エンスーの目線から

2013年末をもって更新休止中。

2012年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カローラは今日もリアルでそこにいる。

今日もトヨタE90系・・・・今回はすべてがストビュー的中、なおかつ爆発力も高い物件ばかりの超ホットなカローラシリーズ×5件。

旧カメラの現場より見事現実世界に降臨キタ━━━━━━━\( ゜∀ ゜)/━━━━━━━!!!!!!!!!!FX。なんとビックリ、GTでっか!!!!!!でもホイールキャップ・・・・自分が知る限りではGTはこのタイプやったはずだが、マイナーチェンジでこの、ZSとかと共通のになったんでしょーか?しかしまぁー貴重な1台ですわ!<2012/5/20大阪市福島区にて>
E90_COROLLA_FX 120520

前期モデルのカローラ、それも当ブログにおけるE90系では史上初の4WD!!先行発掘されていた某氏によれば、よう出掛けてるとのコトだったが「ようこそ♪」とばかりに私も出迎えてくれタ━━━━━━━\( ゜∀ ゜)/━━━━━━━!!!!!!!!!!後輪のトレッドが狭そうやと思ったが、調べてみるとやはり2WD比で3cm狭い。ほんでタイヤは幅、外径とも一回り大きいと。あちらでは社外品のアルミとおぼしきホイールが付いており、2009年11月とある撮影時期からしてスタッドレスと思ってたが、未縮小のこの画像をよう見たら、このタイヤがどーもそれっぽい。これまたナンバーから判断する限り新車の頃からずっと地元に住み続けてるようだが・・・・<2012/8/18神戸市東難区にて>
E90_COROLLA 120818

ヒットは遠くにケツがチョロッとだけ、拡大してかろうじて白の90系カローラらしい・・・・と判断できる程度であったが、前期モデルしかも「泉」ナンバーのXEいう思いのほか爆発力高い現物居っタ━━━━━━━\( ゜∀ ゜)/━━━━━━━!!!!!!!!!!我ながらよう引っ掛けたもんや・・・・<2012/10/7岸和田市にて>
E90_COROLLA 121007 3

一軒家にてナンバーが無い状態で置かれた92(GT系)と思われるレビンがサルベージ。いちおー管理の下に置きながらも放置プレイというケースも多い中見るからにしっかり手入れされており、あちらより奥に収められている位置といい改装されてる地面といい、バッチリ実働のコンディションと思われる。あちらではナンバーのスペースに字光の土台が付いてるんで、抹消直後やったんでしょーか?運転席側の傍らに同居する、足グルマとおぼしき先代ノアが現行パッソにスリ替わっとった一方でこうして残されてるわけやから、相当可愛がられてるハズ。パッと見結構スパルタンな雰囲気だが、室内はロールバー組むとかシート取っ払ったりしてるコトも無く、マトモなストリート仕様とわかる。ちなみに、同じ並びにAE86トレノを持つお宅もあり、通りがかるとちょうどオーナー氏が手入れ中・・・・ハイソニックトーニング(黒/グレーのツートン)の後期3ドアという希少な個体ながら、思いっきりシャコタンやったりしたんであちらで引っ掛けた段階よりスルー前提でした。<2012/10/13貝塚市にて>
AE92_COROLLA_LEVIN 121013

キタ━━━━━━━\( ゜∀ ゜)/━━━━━━━!!!!!!!!!!トドメの1件、ブルーのカラーをまとったワゴン!!!!!あちらの画像ではわからんかったが、どうやらLエクストラあたりの廉価グレード。そのうえ中国地方某県の分類3桁ナンバーというオプションまで・・・・爆弾いうのはワイのコトじゃ!!!!!といわんばかり。近くまで来たトコロで散々迷って諦めかけたが、辿り着けてよかった・・・・<2012/10/13岸和田市にて>
E90_COROLLA_WAGON 121013
スポンサーサイト

| 未分類 | 18:00 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

京阪神へ・・・・オモシロ探しに行こう。

今日のお題はE90系スプリンターのカリブ(AE95G)・・・・これもストビューでは結構引っ掛かりよるんですが、その実在しないことといったら( ̄〇 ̄;)・・・・昨年ほぼ1年間で京・阪・神という広い範囲から、ストビューと現地の偶然でどうにか5件+αを確保。

