エンスーの目線から

2013年末をもって更新休止中。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

舞台は主役を待っていた。

7月14日の巻。今回は初っ端に超大物が登場。まさに舞台は主役を待っていた!ってとこだろうか。以下すべて大阪府岸和田市にて。

(;Д)゜◎・・・・・・これまで爆弾の発掘実績がほとんど無い古い団地にこれほどの爆弾が生息していたとは。エルドラドとはこの事だ・・・・。
ST140コロナハードトップ1800EXサルーンAD(1982-83)
ST140CORONA 090714 1
舞台ならぬ団地は主役のためにあるというのか。シチュエーションまで含め、(周りのクルマを無視すれば)古き良き昭和の光景そのものである。
ST140CORONA 090714 2
ナンバーは塗り潰したようにも見えるがこれでもモザイク処理。ほぼ全面的にすっかり褪せて文字の緑色はほとんど消えてしまっているのだ。オーナーの情熱、天才的なデザイン、もうすべてが神です。

BG系ファミリア4ドア1500インタープレー(1989-90)
BGFAMILIA 090714
前期でも意外と残ってるんですね。これなら販売期間が3年近く重複していたGD系カペラ(4ドア/CG/C2)も残っていてもおかしくないはずだが・・・・。ところでフロントフェンダーのデカールが左右で違う(右側がエンジン機種、左側がグレード名)のはこいつを見て初めて気が付いた。

C62Aランサー1500SXサルーンX(1988-90)
C62ALANCER 090714 1
昨年2台姿を捉えているアクティブセダンのランサー。何年も見ていない4ドアのミラージュを差し置いて本拠対面まで至った。
C62ALANCER 090714 2
こいつがほかのメーカーの5ドアより残っている(=多く売れた?)のは、基本設計を共有する4ドア版=ミラージュとは車名および販売店を別々とし(結果ギャラン店扱いの1500ccクラスのセダンはコレしか選択肢がなかった)、車名自体も長い歴史やラリーの活躍実績等でミラージュ以上に知名度が高かったことが要因だろうか。

Y31グロリアハードトップ2000グランツーリスモ(1989-91)
Y31GLORIA 090714
まだたまに見る機会のある後期のY31ハードトップだが、本拠発掘はこれで2台目。スポーティーグレードのグランツながらおとなしい2000ccのワンカムNAモデルです。

117クーペXC(1976-77)
117COUPE 090714 1
これまた黄色のボディーカラーが美しい117クーペが。知らない人のほとんどが外車と信じて疑わなさそうな佇まいといえる。
117COUPE 090714 2
シチュエーションからすると意外な、新車当時からのものと思われる「泉」ナンバーであった。
スポンサーサイト

| 未分類 | 02:14 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ロージャームーア

のコロナですね。たしか、舞台は主役のためにある、というバージョンも存在してました。最近は、イベントに行くと駐車場にいることはありますが、本拠は発掘してません。たいがいはGT-TRでこのようなEXサルーンは珍しいと思います。

ファミリアはやっぱりグレードとエンジンが左右に別々にかかれていましたか。クレール、インタープレーあたりはいるんですが、サプリーム、ペパーあたりは皆無です。カペラはやっぱり台数が少ないですね。

ランサーなんて最後に見たのはいつのことやら。当時5ドアスタイルがあまり人気が無かったですから少ないですね。しかし、2台捉えているとは流石です。こっちで見れる5ドアはコンチェルトかコロナSFくらいですね。

グロリア、セドリック共に最近激減しました。けっこうブロアムの方が見ますね。グランツーリスモに2000リッターSOHCノンターボなんてあったのですか。グレードはともかくターボの有無や排気量を見分けられる能力はすごいです。

117はやっぱり丸目に限りますね。これでも大人4人は乗れるんですからすごいです。あと、リアシートはリクライニングするんでしたっけ。確か、純正でミシュランタイヤが付いてくるなど、コストはかかっていたでしょうね。
ホイールもジウジアーロスカキエーラ、これも貴重ですね。117に良く似合うホイールだと思います。

| CVT | 2009/07/26 18:12 | URL | ≫ EDIT

このランサーは

西日本様も投稿されてましたし、グーグルSVでもこれらしいのを1台見つけているんですよ。同じ車名の4ドア版が設定されなかったおかげか、この手の5ドアとしてはよく売れたようです。スプリンターシエロやコンチェルトなんかよりは断然多いはずですが・・・・・。

