エンスーの目線から

2013年末をもって更新休止中。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

もうひとつの名車、マークⅡセダン。

X80系フェスの第2弾はマークⅡセダンを。ハードトップの陰に隠れた存在であったが、クリーンなスタイリングはなかなか魅力的である。さすがに数少ないだろうと思い、仕様問わず狩ってみたが93年以降の末期モデル(ここでは継続期と呼ぶ)に関しては意外と残っている事を実感。ただ、それを除いた個体はかなり数少ない。後期の個体がもう少しいてもおかしくないはずなのだが・・・・。

以前駐車場の全景に含むかたちでアップした前期型グランデ。あれからおよそ2年が経ったが、いまだ健在であった。あの時は取り上げるには物足りないと書いたが、今はもう文句無しに爆弾と認めます。<3月27日大阪市住之江区にて>
GX81MARK2 110327

ストビュー的中の前期型グランデ!1つ目の個体とまったく同じ仕様ですな。ところでこの鉄チンホイール、ストビューではちゃんとキャップが付いているのだが・・・・。<4月3日大阪市阿倍野区にて>
GX81MARK2 110403 1

これは結構珍しいのではないか、継続期のダークグレイッシュオリーブと思われるボディーカラーのグランデ。上方向に面している塗装面が全面的に著しく傷んでいて車内に箱が詰め込んであったりするが、後で確認したストビューでは反対向きに停まってるし、タイヤの状態からしても放置ではなさそう。<4月3日大阪市阿倍野区にて>
GX81MARK2 110403 2

地元の黄色帽子にいた継続期グランデ。3リッターのグランデGやグランデリミテッド用の15インチアルミホイールを履いている。来客と思いきや、車内には「返却時はガソリン満タンで」などといった記載があり、明らかに不特定の人に貸し出されている。代車だ。ここに車検などでクルマ預けるとあてがわれるのかな・・・・。<4月7日泉佐野市にて>
GX81MARK2 110407

一応ストビュー的中だが最初にあたった時はおらず、2度目で対面に至ったこいつもどうやら継続期のグランデ。フェンダーミラー以外は特に目を引くところは無い、現在残るマークⅡセダンの基本形である。<4月24日堺市堺区にて>
GX81MARK2sedan 110424

こちらもストビュー的中であるが、現場は以前掲載したカペラカーゴアトレーもいる駐車場。初めて訪れたカペラ(今回健在を確認)を撮った時は気に留めてなかったようで、改めてストビューで存在を認知した次第。後輪の引っ込み具合からして4発、ほかはグランデに準じた外観なのでGRサルーンと思われるが、内装がブラウンなので後期(90~93年)の個体だろう。今見掛けるセダンはほとんど93年以降の継続期ばかりで、今回の記事でも後期と思われるのはこいつだけ。後期と継続期ではラインアップのほか内外装のカラー等が異なるが、この白のボディーカラーも後期以前はスーパーホワイトⅣ、継続期はスーパーホワイトⅡとなっている。<4月29日大阪市大正区にて>
SX80MARK2 110429

以前より知る、オプションの14インチアルミホイールを装備した継続期フラクセンマイカのグランデと思われる個体。発売当時手に入れたカタログにメインで載っていた仕様そのものである。<5月2日阪南市にて>
GX81MARK2 110502

このY31セドリックと同じ駐車場でストビュー的中ゲットした、継続期のGRサルーンと思われる個体。4発を強く印象付ける引っ込んだ後輪、このグレードはほかの部分がグランデに準じている事で余計に目立っている気がする。<5月3日大阪市平野区にて>
SX80MARK2 110503

ストビュー的中の、やはり継続期のグランデ。先程も書いたが、現在生存している80系マークⅡセダンのもっともスタンダードな仕様といえる。もう充分だと思って撮らなかったが、その後また同じ仕様のが見つかった。<5月15日東大阪市にて>
GX81MARK2sedan 110515

おぉーまた出た、フラクセンマイカの継続期グランデ!白の次に多い気がするが、絶対的な数はかなり少ないだろうと思う。<6月12日堺市北区にて>
GX81MARK2 110612
スポンサーサイト

| 未分類 | 02:00 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

No title

こんばんは。

セダン前期セダンは爆弾ですな。
1枚目の写真のはキャップも揃ってますね。

ダークグレイッシュオリーブ・・・聞いたことない色ですね。調べたところコロナでよく見る色のようですね。
青空駐車でも、もっと綺麗な塗装の車もいますが、これは日焼け以外にに手入れにもよるんですかね??

黄色い帽子みたいな大手がこんな希少車を代車にしてるんですかぁ。凄いですね。ぜひ借りてみたいですね。
この15インチアルミホイール大好きです。

4気筒のマークⅡってサスペンションの構造が違うから後輪が引っ込んでるんですよね。6気筒はダブルウィッシュボーンなんですね。

フラクセンマイカ・・・これは確かにスーパーホワイト系の次に見る色ですね。ベージュマイカメタリックも見ないですね・・・

こうみると、90系が発売された後もそこそこの台数の80系セダンが売られていたのですね。3ナンバーのセダンとか見れたらいいなぁと思います。

| CVT | 2011/07/23 23:28 | URL | ≫ EDIT

今晩は。

セダン勢揃いですね。
一台目のホイルカバーは貴重ですね。後期のは見かけることがありますが、この黒いタイプはほとんど見ません。
GRサルーン、ありがとうございます。81が現役の頃はカッコ悪いと思ってましたが、今となってみれば、味わい深いです。
話は違いますが、3年前に広島駅で81の個人タクシーを見つけて、嬉しかったので思わず乗ってしまいました。
この、アルミが素敵な黄帽代車も乗ってみたいです。

| AE91 | 2011/07/24 21:51 | URL |

No title

>CVT氏
国の心無い政策のおかげでX80系が爆弾という感覚になった現実が悲しいです。

あー190系のコロナにもこんな色ありましたね。こいつの場合新車時からほとんど手入れされてないのかもしれません。ただちにスクラップヤード・・・・もとい、評判の良い板金塗装屋に持ち込んでやりたいですね。

いやーホンマ粋な代車やと思いますよ。まあ、客の多くは単なるポンコツセダンとしか思わないのでしょうけど・・・・。

そう、6発は4輪独立懸架で4発はリヤが一体懸架。リヤ一体は60系以前では6発の廉価版にも採用されていたようですが、70系でワゴンを除いて4発のみとなり、90系では全機種4独となりました。

ボディーカラーはそちらも同じような状況ですか。ベージュマイカはKD氏やHK氏がサラッと狩ってますけど、私はまったく見掛けません。

セダンの3ナンバーはもはや幻でしょうね。記事にも書いてますが、継続期以外の個体自体かなり希少ですから。

>AE91氏
爆発力それほどでもないのが多く占めてますが、当ブログでは珍しく一気に10台の大盤振る舞いです(笑)。黒いタイプというのは3つ目のやつですよね。X80系っていくつもの濃色系カラーが存在したのですが、いずれも滅多に見れないですよね。どの色も素敵だと思うんですが・・・・。タクシーは和歌山で遭遇した営業グレードの法人とグランデベースの個人のを2009年7月の記事でアップしております(^^)。この代車は黄色帽子としては適当に用意したにすぎないのでしょうが、エンスージアストが唸るはからいですよね。

| T.I | 2011/07/27 00:20 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。