C33は僕が

リクエストしたやつですね。有難うございます。
このアングルだとホイールキャップがよく分かりませんが、Y31のタクシー用のやつと同じ物ですよね?
それにしても関東ではめったに見られませんね。未だに1台も見つかりません。
ローレルメダリストの前期ってアルミはオプションでしたよね?
それにしてもこのアルミをたいがいのメダリストは履いています。近所にクラブL前期のホイールキャップのがいますが、逆にホイールキャップは珍しい気がします。
C33はSOHCのメダリストならメダリスト、24VALVEならメダリスト24Vと書いてあるのですか。ターボはどうやって見分けるのでしょう?
たしか、クラブL、クラブSはタイヤの横に書いてありますよね?
それにしても当時のキャッチは『時代のまんなかにいます』じゃなかったでしたっけ??
それにしても3桁ナンバーに紅葉マークの組み合わせは不思議ですよね。

レックスは関東ではこの年代で1番残ってるかもしれません。たしか、CVT搭載や4気筒など画期的なモデルでしたね。
レックスは多少なりとも拝めますが、ミニカE-H2#A型やミラL70系はほぼ0に等しいです。

マイティーボーイですか。こないだ旧車専門店でマー坊ばかり5台ほど扱ってた店がありました。他にもカリーナGTやコロナHTなど、すさまじい品揃えでした。
マー坊は都内では見かけませんが、セルボならこのあいだすれ違いました。いやー驚きましたよ。それにしてもマー坊は、ホイールからすべてフルノーマルの個体は絶対にいませんよね。

| CVT | 2009/08/31 11:11 | URL | ≫ EDIT

そうです。

ホイールキャップはY31と共通のものです。メダリスト系のホイールは確かに標準のスチールよりアルミのほうが多いと思います。アルミはツインカムターボのメダリストとクラブSに標準だったようです。最強・最高級版のクラブLに付かないのは不思議ですね・・・・。ターボはエンブレムで記されてますが、それ以外に見分けられる箇所はほぼ無いでしょう。記事のタイトルは仰る通りそのキャッチフレーズにちなんでいます(笑)。

この年代ではレックスが残存率トップですか・・・・こっちではミラがダントツ、続いてトゥデイですかね。レックスの550なんてホントに希少ですよ。ミニカのH2系は0に等しいというのは初期の550モデルだけですよね?660のならこっちでもまだ結構残っています。

マー坊を5台も揃えた店があるとは流石ですね。しかし路上で見掛けないという事はあまり人気が無いのでしょうか。同じ型のセルボとは凄いですね・・・・現存数の少なさはマー坊と比べ物にならないでしょう。

| T.I | 2009/09/02 18:03 | URL | ≫ EDIT

ホイールキャップは

Y31と同じものでしたか。メダリストはほぼアルミですよね。でも、ツインカムターボとクラブSに標準ですか。ですが、キャップのグレードはオプションでアルミにしてるのが多いですね。しかし、僕は後期のC33クラブSでホイールキャップの個体を知ってます。どうなってるのでしょうか??


ミニカのH2系はマイチェン後の660ccでもあまり見かけません。今までに撮ったのが、マー坊と同じ中古車屋にいたダンガンZZ(550cc)と後期のピアチェの2台しか撮ってません。マー坊の中古車屋は群馬県前橋市なので近所ではミニカはほぼいないですね。同期のトッポも少ないです。
トゥデイは丸目の初期の550ccは顔を見れば分かりますが、550ccの後期は660ccのとあまり変わらず、前期、後期の見分けをマスターしてないので写真は撮ってません。たぶんフロントバンパーのエアダムが小刻みに小さいのが並んでるのが550cc後期で、ざっくりエアダムが開いたのが660ccですよね?

しかし、3代目のセルボ(バン登録)のやつは近所に2台います。

| CVT | 2009/09/03 20:59 | URL | ≫ EDIT

それは

クラブSではなくセレクションSというやつではないでしょうか?後期型もクラブSと名乗るグレードはすべてアルミが標準らしいですよ。

浅野ミニカは660も少ないですか・・・・でも数台程度は容易に会えるのでは?私はこれまで完全スルーです。

初代トゥデイの550後期と660の顔は全体が別物なので見比べると違いは明らかです。バンパーの開口部は確かにそれぞれそういう感じですね。

横丁小町セルボが2台・・・・それは凄い。そんなもんまず出ないですよ。とらえどころのない部分もありますが、遊び心の演出が印象的なクルマですよね。ちょっと前にグーに中古が出てましたが・・・・あれは売れたのかな?

| T.I | 2009/09/04 01:05 | URL | ≫ EDIT

クラブSと見間違えた

ようですね。タイヤハウス横のバッチがSだけでしたし、クラブとは書いてありませんでした。本来なら、タイヤハウス横にCLUB Sと書いてあるのですよね??

