エンスーの目線から

2013年末をもって更新休止中。

2013年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

知性あるモーターライフ?

今回は外国車編、欧州クラシックカーを各種・・・・計6件、ドイツ、フランス、イギリス、イタリアと、非常に彩り豊かかつ強豪なメンツが揃った。新車時の販売台数もごくわずかだったであろう車種も含まれる、これらのほとんどがストビューからの撃破というのだから、改めてグーグル様の凄さを思い知らされる。

小ベンツことW201系190Eの初期型が神戸より!!ラフな屋外保管ながら非常に美しく保たれたコンディションは目を見張るものがある。地元でも他まんま同一でほどよくくたびれたワインレッドの泉58ナンバーのがたまに出現してたが、2年くらい経つだろうか、しばらく目にしてないので廃車になったか?当時のきらびやかな日本車とは一線を画した合理精神あふれる造りは、まさに質実剛健ですな。<2012/8/18神戸市東灘区にて>
W201_190E 120818

今記事では唯一現地で偶然目に付いたネタ。日本でも比較的多くの台数が出回ったと思われるが、今となっては限りなく幻に近いオペルの初代ベクトラ。ブログ開設のチョット前にも1件発掘していたが、のちにアノ当時最新のカローラ悪塩に・・・・。現場はタクシー会社の敷地らしき場所であったが、アチラにも存在してたのでどなたかがコイツで通勤して来てるんかな?<2012/12/8堺市区にて>
VECTRA 121208

うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉコレぞイタ車、フィアットウーノがストビューからの降臨!!!!!!!コイツは相当爆発力高いんじゃないでしょーか!おそらくターボが載るグレードだが、エンブレムからすると「アバルト」の名を冠する仕様でしょーかね?なんとなく全高が高く採られてるように見えるが、意外にも1.4mをわずかに超える程度らしい・・・・<2012/12/16堺市中区にて>
UNO 121216-1

UNO 121216-2

UNO 121216-3

どーん!!!!これまたスゴイのが飛び出した・・・・アウディクーペ、と言ってもピンときませんわな?B4(初代A4の直前の)型80がベースのハッチバッククーペ(車名は単に「クーペ」)なのだが、珍しいとは思ってたが調べてみると日本における正規販売は91~93年のわずか2年間!前半は直5の2.3リッターDOHC「20V」、後半はV6の2.8リッターSOHC「2.8E」のモノグレード展開で、いずれも価格はなんと613万円!!!!!同社自慢のクワトロも無い(FFの2WD)のにこんなに高価だったとは。これでは日本に供給された台数も極めて少ないはず・・・・<2012/12/23大阪市中央区にて>
AUDI_COUPE 121223

愛好家は多いハズだが近畿圏内の路上ではまずお目にかかれない、実際マトモに目にした記憶も無かった、シトロエンCXが2次元の枠を飛び出してキタ━━━━━━━\( ゜∀゜)/━━━━━━━!!!!!!!!!!!!!他社とは一線を画した前衛的デザインだった時代の純血シトロエン・・・・圧巻の佇まいである。アチラではプジョー205と仲良くコンビ組んでるのだが、205のほうは実在せず。<3/17堺市美原区にて>
CITROEN_CX 130317-1

CITROEN_CX 130317-2

CITROEN_CX 130317-3

CITROEN_CX 130317-4

CITROEN_CX 130317-5

目的はまず先程のCXそしてプジョー205・・・・どちらかというとそいつらから離れたトコで目に留まってた程度のランドローバーディスカバリー。しかし!コイツがまた只者ではない、なんと3ドアのTdi(ディーゼル)というのだから驚くほかない・・・・しかもトランスミッションはMT。なんちゅー変態仕様!!調べてみると93年にはATのみになってたらしいので、それ以前の年式であろう。現場は月極っぽいのだが、アチラ限りの205も含めたコイツら、やっぱり同一オーナーなんですかね・・・・<3/17堺市美原区にて>
LAND_ROVER_DISCOVERY 130317
スポンサーサイト

| 未分類 | 18:00 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

3代目ボンゴトラックの変遷。

今回もマツダ編、お題は3代目ボンゴ・・・・83年の登場から99年までの16年間という長いモデルライフをまっとうした型で、トラック/バンに関しては87年・90年・96年の3度のフェイスリフトで1~4型に類別できるのだが、なんと、トラックのみ1件ずつの計4件であるが、この1年ほどの間に1~4型のすべてが揃うコトに・・・・!!!不動ぽいのもあるが原型はすべてキレイに留めており、少なくとも管理の下にある物件というからスゴイ。

