エンスーの目線から

2013年末をもって更新休止中。

2012年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

優れて私的な捏造(爆)。

X80系集中投下2012年秋編、続いて全車ストビュー的中でキマったチェイサーとクレスタを。

チェイサー後期の2.0アバンテツインカム24。60系後期からラインアップされていた1G-GEエンジン搭載車のファイナルバージョン。<3/25大阪市港区にて>
GX81_CHASER 120325

クレスタ後期の2.5スーパールーセントエクシード。このアングルだと2リッターとの判別がつきにくいが、しっかりなにわ300ナンバーっす。ちなみにこのカット、カメラを傾けすぎて、後輪を切らせてしまう寸前やった(汗)。下側はトリミングしていない。<3/25大阪市港区にて>
JZX81_CRESTA 120325

パールストリームトーニングのチェイサー後期2.0アバンテ・・・・のはずだが、なぜかグレードのエンブレムが欠品。しかし屋根無しの契約駐車場でありながら、コンディションの良さは目を見張るほど。大切にしている様子であるのは喜ばしい。ストビューではスグ後ろの枠に90系カローラ後期SEスーパーリミテッドGのアルミホイール付きなんてのも存在し、できればそいつに実在してほしかったが・・・・<5/26大阪市生野区にて>
GX81_CHASER 120526-1

GX81_CHASER 120526-2

これは希少な1台!A氏との合同探索でゲットしたパールストリームトーニングのチェイサー後期2.5アバンテ。この日最初に狙ったターゲットであったが、昨年のC22系バネットトラックに続いてまたも一発目の的中というコトで、幸先のイイ幕開けとなった。<8/5京都市伏見区にて>
JZX81_CHASER 120805

先程のチェイサーに続きクレスタ3ナンバーも!フロントグリルにはまさかの3.0のエンブレム!!!!と舞い上がりそーになったが、この後期型は本来ココにエンジンやグレードのエンブレムは付かんハズ・・・・それにドアハンドルがボディー同色ではなくフェンダーに「スーパールーセントG」とも無いので、グレードはおそらく2.5リッターのスーパールーセント、つまり「3.0」は明らかにハッタリであるという結論に(;´д`)・・・・まぁそれでも申し分無いネタではあるが、こういう捏造みたいなドレスアップはいただけませんねぇ・・・・<8/5京都市伏見区にて>
JZX81_CRESTA 120805
スポンサーサイト

| 未分類 | 18:00 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クルマを知り尽くしたあなたに・・・・皆殺しの予感。

現地で偶然発見した後期型5ナンバー。2.5リッターに標準装備のと同じ15インチのアルミホイールとリヤシートの埋め込み式ヘッドレストからして2.0グランデツインカム24と思われる。後期の1G-GE搭載車でなおかつこのホイールが付いた個体となるとかなり珍しいのではないだろうか。ストビューでは少し遠ざかった地点でココの出入り口に停まって(?)いる姿が捉えられている。<3/20堺市東区にて>
GX81_MARKⅡ 120320

昨年6月にストビュー的中で対面を果たしたが、訳あっておよそ10か月後にようやく収穫に至ったこいつはことごとく駆除され尽くしてもう滅多に出ない前期のツインカム24・・・・それだけで充分見ものなのだが、そのうえなんと青内装!!!!!コレは希少やでぇー!!!!<4/5堺市北区にて>
GX81_MARKⅡ 120405-1

GX81_MARKⅡ 120405-2

GX81_MARKⅡ 120405-3

うぉぉーこの赤のST185のスグ近所でこちらもストビュー的中となった後期2.5グランデG!!!!!しかもコーナーセンサー装備・・・・豪華な1台ですな。<4/27高石市にて>
JZX81_MARKⅡ 120427

ストビュー的中のセダンGRサルーン。セーブル(茶色)内装やトランクのキーシリンダーオーナメント(マークⅡオリジナルのシンボルマーク入り)が決め手の、希少な90系登場までの後期型。90系と併売期のは意外と結構残ってるんだが・・・・<5/5堺市北区にて>
SX80_MARKⅡ 120505