ストビューから飛び出したはいいが柵でガッチリという残念な物件・・・・ボディーカラーは中期より絶版まで設定されたマジェスティックブラックトーニング、ホイールはオリジナルでないホイールキャップが付いてるが見た感じ14インチみたいなんでおそらく後期かと。95カリブはココのスグ近くにももっとイイ物件がヒットしてたんだが・・・・<2012/4/12堺市東区にて>
AE95_SPRINTER_CARIB 120412 1

うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉまさかの、先程の物件スグ近くのもう1件もキタ━━━━━━━\( ゜∀ ゜)/━━━━━━━!!!!!!!!!!踏み込める範囲から姿を遮る物は一切無し、畳まれてないミラー。そしてネタそのものも新しいナンバーそして、後期で設定のブルームーントーニングと思われるこのボディーカラー・・・・コレはメッチャメチャ希少ですよー!!!!!!と・・・・この型のカリブは2012年においてココまでストビュー3連勝であったが、以降はことごとく絵に描いた餅に・・・・<2012/4/12堺市東区にて>
AE95_SPRINTER_CARIB 120412 2-1

AE95_SPRINTER_CARIB 120412 2-2

現地で偶然の遭遇だが後ほどストビューでも確認できたコイツ。後期のフォレストシェードトーニングと、少なくとも外観上は現在生き残る個体でもっとも数多い仕様であるが、指定番号のナンバーにフロントガラスの覆いなど、ことごとくゴミ扱いされる中で所有者の保護の意図が垣間見える。とはいえ終わる時はあっけないかもしれんが・・・・「遊能」な“車材”は粗末にしたらいかんぜよ!<2012/8/5京都市伏見区にて>
AE95_SPRINTER_CARIB 120805

現地で偶然だがストビュー上ではカラッポの物件。外観上は先程の物件と同仕様で、なぜか日産のホイールキャップ(P11プリメーラとかの)を着けとった。屋根無し保管の割には相当キレイなんで、ある程度大事にはされてるんでしょうかねぇ?ちなみにココはちょーど市の境界んトコで、隣のお宅は神戸市東難区です(笑)<2012/8/18芦屋市にて>
AE95_SPRINTER_CARIB 120818

いやぁー久々に来ました、8か月ぶりの新たなストビュー的中物件!!屋内保管で暗いのがチョット残念だが、柵とかで遮られてないだけヨシとせねば。マジェスティック~とおぼしき色、13インチっぽいホイールからしておそらく中期。グレードは記載されてるトコをステッカーで覆っちゃってますけど、AV-Ⅱやったらじつに惜しい(笑)・・・・<2012/12/16堺市中区にて>
AE95_SPRINTER_CARIB 121216

1年のシメという日に現地で偶然、ストビュー上では見えへんトコから転がり込んだコイツは前期で単色の白、さらにオプションとおぼしきサイドストライプまで備わった非っ常ーに注目度の高い物件。先程のヤツで目標の5件確保できとったんで、もっとマトモに姿写せてたら別の機会に出すトコであったが、現場の都合上こんなカットしか撮れんかったので(泣)、今回半分オマケ扱いで組むコトに・・・・<2012/12/23大阪市東成区にて>
AE95_SPRINTER_CARIB 121223

| 未分類 | 18:00 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

(ストビューから)キタキタキタ━━━━━━━\( ゜∀ ゜)/━━━━━━━あかまるスターレット♪

今日のお題はP80系スターレット・・・・中期以降のソレイユL系のみ現在除外中。ストビュー物件は数多くヒットするも長らく実在0件(!)という散々な車種であったが、新たに今回揃えた分では5件中4件を占めるに至った

ココはこの前にも来たけどこんなん居らんかったハズ・・・・と思いつつほかのネタ集めるアシで通ると、3次に存在しとるやないか!P80系史上的中1号となったのは後期モデルのGi・・・・良く言えばターボルック、悪く言えば偽GTなんですが、紛らわしいグレード名からして後者の印象が強いのは否めない。<2012/4/27高石市にて>
P80_STARLET 120427