今回一番の目玉にして唯一ストビューから撃破の1型!!!!!・・・・なのだがご覧の通り肝心の顔が(泣)・・・・。コレでは2型と区別がつかないが、アチラでは路上からも顔が見えるように置いてあり、確かにココに出てるのと同じ顔がハッキリ確認できる。タイヤを妙なカバーで覆ってるのはアチラも同様・・・・<2012/9/14泉佐野市にて>
SE_BONGO_truck 120914

私用で四国は愛媛まで訪れた際に出土した2型。後輪小径ダブルが多い中、前輪と共通のシングルというのも珍しいですな。後ろはこの白のグロリアワゴンで、同じ所有者の下で同居してる模様。上陸当時ストビューは四国ほぼ全域運用されてなかったが、今年になって一挙に本格的な運用が始まり、確認してみるとやはりこのコンビもしっかり存在。表示されてる撮影年月が本当なら、ちょうどアチラの撮影ご一行もこの前後に上陸している。<2012/7/17今治市にて>
SE_BONGO_truck 120717

以前より知る、近所のホンダディーラーのヤードに留置されている3型の4WD。下取りとかではないようで、よくよく見るとどうも不動っぽい・・・・営業中は数々の真新しいホンダ車が取り囲んでおり(下取り車は反対側のスペースにまとめてある)、この画像を撮った定休日ではそれらが一斉に店舗内に仕舞われるが、コイツただ1台だけポツンと残される。ホンダにマツダ車、ナンバー付いたまま特に何かに利用されてる様子も無い、まったくもって謎の1件である。<5/22泉佐野市にて>
SE_BONGO_truck 130522

偶然出てきた最終4型のこれまた4WD・・・・現場は本拠発掘かと思ってたが、どうも来客用とも考えられる敷地で、ストビューにも航空にも姿は無いのでたまたま居合わせた可能性大。<2012/12/8堺市北区にて>
SE_BONGO_truck 121208

| 未分類 | 18:00 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

TRY、HYOGO。TRY、CAPELLA。

今回はクラシック度合い高めのマツダ車を各種・・・・爆発力おとなしめのから、存在が都市伝説レベルという極端なのこそ無いが文句ナシに「爆弾」と呼べる車種まで、5件を揃えた。

キタ━━━━━━━\( ゜∀゜)/━━━━━━━!!!!!!!!!!今回は単純に撮影順に並べたが、初っ端にしてメインディッシュとしたいのがストビューより降臨したコチラのカペラカーゴ・・・・92年以降の後期型でもスッカリ一掃された中にあって中期(セダン/CG/C2の後期に相当)というのだから爆発力は相当なもの。本体には特に愛好家を匂わせる部位は見当たらない、フツーに新車購入からいつしか20年以上・・・・というたたずまいであるが、実は神戸501という新しめのナンバーが付いていたりする。それにしても、この端正なルックス・・・・ホントに隙が無い。こんなんが出来上がってる以上、更なる進化を図ろうったって無理難題ですわな。<2012/8/18芦屋市にて>
GV_CAPELLA_CARGO 120818-1

GV_CAPELLA_CARGO 120818-2

GV_CAPELLA_CARGO 120818-3

まぁ航空でもそうだったがストビューヒットの3件は全滅、マトモな旧車ネタは結局皆無かと思われた、とある団地街にてこんなのが。90年代中盤まで製造されたワゴンとはいえ、夢大陸ファミリアとはえらい爆弾が出たもんです。解像度が低い頃のまま放置されてるアチラでは、コイツとわかってればソレっぽいのが確認できる程度で、事前においては旧車かどうかの判別もままならなかったであろう。なぜかトヨタの初代ヴィッツ前期3ドア用のホイールキャップを着けたコイツ、屋外保管でありながらコンディションの良さは半端ない、この分だと日頃から入念に手入れしてるんでしょうな。いやしかし、隣に居る某現行車のブサイクなこと・・・・背景にたたずんでるだけでも目障り。<2012/12/16堺市中区にて>
BW_FAMILIA_wagon 121216-1

