エンスーの目線から

2013年末をもって更新休止中。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

働くヒトに頼もしい・・・・

今日は“熱き思い胸に秘め走り続ける”トヨタのトラック3車種を。

ストビュー的中で掘り出したY50/60系トヨエース。探せばまだいくらか見つかる、91年のマイナーチェンジでフロントパネルのコーナー部やバンパーがボディー同色となった(ハイエーストラックのみバンパーの形状も変更)最終型だが、ブルーのボディーカラーで後輪同径シングル(高床)というちょっと珍しい仕様なので狙ってみた。しかし大阪府下で見られるダイ/トヨ/ハイエーストラックはこの時期のものが最古参であり、最終マイナーチェンジ以前のものはもうほとんど残っていない。<2011/5/5 大阪市東住吉区にて>
Y50・60_TOYOACE 110505

現地で発見した88~91年式あたりのハイエーストラック。全国的にはまだまだ現役も多いだろうが、大阪府下でここまで古いのは珍しい。この型でキャブはほとんどダイナ/トヨエースと共通となったが、シャシーは別物のようで、型式はワゴン/バンのハイエースと同じ系列のHが充てられている。<2011/5/15 大阪市平野区にて>
H80・90_HIACE_TRUCK 110515

うおぉぉぉぉぉーこいつは驚いた、こんな大昔のトヨエースが現役で生き残ってるとは!!!!!!いやいや、京都スゴイね・・・・。新車時から全塗装歴は無いようで、荷台後部の車名等のステッカーも各種すべて揃ってるのがこれまたスゴイが、なぜか「大阪トヨペット」・・・・一旦大阪のディーラーに卸されたんでしょうかね?このスーパードルフィンのスグ近くで偶然見つかり、当然ながらこの日のパートナーであったA氏もしっかり撮っていたが、自分がスーパードルフィンを撮りに離れてる間に所有者が現れて、「ウチのクルマに何か?」というふうに声掛けられたそうで( ̄∀ ̄;)・・・・あの時は1人で対応させてしまい申し訳ない(汗)。<2011/7/31 京都市南区にて>
Y20・30_TOYOACE 110731-1

Y20・30_TOYOACE 110731-2

おまけで偶然拾ったH50系ハイエースも・・・・ココはストビュー上で90系スプリンターが存在する現場で、そいつを狙って2回訪れたのだが、結局ガセが確定する一方で、ストビュー上のみならず最初行った時にも無かったこいつが出てきた、と。どう見てもワゴンのスーパーカスタムリミテッドだが、貨物車登録の4ナンバーを着けている。いちおー契約駐車場らしいトコなのだが、常駐ではない可能性も・・・・。<2011/11/24 大阪市平野区にて>
H50_HIACE_WAGON 111124

おっっっ!!?こいつはネット上で見覚えのあるダイナ!!!!!それから数年経過した今になって、古いトラックの居場所などほぼ無い(?)大阪市内で30年超選手のこいつと出会うとは(;Д)゜゜・・・・撮影地からは少し遠い地域の(しかも分類3桁!!!)ナンバーが付いてるものの、現場は月極との看板を掲げた駐車場なので現在ココに定住しているものと考えられるが、ストビュー上の現場には存在せず。よく見ると窓が開いてたり雑巾が引っ掛けられてるのが気になると思うが、ドライバーとおぼしき方が仕事終わりの後始末らしい作業をしてるトコで、撮った瞬間はちょうど裏側にいたようで写っていない。<5/20 大阪市西区にて>
U20・30・40・50_DYNA 120520
スポンサーサイト

| 未分類 | 19:00 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

このタイプのトヨエースは今も結構走っている姿を見ますね。
実家の方(見渡す限りの畑と田んぼの地帯)に行くと、この時代のトラックはまだまだ現役が多く、50・60トヨエースにしても丸目もたまにですが姿を見かけます。

このハイエーストラック、写真とうり二つのが母方の祖父の家で現役稼動中です(笑)。
ハンドルが初代ビスタ、ベンチレーター吹き出し口が20ソアラと同じものだった気がします。
余談ですが、田植え・稲刈りの時期になると親戚が応援に来てくれるのですが、その時持ってくるトラックが平成3年式のキャンターです(笑)。

丸目のトヨエースも、日常的には見なくなりましたが、実家の方では今でもたまに田植え・稲刈りの時期に田園地帯に現れることがあります。
いやー、お里が知れてしまう(笑)。

ハイエースワゴン(?)は摩訶不思議な仕様ですね・・・。
実働車のようですからいたずら防止のダミーのナンバーということもないでしょうし、いったい何なのでしょうね。

最後のダイナ、田舎でもほとんどないらしいのに大阪市内に出現ですか・・・。おまけに3ケタ。これはすごい1台です。
私はこれの末期モデルのタンクローリーの現役を先月長野で発見したのですが(ブログのプロフィール画像のそれ)、このダイナは耐久性が同年代のトラックの中でも優れているのでしょうか。

| jFERIE92 | 2012/06/12 17:02 | URL | ≫ EDIT

>Jフェリー氏
大阪府下では貴重になった年代のも、やはり排ガス規制の無いほかの地域ではまだ生息してますよね。この型の丸目となると、少なくとも近畿圏内ではほとんど残ってなさそうですが・・・・

こいつと同仕様のハイエーストラックがそんな身近に(笑)。おじさまも80系スターレット所有とのコトですし、親戚のみなさん物持ちがよろしいのですね。この型の空調の吹き出し口というと丸いやつですよね。アレがソアラのと共通部品ってホントですか!?ステアリングはビスタ/カムリのとは違うはずですが・・・・。

このトヨエース、都合上撮ってないのですが去年の秋に和歌山県の某国道沿いでも発見しましたよ(^^;)。あるトコにはあるもんですね。

ハイエースは細かく観察はしてないのですが、3列目シートを取っ払って貨物車登録してあるのでしょう。こういうワンボックスはたまに見掛けますよ。税金が安くなるとはいえ車検は毎年になるし、あまりメリットがあるとは思えないですが・・・・

この型のダイナは3年ほど前に和歌山市内で1台発掘してますし、その後も地元で別の通りすがりを見たので、比較的生き残りは多いかもしれませんね。

| T.I | 2012/06/15 01:46 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。