あれ?こんなん居ったかな・・・・??電車の中から発見したパールストリームトーニングの後期2.5グランデ。うーん・・・・ココには以前歩いて訪れたコトもあるし、前から居ったんやったらとっくに気付いとったハズ・・・・ストビューにも姿がナイあたり、つい最近になって越してきた可能性が高い。ただこいつ、どーも放置っぽくも・・・・<7/28泉大津市にて>
JZX81_MARKⅡ 120728

| 未分類 | 18:00 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

面白4WD。

今日の記事は凄いですよ・・・・一番新しいのでも90年代ごく初頭という年式で、いずれも特に手厚い保護を受けてるわけでもなく現在の日本で生き残っているのは奇跡的な面々・・・・エンスージアストなら涙もんの5台やで!!!!

うぉぉぉぉーこれは素晴らしすぎる、L30系の赤キタ━━━━━━━\( ゜∀ ゜)/━━━━━━━!!!!!!!!!!!!!!前後左右ウエルカムやったコトで5カットも撮っちゃった(笑)後期型コルサの5ドアのソフィアやから、こいつのまんま色違い。全体に程よくヤレてはいるが、目立った損傷個所は無く状態は悪くない。車検シールの期限が、まさにこの撮影時期の24年3月だったんだが、解体手当こそ無いとはいえ補助金第二弾もあるし、このタイミングをもって終わってもーたかな・・・・<3/8堺市北区にて>
L30_CORSA 120308-1

L30_CORSA 120308-2

L30_CORSA 120308-3

L30_CORSA 120308-4

L30_CORSA 120308-5

こいつは一大事!!!ななななんと、スプリンターカリブのAL25系こと初代モデルが現代社会に参上!!!!奇跡とはこのコトですよ、ホンマ。規格ライトにフェンダーミラーだから、年式は1983年前後か。それにしても摩訶不思議なのは、本来「4WD」と記したエンブレムが配されるはずのフロントグリルとサイドモールには「SR」とな・・・・リヤはなぜか手を付けてないようで、お馴染み「AV-Ⅱ」とある。どーゆー意図でこんなコトしたのか、まったくもって謎の1台。<3/25大阪市港区にて>
AL25_SPRINTER_CARIB 120325-1

AL25_SPRINTER_CARIB 120325-2

AL25_SPRINTER_CARIB 120325-3

AL25_SPRINTER_CARIB 120325-4

先程のカリブと同じ区内で同世代のカローラⅡもッッッ!!!!!一応事前にストビュー上でヒットさせはしたが、自力では探せど探せど見つからず、以前発掘しているA氏に教えてもらってようやく突き止めた次第(先程のカリブのヒットと彼のブログで区は判明していた)。チョット悔しいが、こりゃ無理やわ・・・・ようこんなの見つけられたなぁ・・・・。そのうえこのカットの収穫に至るには、敷地の外から植木の隙間に入り、柵の隙間にカメラのレンズをねじ込み、なおかつ手前の同居車両をギリギリで避ける必要が・・・・まさに文字通りの掘り出し物ってわけ(;´д`)。当カットではわかる術が無いが、5ドアで、これまたどういうわけか100系カローラバン(?)のホイールを履いている(全体像はこちら)。<3/25大阪市港区にて>
L20_COROLLAⅡ 120325

日本の環境の下では現在生きているのは奇跡のL20系がさらにもう1台ッッッ!!!!!!!こいつもまたA氏が掘り当てていた物件で、彼と合同探索した際に連れて行ってもらった。うーん・・・・やっぱり2次元(A氏が撮った写真)で見たのとナマで会えるって感動的やなぁ・・・・。ちなみに今回の記事でストビュー噛んでないのはコレだけ。<8/5箕面市にて>
L20_COROLLAⅡ 120805-1

L20_COROLLAⅡ 120805-2

そしてEP71スターレットの新たな降臨!!!!!!いやぁーホンマよう残ってた・・・・グレードがターボを除くシリーズ最高峰のSiリミテッドというのも凄い!!!!こいつはマジで保護してやらなアカン・・・・解体送りを阻止できる方、お待ちしております・・・・<5/26大阪市生野区にて>
EP71_STARLET 120526-1