BW_FAMILIA_wagon 121216-2

BW_FAMILIA_wagon 121216-3

一応ストビューのヒットにてターゲットと定めはしたが、航空では姿が無いのでスルーのつもりでおったところ、ほかのターゲットあたる過程で同じ団地内ながら全然違う区画に居るのを発見したプロシードマービー。大幅マイナーチェンジされた後期型は全然出てこんのだが(アチラでのヒットはあり)、この前期型と比べると現存数はいかほど?それにしても3列シートを備えるSUVとはいえ、当時5m近い全長で最小回転半径6.4m(後期で6.0mに改善)となると、購買層はかなり限られたであろう・・・・<2012/12/16堺市西区にて>
PROCEED_MARVIE 121216

現地で偶然見つかったBGファミリアのアスティナ。そーいやアスティナがストビュー的中以外で見つかるのは初めてだっけ。付加価値の高いDOHC車のようで見た感じ程度の良い個体やし、どなたか拾いませんか?よく「廃車寸前」という表現を目にするが、うちで載せてるクルマの数々がまさにそれ・・・・厳密には「所有者が廃車にする寸前」ですが。何でココでまたそんなコト書きたくなったかというと、昨年12月の確認で推定時期は同年春ごろ、かつて投下した双子車のユーノス100が終わったから(涙)。現在はダイハツのムーヴコンテが居座ってます(憎)。かつてない大災害もたらした震災も、被災した方以外の多くの連中は♪な~か~ったコト~にして~(by郷ひろみ)と言わんばかりにお構いなし、それまでの体質は変えず復興も後回し・・・・日本人って、やっぱアホ?不謹慎かもしれんが、あえて書こう。いつまでもこんなコトやってるようではホントに「日本沈没」してまうぞ\(`Д´)/!!!!!!<2012/12/23大阪市天王子区にて>
BG_FAMILIA_ASTINA 121223

ストビューより引き出せたBGファミリアの4ドアセダン。後期型でグレー(サイレントシルバーメタリック)のクレール系とおぼしきグレードという、コノ型ではもっとも標準的な仕様。<2012/12/23大阪市東成区にて>
BG_FAMILIA_4door 121223

| 未分類 | 18:00 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

芸術力(シルビアの時代がきた。)

今回のお題は日産のS13系・・・・今度もシルビアと180SXを合わせた記事を想定していたが、両車種とも今年になって出土が相次ぎ、ひとまずイッキに5件揃ったシルビアのみをまとめて投下するコトに。なんとすべてがストビュー的中という輝かしい面々である。

S13シルビア史上ストビュー的中第一号となった記念すべき1件。前期型のQ'sとみられるが、イメージカラーであったこのライムグリーンツートンは今となってはなかなかお目にかかれないであろう。リヤスポイラーレスにプロジェクターでないヘッドランプという、素の仕様なのも貴重ですな。ホイールはお馴染み“火の玉”15インチアルミ。前期のCMモデルそのものやね・・・・<2012/8/18芦屋市にて>
S13_SILVIA 120818

昨年は先程の物件以降またハズレの連続であったが、今年になって実在続出・・・・その皮切りとなったコイツは柵でガッチリなのがチョット惜しいところ・・・・ホイールやフロントグリルなど、一部走り屋志向の装いとなっているが意外にも現行当時のナンバーで、長年愛用されているものとみられる。<3/3堺市美原区にて>
S13_SILVIA 130303

おぉぉぉぉぉぉぉぉまたもや実在キタ━━━━━━━\( ゜∀゜)/━━━━━━━!!!!!!!!!!間にハズレを挟まず連続での撃破は初めてですぜ・・・・今度は柵が無い代わりに後ろのほうが真っ暗。ココでお見せする範囲においては取り立てて突っ込みどころの無い完全なオリジナルであるが、ナンバーがなんと「和泉502」!主とする番号も特に指定したカンジではないし、どうやら昨年以降に登録されたものらしい・・・・となると2010年4月撮影というアチラで付いてるナンバーはコレとは違うハズ。俺が上陸するまでの間にどんなイキサツがあったのか・・・・<4/20河内長野市にて>
S13_SILVIA 130420-1

S13_SILVIA 130420-2

凄い・・・・続々来るやん・・・・偶然にもすべて一軒家の敷地という今記事において撮影環境面ではもっとも条件の良いコイツは、近所に居るのと少なくとも外観上はまったく同じ仕様。ナンバーも同じ和泉53やから、まさにウリ二つ。いつ終わってもおかしくないと書いたアイツはチョット前にもスーパーで会うたが、果たしてまだ生きてるか・・・・<4/27河内長野市にて>
S13_SILVIA 130427

うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉトドメの1件!!!!バンパーで判断する限りターボのK's!!!!!一体どーゆー風の吹き回し!?狙えど狙えどハズレばかりだったこの型のシルビアがなんと4件連続の実在・・・・。しかし気になるのは単色のボディーカラー・・・・今回の2つ目3つ目と同じイエロイッシュシルバーのようなのだが、調べたところツートンしか設定がなかった模様・・・・となると塗り替えが考えられるが、下のほうを取り囲むプレスラインにはちゃんと黒いストライプも入ってるし、オリジナルと見紛うばかりの自然な装いが良い感じ・・・・<5/6富田林市にて>
S13_SILVIA 130506

ちなみにシルビアは4月29日にも、なななんと、これらより2世代前のS110系が・・・・まさにシルビアの時代がきた(笑)。

| 未分類 | 18:00 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

もっとリアルになる。

今回はスバルの初代レガシィ・・・・どうにか今年も5件集めた記事の投下に至ったが、さすがにセダンは出てこず(近場に1件居ったが撮ろうとしたら消えたっきり・・・・)、すべてワゴンの品揃え(出土自体はあと1件あったがマトモに写せない環境によりボツ)。それでも4件がストビュー経由の物件というコトで、ウレシくは思うが、テキトーにうろついてもそうそう見つからんコトでもあるのね・・・・しかし想定のナナメ上いくヤツが出たりとなかなかオモシロい顔ぶれとなった。

A氏に同伴させてもらった京都市内にて見事実在キタ━━━━━━━\( ゜∀゜)/━━━━━━━!!!!!!!!!!!!!コレはチョット珍しいのとちゃうかな~赤(レッドマイカ)のTiタイプS。しかし残念ながら掲載ボツ(泣)とした1件もコノ色やったし、探せば少数ながら出てくるカンジかな。当ブログではかつてない北陸某地域のナンバーに、クラシックな雰囲気のホイールが何とも味わい深い1件っす。スグ近所では170系カリーナ(白のほう)マスターエースサーフも実在したから、やっぱ類は友呼ぶのね・・・・<2012/8/5京都市伏見区にて>
BF_LEGACY 120805 1-1

BF_LEGACY 120805 1-2

うぉぉぉぉー同じ日にもう1件\( ゜∀゜)/!!!!!!先月投下したギャランΣエステートバンの隣に居ったGTですわ。揃って実在とは感動やねぇ・・・・現場は契約駐車場なのだが、両車の距離からしてやっぱりΣとは同一オーナーであろうか?<2012/8/5京都市伏見区にて>
BF_LEGACY 120805 2

コイツは驚いた。ストビュー的中ではあるがアチラに存在した個体とは違うかもしれん・・・・アチラでココに居るヤツ、ボディーカラーはシルバーなんですね。でも出てきたコノ実物は同じ初代レガシィ後期型ながらご覧のとーり色は黒!!!!!!どーゆーこっちゃ!!?うーん・・・・グレードも同じGT系(ターボ)ではあるが、最近塗り替えたというカンジでもナイので、やっぱり別の個体(シルバーはタイプS2やSTiといった限定グレード専用らしくそういう面からもこんなフツーの黒に塗り替えというのはオカシイ)・・・・新車のフィットやらにしれっと替えるヤツもいればこーゆーアツい方もいらっしゃるのね・・・・<2012/11/25大阪市西成区にて>
BF_LEGACY 121125

おぉッッッ!!!!!もう爆弾級の前期のがキタ━━━━━━━\( ゜∀゜)/━━━━━━━!!!!!!!!!!!!!白のボディーカラーもワゴンでは希少ではなかろうか?後期の穏やかな顔もイイけど、前期のキリッとした適度な吊り目は精悍な感じで魅力的やねぇ。フェイスリフトを経ると大抵はよりキツいデザインになるが、むしろ逆である初代レガシィのこのケースは珍しいのでは。それにしてもピッカピカで大変状態のよろしい本体に対してポンコツ全開のナンバープレートは・・・・実は「和泉501」っていうメッチャ新しいヤツなんですよ。せめて傾きだけでも修正しようというのが自然と思うのだが、もしや意図的に演出してる・・・・?<2012/12/16堺市西区にて>
BF_LEGACY 121216

