エンスーの目線から

2013年末をもって更新休止中。

2012年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スゴスバ。

80年代末期のコロナ/カリーナ系列連投の最後はスポーツ・スペシャリティなシリーズにあてがわれたT180系・・・・3車種ありながら1回構成とは、本家コロナ/カリーナと比べても現存数がかなり少ないってコトね・・・・ストビューで引っ掛かった奴等ときたら、現物が政策中の新車となっているケースも多く、悲しい限りである。しかしそんな中でもどうにか、新たにエクシヴもEDも、そしてなんと!ストビュー上でも滅多にヒットしないセリカも降臨!!!!!貴重な記事が完成しましたよ・・・・♪

こいつは有難い、ストビュー発のエクシヴ!!!!ココは以前もチェックした気もするんだが、当時は居らんかったはず・・・・それだけにまさかまさかの的中である。正式名ダークワインと思われる濃い紫色の後期型2.0FEでアルミホイールとリヤスポイラーを装備したこいつは、近くで見るとどーも放置されてるようにも見えた。それにしてもこの型のエクシヴ、同世代のEDが白ばかりなのに対してこういう黒っぽい濃色系が多い。ストビュー上では白の個体も結構ヒットするのだが、どういうわけか実在するのは白以外ばかりで白の奴等は揃いも揃って向こうどまりという(;*з*)・・・・ストビューと現実の世界を行き来してると不思議な事実が見えてくるもんやね・・・・。<3/7堺市堺区にて>
T180_EXIV 120307-1

T180_EXIV 120307-2

うぉぉぉぉぉーEDも新たにストビュー的中で!!!!!前期型の2.0Xあたりと思われるこいつが住む現場は機械式駐車場や隙間の無い柵が阻む駐車場。あちらでは隠れて見えないクルマも多い中でハッキリ映り込んでいたのが有難い。敷地に入り込むのはまずそーやったんで外から狙ったが、全体がバッチリ写せるのもここの枠ぐらい・・・・ターゲットだけこれほど都合良く出てくれるとは・・・・<3/25大阪市港区にて>
T180_CARINA_ED 120325

現地で偶然発見したED。ストビューでは存在しておらず、もしかしたらたまたま来てた来客かも・・・・。この後期型はエクシヴともども前期より少ない気もするがどうだろうか。グレードは未確認。前期はホイールが2リットルは5穴の14インチ、1.8リットルは4穴の13インチ(でもホイールキャップは5穴風のデザイン)という明確な違いがあるが、後期型は全車5穴の14インチに統一されてるようでエンブレム以外外観上の判別はできない。この和泉500は古いものだと一昔以上前のナンバーだが、その頃からすでに中古車の流通(≒需要)は乏しくなっとったのか、分類3桁はこれでも非常に珍しい。純正でないホイールも何気に初めて。<5/4泉大津市にて>
T180_CARINA_ED 120504

この近辺は以前にも訪れており、なんか居ったような・・・・程度に記憶していたED。ストビューでのヒットにより正確な位置を割り出し、あたったところ見事生還!!を果たしていた。写真でわかる範囲においては2つ上の個体とまったく同じ。この型のEDはここ3年ほどの間、記事に出してなかった頃に5~6台発掘しているが、半分は駆除されとるやろな・・・・(涙)<5/5堺市西区にて>
T180_CARINA_ED 120505

キタ━━━━━━━\( ゜∀ ゜)/━━━━━━━!!!!!!!!!!!!!!幻に近い存在となっているセリカも新たにストビューから降臨ッッッッ!!!!!!!!前回アップしたコンバーチブルは一部覆いを被せてあったうえ、まともに撮れず悔しい思いをしたが(さらにその前に狙ったアクティブスポーツは車体全面フルカバー・・・・)、今回はミラーも開けてあってドーゾ撮ってといわんばかりの、まさに“スゴスバ”な歓迎ぶり。モノ自体の爆発力も相当なもんで、標準的なGT-Rとかでもなかなか出てこない中で、前期のGT-FOUR、それもなんとワイドボディーのGT-FOUR・Aというツワモノ。スゴスバセリカ、ココに極まれり。<4/27高石市にて>
T180_CELICA 120427-1

T180_CELICA 120427-2
スポンサーサイト

| 未分類 | 20:00 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ときめきのカリーナ2012

続いて170系カリーナ。一連の政策でかなりの台数が殺処分されたのは確かだが、これもまた今年になって順調に収穫が相次ぎ、今回アップの5台に加えて現在4台ものストックを確保。昨年2戦2勝したサーフが2戦2敗となっているのは非常に残念だが・・・・。この時期のトヨタのセダンでは珍しくボディーカラーの偏りが小さいのが特徴で、後期型のみながら4色というカラフルな面々となった。

偶然現地で発見した、ダークブルーマイカもしくはダークターコイズマイカのマイロードかSEエクストラとおぼしき個体。現場は小さなビルと連なる敷地でこいつはストビューにも存在しないので(撮影の位置によってカラッポあるいは別のクルマが駐車)、たまたま訪れた来客だった可能性も・・・・常駐してるとすれば通勤でどっかから来てるんかも。しかしながら、ステアリングもアンテナも思いっきり切りっぱなし引き出しっぱなしでありながら、ドアミラーだけ丁寧に畳んであるのは謎と言わざるを得ない(笑)。ココなら畳まなくてもジャマにはならんはずだが・・・・と、このくだり書いてて気が付いた・・・・上級グレードやったらアンテナはガラスプリントちゃうのかと・・・・。そんで過去の同じ後期のSEエクストラを確認したところ、やっぱり右側Aピラーに何も無い!!!!ならば今回のはおそらくこいつ含めて全部マイロードやね(^∀^;)。コロナのセレクトGとEXサルーンも同様の違いがあるようだが、セレクトGと確認した個体でもピラーにアンテナがあるのと無いのがあるので(おそらく前者が91年版で後者が90年版)、13インチホイールの豪華仕様でピラーアンテナ=セレクトGと覚えておこう。一方マイロードでAピラーになんもナシは確認できとらんので、こちらはすべてピラーアンテナか?<3/8堺市堺区にて>
T170_CARINA 120308