今回の記事で唯一現地で偶然出土の、中期のGT・・・・ストビュー上でものちほど調べたら確認できました。カンペキなオリジナルで、モノはええです。<2012/4/28大阪市住吉区にて>
P80_STARLET 120428

散々2次どまり経た史上初からイキナリ連続2件目の的中・・・・地面との間にクモの巣張ってたりして放置プレイ状態ながら車検切れにはなってへんコイツ、あちらでは遠くにチラリという感じでかろうじてSあたりの上位グレードらしいコトぐらいしか判明してなかったが、この画像ではわかりづらいが4WD+サンルーフ装備というスゴイヤツ・・・・RV(って今言わんけど)に属さん車種で4WDとなると豪雪地域出身という説が浮上するトコロであるが、和泉53というナンバーが、雪などほとんど無縁の地元に新車の頃から棲み付いているコトを物語る。<2012/5/5堺市北区にて>
P80_STARLET 120505

先程の物件から7か月以上、その間5~6連敗で現地発掘も皆無だった末、ストビューに加え航空写真のジャッジもクリアし見事現実にやってきたコイツは後期のXリミテッド。本来サイドモールにエンジンの記載があるが、画像の助手席側のみなぜか欠品であった。八王子56ナンバーというサプライズで、リヤバンパーにもあちらの販売店のステッカーが・・・・いやぁー泣かせるぜ。<2012/12/16堺市中区にて>
P80_STARLET 121216-1

P80_STARLET 121216-2

こちらも航空の判定を・・・・確定度は○に近い△といった感じだったが、見事に実在した。ヤレヤレ・・・・これまで何件あたったか、ストビュー通じて初めてのGT(中期)ですぜ。エキゾーストや足回りなど、一通り走り屋っぽく手が加えられてるが、ボディー外装などはバッチシオリジナルが保たれてるのは好印象。一方で収納式のコーナーポールが付いてたりする面白いギャップも。それにしても今回揃えた物件5件・・・・本拠発掘なら大抵畳まれてるミラーが全部畳まれとらん!<2012/12/23大阪市天王寺区にて>
P80_STARLET 121223

| 未分類 | 18:00 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

C22Largo from StreetView

今日のお題は日産のC22系バネットラルゴ・・・・絶版から20年を迎える今となっては適当にそこいらうろつく程度ではそうそう出てこないが、ストビュー物件の順調な実在により昨年新たに4件を集めるに至った。現地での偶然はナシ!

前年の1件に続いて3次で実在キメタ━━━━━━━━━━━!!!!!!!!!!!!!!!!ボトムグレードのスーパーサルーン(4WDはその下にLXというのがある)、ボディーカラーは単色でパノラマルーフも無いプレーンな物件。エンジンは特に表示が無いためガソリンと思われる。運転席側のミラーは破損でもしたのか、適当な他車種の物(確かダイハツとあった)が付いているが、後日路上でも遭遇し、その際に判明。1つ目のカット右奥に写り込んでるのはこの記事のエブリィPS。<2012/3/25大阪市港区にて>
C22_VANETTE_LARGO 120325 1-1

C22_VANETTE_LARGO 120325 1-2

うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ同じ日にもう1件、4WDのもキタ━━━━━━━\( ゜∀ ゜)/━━━━━━━!!!!!!!!!!しかしよく見ると、どーもしばらく動いてナイ感じで、フロントガラスにも平成12年と記載の点検ステッカーのみと、実働かどうかはちょっと怪しい・・・・しかしストビューの画像と見比べると前輪の向きが変わっているので、少なくとも一行が上陸した2年チョット前の時点では動く状態であったのは間違い無さそう。グレードは豪華版のグランドサルーンで、「TURBO」とあるのでディーゼルであるコトがわかる。となると・・・・今ではココ大阪市内では車検取得しようにも不可能か?そして後輪はなぜかマツダボンゴのものとおぼしきホイール・・・・<2012/3/25大阪市港区にて>
C22_VANETTE_LARGO 120325 2-1