今記事では唯一現地で偶然見つかった分、色はダークレッドマイカでグレードはブライトンあたりでしょーか。コイツもナンバーが現行当時のとはいえブッ叩いたようにボコボコですなぁ・・・・<4/27河内長野市にて>
BF_LEGACY 130420

| 未分類 | 18:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ストビュー実在のそのとき、精悍。

今回は日産のセブンスことR31スカイライン!!!!絶版からもう24年というクラシックカーであるが、5件という贅沢な物件数を揃えるに至った。出土へのプロセスの内訳は1件がA氏の斡旋、ほか4件がストビュー経由。それ以前は長らく現地で偶然出る一方でストビュー物件はサッパリやったんですが・・・・いずれにしても1年に満たない期間でようこんだけ狩れたモンです・・・・

A氏と乗り込んだ京都市内にて実在キタ━━━━━━━\( ゜∀゜)/━━━━━━━!!!!!!!!!!!!!4ドアハードトップ!!!!!いやぁ・・・・R31は2010年9月以来およそ2年ぶり(この間カバー被せられててボツのが1件あり)、クーペ以外では史上初のストビュー的中ですよ・・・・よう出てきてくれたもんやねぇ。薄めのグレーとシルバーのこのツートンのボディーカラーも結構珍しいのではないか。サイドモールが部分的に変色してるのはようわかりまへんが(先日出た放置物件のE24ホーミーコーチもこんななってたから昔の日産車に多い劣化?)。グレードの記載は確認しとらんが、インタークーラーダクトの無いバンパーでグリルにエンジンの記載も無いのでワンカムのGT系かな?<2012/8/5京都市伏見区にて>
R31_SKYLINE_4doorhardtop 120805-1

R31_SKYLINE_4doorhardtop 120805-2

今記事では唯一ストビュー経由でなく(アチラでも区域の運用自体されてない)、A氏が斡旋してくれた前期型のクーペ。最初離れたトコから撮ったんやけど、柵で隠れたグレードの記載を狙ったら全体キレーに写せたのでそれを出すコトに。ツインカムターボのGTS-Xやから、クーペのレギュラーグレードでは最高級版やね。ツインカムターボのは4ドアともども愛好家の支持によって生存率は高いかもしれんが、このような、まったくの無改造の個体となるとホンマ貴重でしょう。屋根のある車庫だが、塗装の劣化具合からすると長らく屋根の無い環境に置かれてたんかも。A氏はココの近所からもなんと前期の4ドアセダン(!)を掘り出してたそうでソチラへも連れてってくれたのだが、バッチリ逃亡・・・・乗せてもらってただけの俺は全然構わんが、A氏のご厚意まで踏みにじるなよ・・・・<2012/8/5箕面市にて>
R31_SKYLINE_coupe 120805

キタァァァァァ━━━━━━━\( ゜∀゜)/━━━━━━━!!!!!!!!!!!!!コイツは爆弾中の爆弾、4ドアのセダン!!!!!!!!いやぁぁぁぁーよくぞ現実世界に出てきてくれたもんです。フェンダーのGTバッジが無いので4発のグレードであろう。ちなみに現場はこの150系コロナのトコのスグ近く(というか同じ敷地)。航空でクロ判定のコイツがヒットしてなかったらコロナの出土は無かったかも・・・・写真写りも素晴らしいし、まったく、どんだけええ仕事しよんねん、コイツ。<2012/12/23大阪市東成区にて>
R31_SKYLINE 121223

今記事で最初に出してる物件以前はおよそ2年もご無沙汰であったが、来る時は来るもんで・・・・今年も出ました実在!!!!!!クーペに関しては出土自体、自前で探した分では2010年9月以来ですな(ボツの1件除く)・・・・いやー残ってるようで残ってナイんですね。でもそんな中で出てきた前期型のコイツは、新しいそれも指定番号(狙いどころは特に読めない)のナンバーでありながらカンペキなフルオリジナルというイケすぎてる物件・・・・性能がおとなしいターボ無しというコトで荒く扱われず生き残ったのだろうが、感動の一言。コノ日はもう1件、一軒家にある4ドアハードトップもあたったが、まぁ航空でも何か違うと思ったが案の定実車はアノ時最新のノート・・・・ヤツの現場は三日市小学校西側の住宅街。所有者を駆除してやりたいわ、ホンマ・・・・<4/27河内長野市にて>
R31_SKYLINE 130427-1