このファミリアのサプリームは前期か後期かはよく確認できなかったですが、この間見ましたよ。

セド/グロの2リッターSOHCのグランツーリスモはY32~33にもありました。Y31のグランツに設定されたエンジンは2リッターのワンカムNA=VG20Eと2リッターのツインカムターボ=VG20DETの2種類ですが、外観の違いは標準装備のホイールが前者は14インチのスチール+フルキャップで後者が15インチアルミだったようです。この個体はホイールを換えてますが、グレードを示すエンブレムが「GranTurismo」だけだったのでVG20Eと判断しました(写真は撮ってないですが確認はしました)。VG20DETであれば「V20TWINCAMTURBO」と記されるはずです(参考リンク→)。http://www.geocities.jp/gloria_gtsvkai/project-g-vol3-7.htmlしたがって能力でも何でもなく、単に以前から持っている知識と現物を照らし合わせて判断しただけですよ。

117クーペのリヤシートにリクライニング機構が備わっているというのは初耳です。上級グレードだけの設定なんですかね。

| T.I | 2009/07/28 00:44 | URL | ≫ EDIT

こっちでは

コンチェルトやシエロのが断然多いですね。てか、ランサー自体2年ぐらい見ていない気がします。大好き兄弟様も1台も投稿されてないですし。うーんやっぱ関東では無理かな。

グロリアはエンブレムにエンジンが書いてあるのですか。ご教授有難うございます。
しかし、能力というか日ごろから積み重ねた知識の成果だと思います。素晴らしい。
それにしてもいろいろなページを知ってますね。感心します。

117は中期の量産型は分かりませんが、初期のハンドメイドには3段階調節できるリクライニング機能がリアシートに装備されてました。もうこんなデザインの車は世に出ないでしょうね。ジウジアーロがデザインした初代シロッコも現行型ではだいぶ変わってしまいましたね。

| CVT | 2009/07/29 01:05 | URL | ≫ EDIT

はじめまして、こんにちは。

自分が所有してきた歴代のクルマたちを最近になって思い出しているオヤジです。

元来不精ゆえ愛車の写真などは撮っていなかったのですが、
ネット上でいろいろ調べているうちに、こちらへたどり着きました。
膨大な量の懐かしいクルマたちの画像、そして造詣の深さに、ただただ感服しているところです。

117クーペ(1800XC)は、私が中古で手に入れた記念すべき愛車の第一号です。
しかも色は黄色で、まさにドンピシャ。 驚きました。

いずれ機会があれば私のブログでネタにしたいのですが、
もしお許しいただけるのであれば、この画像を拝借できませんでしょうか。
切にお願いするところであります。

今後の更新も心から楽しみにしております。
よろしくお願いいたします。

| ジョン万作 | 2012/02/24 12:01 | URL |

>ジョン万作様

初めまして。コメントありがとうございます!

確かに開設した2009年からこれまでの間にたくさんの旧車を発掘、ここに掲載してまいりましたが、残念ながらこの中には国の政策の影響もあり後に潰されたのを確認した個体も少なくないんですよね・・・・この記事のコロナも潰されたかはわかりませんが今はありません(涙)。

画像の件、了解しました。そちらのブログのリンクもお伝えいただけると幸いです。こちらこそ、今後ともご愛顧のほどよろしくお願いします。

| T.I | 2012/02/25 01:49 | URL | ≫ EDIT

Author:T.I 様

ご快諾をありがとうございます!

ブログの記事が出来上がり次第、ご報告も兼ねてリンクをお伝えいたします。
またご迷惑でなければ、こちらからお借りした旨とリンクも表記させていただきたいと思っております。

よろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

| ジョン万作 | 2012/02/25 11:43 | URL |

>ジョン万作氏
いえいえ、どういたしまして(^‐^)。お役に立てていただけるようでなによりです。ご報告お待ちしております。

| T.I | 2012/02/25 13:03 | URL | ≫ EDIT

Author:T.I 様

さっそくですが、お言葉に甘えて「117クーペ」の画像を私のブログにて拝借いたしました。
お恥ずかしながら、ブログのリンクをご案内申し上げます。

今回の件、心より感謝しております。 ありがとうございました。

今後も期待しております。
是非とも私たちオヤジを楽しませてください(笑)。

| ジョン万作 | 2012/02/25 22:54 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ti1983.blog45.fc2.com/tb.php/15-229d4de8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。