エンスーの目線から

2013年末をもって更新休止中。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドラマチックサーフ、来たる。

今回はボンネットトラックとその派生SUVがテーマ。ちょいヴィンテージなダットサンとテラノ、ハイラックスとハイラックスサーフを揃えてみた。ハイラックスのトラック1台を除き、すべてがストビュー的中の出土である。

D21系ダットラ後期型。標準尺ボディーの個体は結構希少ではないだろうか。低床一方開に幌のコンビネーションも良いね。<4月29日大阪市大正区にて>
D21DATSUN 110429

大阪府内のストビューエリアがまだごく一部だった頃にヒットさせていたD21テラノ。それから2年経ちようやくあたったところ、バッチシ的中となった。4ドアで「キノコ」が無いので90年前後の年式と思われる。ルーフにスピーカーやランプが搭載されているが、用途は不明。<4月30日大阪市大正区にて>
D21TERRANO 110430

A氏に同伴させてもらった京都にてゲットしたダットラ、同じD21系ながらこちらは前期(前期の後期)モデル。後期モデルおよびテラノとはフロント廻りのみならずフェンダーのデザインも異なり、印象はかなり違う。<7月31日京都市にて>
D21DATSUN 110731

現地発掘の5代目N80/100系ハイラックス。フロントノーズからキャビン前半までは一見サーフとほぼ同じだが、見比べるとノーズの部分は全面的に別物であることがわかる。これは業務用主体の2WD(N80系)のみで、貨物登録ながらレジャー向けとされた4WD版(N100系)はサーフと基本的に共通。<5月4日大阪市平野区にて>
N80HILUX 110504

まさにドラマチックサーフ、京都で130系の2ドアキタ━━━━━━━\(`∀´)/━━━━━━━!!!!!!!!!!!!!!!!!!!これまで60系1台、同じ130系2ドアのハズレを経験した末の的中・・・・連れてっていただいたA氏にはホンマ、感謝します(´д`)。なんと、同じ敷地、それもスグそばに同型で同じ前期型、同じ色の4ドアもいてセットでストビュー的中だったのだが、社外品のオーバーフェンダーやホイールが付いてるうえ放置らしいちょっと残念な個体・・・・肝心のこいつが出たので公開は省略。<7月31日京都市下京区にて>
N130HILUXSURF 110731
スポンサーサイト

| 未分類 | 01:00 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

No title

海外に行くと結構残ってるようなのですが、日本ではなかなか見かけることが無いですよね。
ダットラはメキシコで現在も造られているそうですし、
テラノはインドネシアで2006年まで造ってたみたいです

ダットラは日本でのモデル末期の奴でしょうか?
この日産マークにフェンミは不釣り合いですね
地元では見る機会が少ないですが、前期(90年頃?)しか見ないです。

このテラノはラリーとかのサポートカー?をモチーフにしているのでしょうか?
テラノはまぁ見ますが、このようなカラーは見たことが無いですね。
そういえば地元のレッカー業者がこのテラノを使ってるんですよね。
一文字ナンバーのスーパードルフィンのレッカー車も居るので結構マニアックな会社かもしれないです。
http://www.fwg.co.jp/

このハイラックスは意外と88年デビューなんですよね。
ハイラックスは滅多に見ないような・・・
最後のサーフは駐車場も新しいですし、放置っぽくは無いような気もします

| びわこびと | 2011/11/06 01:46 | URL |

疑問

どうしてそちらにはダットラやハイラックスの前期型が生き残りまくっているのでしょうか・・・・・。以前の記事から見返しているとそこそこな台数見つけていますでしょ・・・・・。
こっちじゃまず見つかるような代物じゃないだけに本気で羨ましいですわ・・・・。



そういえばこの間私もテラノ見つけたのですが、キノコが生えているモデルだったので感動ちょびっと薄れてしまいましたね(笑)


さてハイラックスサーフはとんでもない代物が(笑)
実際この方でも見る機会は非常に限られてくるはず・・・・。しかもほぼオリジナル・・・・嗚呼、素晴らしい・・・・。


そしてその放置っぽい固体はこっちを見てしまってからでは感動は薄れてしまいそうですな(笑)

| 車大好き兄弟 | 2011/11/08 17:53 | URL |

No title

>びわこびと氏
インドネシアで製造されてたテラノというのはこの型がベースなのでしょうか。

ダットラは最終世代の1世代前の型です。92年以前の前期モデルでもそちらのほうではまだ多少残ってそうですね。

テラノのスピーカーなどの装備はドレスアップではなく何らかの用途があるんだと思います。レッカー業者のテラノやスーパードルフィンは実物も確認されてるのでしょうか。

もう1台のサーフの状態は現場では気付かなかったんですが、撮った画像をよく見ると明らかにタイヤが空気が抜けて地面にへばりついた感じになっていて、そのうえワイパーに何らかのビラまで挟まれてるんです・・・・。

>車大好き兄弟氏
そちらは古いカローラやコロナやらのバンがあれだけいるのに、このようなボンネットトラックは無いんですね?2009年11月にアップしている4代目ハイラックスのトラックは実は放置個体も1台発見してるんですよ。

初代テラノは今やキノコのあるやつでも注目する価値はあると思いますよ。しかしながら見掛ける機会は2代目とさほど変わらないかも?

この型のサーフの2ドアなんてほとんど需要無かったでしょうしね。4ドア版との差異はパジェロやランクルなんかと違ってドアの数だけでデザインもほとんど同じ。選択する人は非常に限られていたはずです。

| T.I | 2011/11/14 15:34 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。