R31_SKYLINE 130427-2

R31_SKYLINE 130427-3

うぉぉぉぉぉぉぉぉわずか2日後立て続けに実在とは何と素晴らしい!!!!!先程のと同じ、クーペのターボでないGTS-Xというものだが、コチラは現行当時のと思われる分類2桁の字光ナンバーが付いた後期型。外装はダメージが目立つが、フォグランプ組み込みグリルやオートワイパー(ボンネットの端にセンサーがある)など、何気に豪華な1台・・・・ホイールはハブ部のカバーが無いがBBSかな?まぁーしかし見てちょーだいよ、特に真横のアングル・・・・美しい、カッコいい、とはこーゆーもんというのを改めて思い知らされますな。<4/29富田林市にて>
R31_SKYLINE 130429-1

R31_SKYLINE 130429-2

R31_SKYLINE 130429-3

R31_SKYLINE 130429-4

R31_SKYLINE 130429-5

| 未分類 | 18:00 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マークⅡ、ソレは神戸で待ち続けるもの。

今日のお題はトヨタのX80系・・・・今年もどーにか目標の5件を集めたが、まーアチラではヒットするけど実在しませんねー・・・・これまた某氏が出してた中の1件もあたったのだがバッチシ実在しなかったという・・・・そんなわけでコチラもマークⅡハードトップ後期の白の2000グランデといったごく標準的な仕様を除くとほとんど壊滅状態であるが、大阪を飛び出して待望の1台が出土したのは喜ばしい限りである。

おっしゃぁぁぁぁー青系カラーのがストビューから!!!!!と思ったら明らかに不動個体・・・・でもまさかの3リッター!?こりゃすげえぇぇぇ!ん?5ナンバー・・・・???それなら「3.0」のエンブレムはなんちゃってっちゅーこっちゃねぇ・・・・「4-ESC」の記載があるし、「グランデG」の部分は偽りナシ(2リッターのスーパーチャージャー)かな?でもリヤ右側には「MARKⅡ」が無く本来ソレがある位置に「TOYOTA」とだけなのは何でや?全体でも後ろ側がジャッキアップ(?)状態で、なんといっても「土浦」・・・・何とも謎な1件ですな。ちなみに傍らのボンネットトラックは720系のダットラだが、やはり不動で状態も良くなかったんで撮ってません。<2012/10/7貝塚市にて>
GX81_MARKⅡ 121007-1

GX81_MARKⅡ 121007-2

現地で偶然見つかったクレスタ前期のスーパールーセント。ホイールがクレスタではこれまで出土実績の無い、オプションの14インチアルミ仕様なのはまぁチョットしたトピックですかね。コイツの近所でもツインカム24っぽいのがヒットしてたんだが、実車は現行型マークXでありました・・・・<2012/12/16堺市中区にて>
GX81_CRESTA 121216

もうチェイサーに関してはすべての仕様を取り込む頃合か・・・・というわけで現地で偶然出てきた後期のラフィーネを。外観上はアバンテと共通やね。思いっきり引っ込んだ後輪以外は・・・・<2012/12/23大阪市東成区にて>
SX80_CHASER 121223

撮影時期が特に古い、カメラ更新前のストビューより見事降臨したコイツは、実在の段階まで後期の白の5ナンバーアバンテかラフィーネあたりというコトくらいしかわからんかったが、リヤシートのヘッドレストが埋め込み式・・・・そしてホイールが14インチのフルキャップとくれば2リッターのアバンテツインカム24が有力となるトコロであるが、ドアハンドルがボディー同色バージョンなので標準2リッターアバンテベースの特別仕様「Lパッケージ」であろうか。コイツのスグ近所でも2.5リッターらしい物件がターゲットとして存在したが、ソチラの現物は旧型マーチでありゃした・・・・<4/27河内長野市にて>
GX81_CHASER 130427

うぉぉぉぉぉぉぉぉコイツはすげぇーぞ、白ながらマークⅡ前期のグランデリミテッドとおぼしき物件がストビューよりキタ━━━━━━━\( ゜∀゜)/━━━━━━━!!!!!!!!!!!!!一応屋根はあるが結構風にも日光にもさらされる環境でこの美しさとくれば、結構大切に扱われてるんじゃないでしょーか。ちなみにコノ日、ほかのターゲット回ったのちの帰り際にもココを通りがかったが、出掛けたようで姿消してました・・・・初回の上陸では現場を間違えてしまい2度目で捕獲に至ったが、コノ分だと初回に正確に上陸できててもモヌケ食らってたかもしれませんな・・・・<3/17堺市東区にて>
GX81_MARKⅡ 130317