C22_VANETTE_LARGO 120325 2-2

うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉなんてこった、またしても新たな物件キタ━━━━━━━\( ゜∀ ゜)/━━━━━━━!!!!!!!!!!しかもカメラが刷新される以前の2008年撮影の現場からの降臨ってんだからスゴイコトこの上無し・・・・この型のラルゴはスーパーサルーンSVかグランドサルーンと思われるコイツで4連勝、カメラ刷新前からのも2件目、こんな車種もなかなか無い。やはりワンボックスは古くなっても引き合いがあるようで、実はこの日に路上でも遭遇した1つ目の物件ともども、なにわ500ナンバーを掲げる。<2012/5/20大阪市福島区にて>
C22_VANETTE_LARGO 120520-1

C22_VANETTE_LARGO 120520-2

なんと、5連勝まで至るとは。しかも今度は・・・・バン・・・・これはもう幻そのもの、凄すぎる・・・・。過去にもかつて家の近所の工場で所有されてた個体くらいしか記憶が無く、それが買い換えられてからは(かれこれ一昔は前)ずっと目にするコトは無かったと思う。ホンマ、ガチで奇跡。車体の下に物が置かれてたりするあたり、車検が切れてる可能性もあるが、位置はストビューと見比べると明らかに移動している。89年にはコーチに準じたマイナーチェンジが実施されてるようで、コイツは前期、このように車名がセンターに大きく入るのが後期と思われる。こののち、同年12月にもコーチの新たな物件を狙ったが、遂に敗北となってしまった。<2012/8/5京都市伏見区にて>
C22_VANETTE_LARGO 120805

ラルゴは目標の5件に満たなかったんで、同じC22系バネットシリーズというコトでまたも京都よりストビューから引っ張り出せたトラック1件も。このトラック、4年ほど前には和歌山市内で1日の間に3台ほど見掛けた憶えがあるが、今なら2日間探し回って1台見たら上等かな。<2012/8/5京都市伏見区にて>
C22_VANETTE 120805-1

C22_VANETTE 120805-2

| 未分類 | 18:00 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

男のドラマが今始まる・・・・

前回に続くトラックの詰め合わせ、今回は日産および日産ディーゼルの車種でまとめてみた。京都の安定感は半端ねーなぁ・・・・

元祖クリッパーの最終世代がストビューから・・・・!一応ターゲットと指定するも切り捨ててもイイかと考えてたが、ほかの物件回る過程で目に入り、収穫した次第。ナンバーすら付いておらず公道に出れない状態なのは言うまでもナイが、タイヤの空気は抜けておらず、あちらの姿と見比べると位置は同じながら微妙に切れた前輪が真っ直ぐ向いてるあたり、同行のA氏が先行してブログで出した際に寄せられた、まだ動くというコメントはどうやら事実かも・・・・<2012/8/5京都市伏見区にて>
C340_CLIPPER 120805-1

C340_CLIPPER 120805-2

発売当初のキャッチフレーズから「さわやか」なるアダ名でも呼ばれる2代目中型コンドル・・・・2度のフェイスリフトを経て初期・中期・後期とあるうち、これまで通りすがり1台たりともお目にかかったコトの無い初期モデルがイキナリ、それも公道走行可能とおぼしき個体がストビューからの出土をキメた!!!!!!コレは快挙ですな。古ければ30年選手となるコイツ、相応に傷んだ荷台に対して非常に状態の良いキャブが印象的。<2012/8/5京都市伏見区にて>
CONDOR 120805-1

CONDOR 120805-2

コレまたストビューからの爆弾刺客、初代アトラスのワイド!縮小加工したこの画像ではわかりづらいが「Atlas300」とあるのでどうやら最大積載量3t級のタイプ。多少凹んだ箇所こそあるが全体的にはとても美しく保たれており、ワイドキャブならではの間延びした顔が映えている(笑)。そして極めつけのトピックとして、なんとターボ・・・・ほかではまず居らんでしょう。<2012/8/5京都市伏見区にて>
H40_ATLAS 120805-1