EP71_STARLET 120526-2

| 未分類 | 21:00 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

HILUX SURF from streetview 2012

今日はトヨタのSUV系車種を5台。すべてがストビュー的中のメンツっす

泣く子も黙るトヨタいや日本の名門中の名門、ランドクルーザーの60系。非常に手厚く扱われる車種であるのは説明するまでもないが、これもまた程度の良いオリジナルっていうのは数少ないかと・・・・仕入れたショップが塗り替えたり、ヒドいのなんかハイルーフを切り貼りしてロールーフに改造してるのがあるからね(汗)。どーんと張り出たバンパーにウインチなどを装備した物々しいこいつは一見無改造のバンながらキャンピングカーに改造されてるのか、分類3桁の8ナンバー。不動ではないようだが前に植木を置いたりしてるあたり、普段は滅多に動いてないみたいね。<1/9大阪市平野区にて>
J60_LANDCRUISER 120109

A氏のクルマで回った京都市内にて、ランクル60その2。一応狙う計画は立てたが、限られた時間の中でほかに多数の重要なターゲットが存在するためスルーを考えた。しかしほかのターゲットを狙う過程で現場を通るコトとなり、クルマの横付けが難しいトコながら信号待ちで都合良く写せる位置で停まれたため、車内から窓を開けて収穫。しかし10年20年と経ってある程度ポンコツになっても値段が付く“VIP”カーでありながら、新車時のナンバーが付いてるのは注目かも。フロント回りはこちらも丸目2灯で、大型バンパーにウインチ装備であります。<8/5京都市伏見区にて>
J60_LANDCRUISER 120805

ランクルほどの高値でなくともある程度値段がつき、同時期の一般的なセダンなどではありえない数の中古車が流通している130系ハイラックサーフであるが、そうそう見れるものではない希少な前期モデルをまた引っ張り出すことに成功\(^0^)/。この赤/グレーの「アーバンロードトーニング」は中期以降の個体では多くを占める定番ボディーカラー(中期以降は「Ⅱ」とつく)であるが、前期では白やグレーといった単色のほうが見慣れた印象がある。逆に中期以降の単色は希少。これは中期よりオーバーフェンダー装備のワイドが設定されたコトが関わっていると考えられるが、中期以降のナロー(5ナンバー)版はもはや幻・・・・ナローのスマートなスタイリングも魅力的やと思うんやけどなぁ。<3/20堺市東区にて>
N130_HILUX_SURF 120320-1
エンジンは「turbo」や「V6」の記載が無いので前期のみに設定の2リッターガソリン(3Y)と思われる。エンジ色の内装やダッシュボードの上に付く傾斜計も前期ならでは。

N130_HILUX_SURF 120320-2
見た目の貫録とは裏腹に、立派な“小型乗用車”。オーバーフェンダーやフロントガード等が付かないスッピン仕様は今のエクストレイルなんかよりずっとコンパクトなのだ。

古い画像のエリアながらズバッと降臨したこちらは特別仕様のSSR-Xリミテッド。この特別仕様専用のブルー/シルバーのツートンはアーバンロード~の次に多い色かな?「3.0」のエンブレムは93年以降(後期)の3000ターボディーゼル1KZ-TEを指すものと思われるが、従来の2.4リッター2L-TE型から劇的なパワーアップを果たした当時最新鋭のパワーユニットなんだし、もっと明確な記載があっても・・・・<5/20大阪市福島区にて>
N130_HILUX_SURF 120520

A氏と訪れた京都市内にて。こちらもSSR-Xベースの特別仕様のようで、見た感じ少なくともボディーカラーは先程の個体と同じだが、このような色はディーゼルが2L-TEの中期から登場していた模様。<8/5京都市伏見区にて>
N130_HILUX_SURF 120805

| 未分類 | 20:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あたたかな魂。

残ってそうでなかなか集まらないR32スカイライン・・・・ストビューでは結構引っ掛かるんやけどねぇ(;′A`)。5穴ホイールのグレード(GT-R、GTS-tタイプM、GTS-4)と2.5リッター(GTS25)をターゲットとしてたのだが、こうなると全仕様集めんとダメかな・・・・