今記事のメインディッシュ、2件幻食らったのちに神戸まで遠征して遂に実在ストビューから、ベージュの物件キタ━━━━━━━\( ゜∀゜)/━━━━━━━!!!!!!!!!!!!!!!!!!!コノ色のX80系は本拠発掘自体初、しかしヨソでは複数のブログから投下されており悔しい思いもしてただけに、遠出した甲斐ありましたわ・・・・当日X80系は計6件狙って唯一の実在であったが、それが一番欲しかったコイツであったのはホンマ幸い。<2012/8/18神戸市東灘区にて>
GX81_MARKⅡ 120818

| 未分類 | 18:00 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

BadCarだらけの中のGoodCar(実在するブルーバードが、好きだ。)

今回のお題はバブルのゼッチョー期に差し掛かった頃の日産の傑作、U12系ブルーバード!ストビュー上では結構ヒットするも実在率は大変低く、以前某氏が出した物件も2件狙ったが1件はしっかり死亡という・・・・それでもストビューは強かに効能をもたらし、幻のアノ組み合わせも遂に・・・・そんなわけでどうにか以前発見済みだった1件含め、1年以内で目標としていた5件が新たに揃うに至った。

A氏の協力で1年ぶりに乗り込んだ京都市内にて実在キタ━━━━━━━\( ゜∀゜)/━━━━━━━!!!!!!!!!!!!!!チョット珍しい紺色。グレードはモデルライフ末期に投入されたらしい実用本位の買い得バージョンであるFEサルーンSV。コンディションを語る上ではサイドシルのヒットが唯一惜しい点。ちなみにかつて掲載した同じ色のスーパーセレクトは先月の時点でまだ生存中。<2012/8/5京都市伏見区にて>
U12_BLUEBIRD 120805-1

U12_BLUEBIRD 120805-2

U12_BLUEBIRD 120805-3

初上陸の神戸にて見事撃破!!!!!以前某氏も出していた前期型ハードトップ。なぜかグレードの記載は取り払われており(ほんでP10系プリメーラのホイールキャップを装着)、SSS系というほかは不明。この日U12は3件あたったが、コイツ1件だけが実在と相成った。<2012/8/18神戸市東灘区にて>
U12_BLUEBIRD 120818

2年前に現地で偶然発見しながらスルーしていた物件。廃車報奨金の政策が終わった後も数々の旧車がバタバタ逝去してる中でよくぞ生存してました。後期型セダンの、コイツはフロントグリルにグレードエンブレムが無くドアミラーがカラード仕様なのでXEサルーンですかね。<2012/12/2堺市北区にて>
U12_BLUEBIRD 121202

キタ━━━━━━━\( ゜∀゜)/━━━━━━━!!!!!!!!!!!!!!!!!!!今回の記事ではイチオシ、出ました幻のセダンのSSS!!!!!!U12自体が出てこなくなってる中でこんな希少グレード×分類3桁、それも撮影にあたってココまで好条件の揃った物件がストビューから飛び出してくるとは・・・・いやぁぁー感動やね!<2012/12/16堺市中区にて>
U12_BLUEBIRD 121216-1

U12_BLUEBIRD 121216-2

U12_BLUEBIRD 121216-3

U12_BLUEBIRD 121216-4

先日キタ━━━━━━━\( ゜∀゜)/━━━━━━━!!!!!!!!!!!!!ばかりの後期型セダン。グレードはFEサルーンあたりか。コイツの近所ではGX81マークⅡセダン前期のグレーマイカ、R31スカイラインクーペ、アプローズ最終型といったコイツと同等レベルのネタが実在し、なかなかアツい区域。ちなみに後ろに居るのはユーノスロードスター・・・・これまた何とも不思議な組み合わせであるが、部分的にカバーが被せられてるとはいえソチラの位置には屋根が無い。コノお宅における優先順位はどちらが上なのか・・・・?<4/29富田林市にて>
U12_BLUEBIRD 130429

| 未分類 | 18:00 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。