H40_ATLAS 120805-2

所変わって大阪府下のストビューのサポートが行き届いとらんトコで見つかった初代アトラス。こちらは標準キャブであるが、最大積載量2000kgなのでワイドと同様のH40系(軽量積載の~1.5tこと100/150シリーズは型式がF22系)であろう。地元ナンバーではないが、航空確認すると確定的な姿が確認できたのでココに常駐してるハズ。<2012/10/7岸和田市にて>
H40_ATLAS 121007

用途的には乗用車に類別できそうだが一応貨物登録のトラックというコトで・・・・現地で偶然発見の720系ダットラ。現場はストビューで網羅されてるが、側の家の車庫にも航空にもその姿は無いのでたまたまどっかから来てた可能性も・・・・?超希少車なので前と後ろの2カットを。<2012/12/16堺市中区にて>
720_DATSUN 121216-1

720_DATSUN 121216-2

| 未分類 | 18:00 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こりゃーハジけるトラックだ!

2013年最初の記事はいすゞのトラックを・・・・ほとんどがA氏の協力により上陸した京都市内での出土、ストビューの世界に寄せた2人の思いに爆弾2件(ゲンミツには3台)がアツく応えた!!

現地で偶然の4代目エルフ。この型は全国的にはまだまだ残ってるかと思うが、コイツは初期型のワイドキャブ、そのうえ出荷当時の「京」ナンバー付きという注目度の高い1台。<2012/8/5京都市伏見区にて>
4th_ELF 120805

ストビューでヒットさせた憶えはあるが、全国的にはまだ現役が結構生きてる車種でバリバリ放置、というコトもあり狙わないつもりでおった3代目エルフの後期。意図せず行き着いて実物と対面したところ、生き残ってるいうてもこの近辺じゃそーそー見れるモンとちゃうし、まぁ放置(一応管理はされてる様子)にしてはキレイに原型とどめてる・・・・ってんで撮っときました。車検・点検シールが残されてないのでどのくらいの隠居歴かはわからんが、15年くらいは経ってるでしょーかね・・・・しかしミラーなどの欠品やルーフの凹みこそあるが、著しい腐食や損傷はみられず、レストアして起こすベースとしても充分通用しそう。<2012/12/16堺市中区にて>
3rd_ELF 121216

偶然A氏が気付いて引き返して立ち寄った3代目エルフの初期モデル。ピッカピカの4代目後期が居る傍らでうずくまるように隠居しているコイツ、私はまったく気が付かず・・・・コイツより、運転しながらコイツを発見したA氏がスゴイ。点検シールの中央には「12」とあるので一昔ほど前まで現役だった模様。<2012/8/5京都市伏見区にて>
3rd_ELF 120805

おぉぉぉぉぉぉぉぉ3代目エルフのルートバンなる爆弾がストビューより召喚!!!!!ルートバンに関しては4代目登場後も(4代目の後期になった頃まで?)継続生産されてたようで、コイツはおそらくその頃のもの。基本的には今回2つ目に上げた3代目後期モデルのキャブを踏襲しているが、フロントグリルの「帯」部分やエンブレムなどが4代目に合わせたデザインに手直しされてるコトがわかる。この物件、実はなんと同型車2台のコンビ(!!!!)であり、ナナメ後ろに写り込んでるのが相方。<2012/8/5京都市伏見区にて>
3rd_ELF_routevan 120805

キタ━━━━━━━\( ゜∀ ゜)/━━━━━━━!!!!!!!!!!トドメの1台、なななんと・・・・!!!!!!通称「ニューパワー」世代の大型トラックッ!!!!!!実物はこれまで目撃した記憶も無く2次元における姿しか知らない、そんな存在がイキナリ現役維持個体の本拠発掘というのだからストビュー恐るべし・・・・<2012/8/5京都市伏見区にて>
ISUZU_oogatatruck 120805-1

ISUZU_oogatatruck 120805-2

ISUZU_oogatatruck 120805-3

| 未分類 | 18:00 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。