ストビューより引きずり出したこちら、あちらの映像で判別する術の無かったグレードはキタ━━━━━━━\( ゜∀ ゜)/━━━━━━━!!!!!!!!!!!!!!GTS25!!!!!!2リッターのGTSならスルーだったがこいつは迷わずゲットするっきゃない!!エンブレム、そして3ナンバーがなによりの証。ボンネットが集中的にボロボロな一方、ホイールは最近新調されてるようで、あちらでは別物の17インチホイールを着けている。<3/8堺市堺区にて>
R32_SKYLINE 120308-1

R32_SKYLINE 120308-2

たまたま現地で目についたGT-R。もはや問答無用で別格扱いのグレードであるが、ここまでオリジナルに近い個体はそうそう転がってはイナイと思うので・・・・。ストビューを後ほど確認したところ、これはヒットしてもターゲットにはならんわ、カバーが被せられている。こういうクルマもある意味「VIPカー」やね(^^;)・・・・<5/5堺市西区にて>
R32_SKYLINE 120505

神戸にてストビュー的中を果たしたクーペのタイプM。4ドアともども5穴ホイールの上位グレードはじつに昨年10月以来の出土。その間あちらでヒットした4~5台に敗れ続けておりました(‐ ‐;)・・・・。新しいナンバーで一通りスポーツ志向に手が入ってはいるが一応許容範囲でキレイにまとめられており、後ろのエンブレム(ステッカー)も欠品無く揃っているのはポイント高し。“ほんまもん”のGT-Rが同居(笑)してるとなればあまり派手にもできんか?ホイールも往年の横浜AVSと、まさに古き良き90年代のたたずまい。<8/18神戸市東灘区にて>
R32_SKYLINE 120818-1

R32_SKYLINE 120818-2

31の放置車も出たんでついでに・・・・なにわ57のナンバー付きながらどう見ても長い間不動状態と思われるこいつは、4ドアハードトップながら大型のインタークーラーなどかなりチューンされている感じ。現役時代は暴れ回っていたんだろうか・・・・。ストビューでは手前の枠のクルマが阻んでいてほぼ見えない。R31の放置らしき個体は同区内でもう1台、同じツインカムターボの4ドアが見つかってるのでご興味ある方はご一報を・・・・<4/5大阪市住吉区にて>
R31_SKYLINE_120405.jpg

| 未分類 | 19:00 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

旧メインストリーマー~真のMEDALIST~

トヨタが続いたのでここらでニッサンを・・・・今回はC33ローレル。エセ86に続きこんどはエセメダリストだそうですが(笑)、どういうわけか車体にはどこにもそう記したステッカーやエンブレムは無いようで・・・・まったくもって意味がわからん(‐.‐;)。

ストビューより発掘の、凹んだ左ドアが痛々しいこいつは今回唯一の分類3桁。そのほかは一見どうってコトのない外観だが、フロントグリルの本来メッキのはずの内側が真っ黒・・・・所有者の自家塗装か?<3月8日堺市北区にて>
C33_LAUREL 120308

もともと昨年6月に現地で発見していたこちらは、これまた一見何の変哲もないメダリスト系とおぼしき個体なのだがよくよく見ると普通じゃない・・・・そう、マッドガードが無いのね。これは・・・・と思い後ろを確認するとやはり!同時期のマークⅡとは違って、直4やディーゼルでも足回りは上位グレードと同じで見た目や動力以外の性能にほぼ差がないのが良いですな。<4月5日堺市北区にて>
C33_LAUREL 120405-1

C33_LAUREL 120405-2

ストビュー的中でゲット♪できたはイイが、向かいの家の男がウロウロしててすんなりと撮れんかったうえ、左右は柵でガッチリ封されてるので仕方なくほとんど正面から(;´д`)・・・・ホイールは一番スタンダードな純正のアルミ。色はシルキースノーパールかなぁ?<4月28日大阪市阿倍野区にて>
C33_LAUREL 120428