ミニカは660も少ないですね。93年まで作られていたのでそれほど残っていてもいいはずなんですが…

初代トゥデイは顔が全体が別物ですか?
まあ確かに前期にはないヘッドライトとヘッドライトの間にグリルのようなものが確認できますね。結構こう見ると違ってますね。
関東ではNTTがまだ初代トゥデイのバンを使用しています。最終的にこの型は何年まで作られたのでしょうか?

5年前くらいに近所で見たので、その場所に行ったらセルボはまだありました。
あまり、使用しないらしいのですが点検シールは22年でしたから現役です。
あと、新たに本拠発掘の1台の合計2台です。
確かに、シート形状やリアスポ装着などでバンとは思えない車でしたよね。バンとは名ばかりで乗用車ですよね。ちょっと時代を先取りしたがゆえにヒットしなかったんでしょうね。

| CVT | 2009/09/04 21:25 | URL | ≫ EDIT

「S」だけなら

クラブSではなさそうですね。さらにクラブ系はツインカムエンジンだけの設定らしいので、それを示すエンブレムの有無も判断材料となりますね。

トゥデイは93年にモデルチェンジしていますが、バンタイプのみ旧型のまま、正確な時期はわかりませんが最終的に軽の新規格施行時(=乗用トゥデイも廃止)あたりまで継続生産されていた模様です。

横丁セルボなんて目撃すら困難な代物ですよ。そんな爆弾が2台も見つかるなんて、軽の旧車は関東のほうが少ないという説もますます信憑性が薄れますね(笑)。ところで車検/点検シールは貼っていない現役車も見掛けますが、先日車検と点検両方古いシールが付いたまま(点検のほうは平成12年が期限のもの)店に乗りつけているクルマがいて驚きました。新しいシールも見当たらないので放置説も疑いましたがさすがにそんな事は無く、しばらく経ってオーナーらしきおばさんが戻ってきました。まさかの車検切れ状態なのか・・・・。ちなみに車種は何の変哲もない50系コルサでした。

| T.I | 2009/09/05 20:24 | URL | ≫ EDIT

クラブS

ではないようですね。これからは注意してみてみます。
ツインカムエンジン搭載車MEDALISTの下に小さくtwincamの文字が書いてありますからね。それが唯一の判別方法といったところでしょうね。
ただ、メダリストクラブSセレクションというのもありますので、やはりtwincamの文字を確認せねばなりませんね。

トゥデイはそんなに長く生産されてたんですね。でも、今使っているNTTのももう10年近く使っていることになりますから、公用車としては長寿ですね。

横町小町はそんなに爆弾ですかね?
今日も路上ですれ違いました。
点検シールは現役か否かの判断の根拠にはあまり役に立ちませんね。
例えば、今年車検の車には、20年のシールが貼ってある可能性もありますし、そもそも点検を行う人は全体の半数にとどまると、整備工場の方がおっしゃってました。しかも、スピード車検などの時間重視の店などで12ヶ月点検を行うと、シールを貼ってもらえない場合もあるそうで、定期点検を受けていても、古いシールのままという事もよくあるそうです。また、12ヶ月点検は法定点検ですが、しなくても処罰や罰金の対象にもならないそうなので受けない人が多いのも納得できます。

それにしても、そのコルサには旧式の大型の車検シールが貼ってあったのですか?
そしたら凄いですね。
店に乗り付けてるし、オーナーがいらっしゃるのなら放置説は違うようですね。
もしかしたら、車を買ってから1度も点検していない可能性もありますね。もしくは、点検のことをしらないのかな(笑)

| CVT | 2009/09/08 00:51 | URL | ≫ EDIT

そうです。

ですからフロントガラスの部分だけ見ればカンペキに現役を退いたクルマそのものなんですよ。凄いでしょう(笑)。冷静に考えてみれば何十年もバレずに無免許で運転し続けた人がいるくらいなので10年程度車検を通さずに走らせている人がいてもおかしくないですが・・・・。推定年式は1995年前後なので少なくとも一度は点検を受けているはずです。

横丁セルボはすれ違ったというのはすでに本拠を探り当てている個体ではないですかね。いくら首都圏といえどもそう何台も近所にいないでしょう。生産期間が2年程度とかなり短いので、世に出た台数はかなり少ないはずです。

| T.I | 2009/09/08 03:57 | URL | ≫ EDIT

コルサは

点検は1度は受けているのですね。
でも点検も車検もろくに受けてないとなると、テールランプのタマ切れやオイル交換やタイヤのローテイションはどうしてるのですかね?
いくら最近の車がメンテフリーになったからとはいえ、定期点検ぐらいは受けて欲しいものです。

横町小町はすれ違ったのは本拠発掘の個体とは別物でした。ちょっと郊外の千葉県の幹線道路ですれ違ったので近所の個体とは違います。それに近所のは純正ホイール+キャップの組み合わせでしたが、すれ違ったのは社外アルミでした。

| CVT | 2009/09/08 16:37 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ti1983.blog45.fc2.com/tb.php/22-2e9f5ecd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。