偶然現地で発見した前期型。ストビューでは、敷地に面した路上まで来ているが奥のほうなので写らず。管理人がスタンバってそうやったので仕方ないが、全体を写せる位置まで踏み込めなかったのが残念・・・・ストビューのターゲットら、頼むわ~<5月26日大阪市浪速区にて>
C33_LAUREL 120526

3~4台の連敗を経てストビュー的中となった前期型。ところがこれまたオーナーとおぼしき男性が車庫内で作業しているという問題が(><;)・・・・しかし同居のトラックがうまいことこちらの姿を遮ってくれたおかげで、どーにかバレずに収穫成功。銀色のアトラスには感謝します(´д`)・・・・。C35のロゴが描かれたサンシェードは大切にされてる証・・・・やとええなぁ・・・・<8月5日京都市伏見区にて>
C33_LAUREL 120805

| 未分類 | 20:00 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

H100HIACE2012

今日は4代目ハイエースワゴンの初期モデルを投下。あの世界では珍しい仕様も結構引っ掛かるのだが、現物の収穫は難航続きで、今回掲載の5台が集まるまでおよそ1年がかり(; ̄з ̄)・・・・

ストビューより救い出せたお馴染みスーパーカスタムリミテッドだが、5ナンバーで「turbo」の記載・・・・ガソリン車ばかりの中、こいつは希少なディーゼル!初期の2WDに採用された2.4リッターターボディーゼルは90年の改良でEFIが採用されているが、サイドデカールにその記載が無いのでそれ以前のもっとも初期の個体と思われる。実はこの日、放置個体だったんで撮影はスルーしたがほぼ同仕様でEFIディーゼルの個体も出土した。<2011/11/24東大阪市にて>
H100_HIACE_WAGON 111124

希少なディーゼルがまたもストビューから!こちらは「EFI~」の記載から、90年の改良時以降のもの。1つ目で触れた放置車の仕様がまさにコレ。ナンバーは、1つ目は和泉501でこいつは和歌山500なのだが、やはりなにわ管轄の登録は不可?<5/20大阪市福島区にて>
H100_HIACE_WAGON 120520-1

H100_HIACE_WAGON 120520-2

こいつは珍しい、スーパーカスタムベースの特別仕様、リビングサルーンEX!現地で偶然出た分でストビューにも存在しないこいつは見慣れない遠い地域のナンバーも目を引くが、一行が上陸した後に来たのだろうか?この日から4か月ほど経ったつい先日、走行中のところを目撃(笑)。<4/27高石市にて>
H100_HIACE_WAGON 120427

初めて探索に訪れた兵庫県内にて偶然出土のスーパーカスタム。これまた現場はあちらで網羅されてるが姿は無い。黒い手動(?)ミラーが特徴のこいつは一見とても状態が良さそうだったが、近くで見ると横の部分が結構傷んでいる。この色(シャドーストリームトーニング)はリミテッドの白/茶(クリスタルパールトーニング)に次いでタマ数が多いが、白茶と比べるとかなり少ないと思う。この日はストビューより昨年の京都以来ヒット2台目のワインツートンの個体を狙ったが、またも実在せず・・・・<8/18神戸市東灘区にて>
H100_HIACE_WAGON 120818

出土から1年近く経ってしまったが、今回一番の目玉といえるのがストビューより救い出したこのスーパーカスタム(2.0ガソリン)。なんといってもクリスタル~とシャドー~のツートンばかりの中にあってこの単色の茶色(ライトブラウン)!!ターゲット3台目にして現実世界に降臨っすよ(´д`;)・・・・。さらにオプションのアルミホイールにサイドデカールまで!!単色にデカール(ツートンには標準装備)組み合わせてあるのは、2型以降のも含めてメッチャ希少では?<2011/10/10大阪市平野区にて>
H100_HIACE_WAGON 111010-1

H100_HIACE_WAGON 111010-2

| 未分類 | 19:58 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。