現地で偶然発見。白のボディーカラーは同時期のトヨタのほかの3ボックスセダンならダントツで多く占めるが(T170系はスーパーホワイトⅡ)、このカリーナに関しては例外的で、近年出会う数は今回2台登場している水色と同等である。屋外の月極でありながら物凄くキレイなこいつはホイールキャップも塗り直したような形跡があり、とても大切にされている様子をうかがわせた。所有者は間違っても現状から解体送りにするコトは無いであろう。ストビューでは後で見直したら発見したが、なぜか後ろのフェンスの向こうのエスティマの枠にいる・・・・<3/20堺市東区にて>
T170_CARINA 120320

これも現地で偶然・・・・白と同等かそれ以上の生息数が考えられるこの淡い水色は、正式名はパステルアクアメタリックというそうで、何気に今風のネーミング・・・・。爽やかな感じでとても魅力的なのは確かだが、こんな明るい有彩色が売れ筋となるのは同時期のほかのトヨタ・・・・いや、日本の3ボックスセダン市場では異例だったはず。イメージカラーというわけでもナイし(ただしマイロード発売を宣伝するCMに登場)、まったくもって謎。前期でもよく似たグリニッシュシルバーというのが多いですな。ちなみに3ボックスセダン全般で人気薄な赤系はコロナともども設定があり、コロナでは前期~後期まで一貫してイメージカラーに据えられていたが、いずれも皆無である。ココはこのフェスティバも居った駐車場。スタンダードなマイロードながらリヤスポイラーに今風の社外品ホイールと、若々しいたたずまいが特徴。現場は本来ならストビューでバッチリ映るトコなのだが、ちょうど撮影車の真横をでっかいトラックの箱車が封鎖( ̄. ̄;)・・・・フェスティバはかろーじて確認できるがこいつはまったく見えない。向こうのフェンスと家の間も道路なのだが(グレードはここから確認)、クルマは通行不可で網羅されず。<3/25大阪市西成区にて>
T170_CARINA 120325

よーやく出ました今年初の新たなストビュー的中!!!一戸建ての敷地ながら姿を阻む柵は無く、ミラーも畳んでおらず「どうぞ」と言わんばかり(*^∀^*)♪この赤みがかったベージュのカラーはレディッシュシルバーというそうで、タマ数の多さは3番目くらいかな?<5/5堺市西区にて>
T170_CARINA 120505 1-1

T170_CARINA 120505 1-2

同じ日に的中もう1台!!!パステルアクアのこちらは一転して柵でガッチリ(でも屋根はナシ)なのが惜しいが、生きていてなにより。この日この型のカリーナは3台狙ったが、唯一の前期かつ月極だった1台は残念ながらファンカーゴ。・゚・(ノД`)・゚・。・・・・<5/5堺市西区にて>
T170_CARINA 120505 2

| 未分類 | 21:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

爆弾コロナが来た日、港はイキナリニュースに沸きました(嘘)

コロナ/カリーナ/セリカシリーズのT170/180系を3回連続で投下する。まずは170系コロナ編。旧車惨殺政策を経た現在もコンスタントに出土しているが、5ドアのSFだけはいまだに出ず(泣)。ストビューは4台あたってるのだが・・・・

ストビュー的中でゲットした後期セレクトサルーン。割と見慣れた仕様であるが、外観がEXサルーンに準じた特別仕様のセレクトサルーンGと比べるとはるかに数少なく、そうそう出るものではない。両隣の枠が契約されてないからか、ドアミラーを畳んでナイのもビジュアル的に有難い(*′∀`*)♪ワイパーに挟まれてるビラは警察官が配布したと思われる「車内カラッポにしろ」というもの。本拠地に立ち入ってまでこんなコトせんでも(‐ε‐メ)・・・・<3/7堺市堺区にて>
T170_CORONA 120307-1

T170_CORONA 120307-2

現地で偶然転がってたブルーイッシュグレーのセレクトサルーンG。ストビューには存在しない個体。このボディーカラーは白、グレイシュグリーンに次いで占めるようだが、絶対的な数は非常に少なく、これまでここ3年ほどの間に憶えてるのはわずか2台、本拠発掘に該当する遭遇はこいつが初めて。何気に爆発力は高い。<3/25大阪市港区にて>
T170_CORONA 120325 1

今回のハイライトはなんといってもコレ!ストビューから引き摺り出すコトに成功した、幻の希少色ダークグレーマイカのセレクトサルーン!!!!!このボディーカラーこそがこいつのすべてといっても過言ではナイが、実用グレードでありながらさりげなくリヤスポイラーをトッピングという変態ぶり・・・・。ココ実は、向かって左側にもなんとこいつと同等レベルの爆弾が(Σ)゜゜・・・・<3/25大阪市港区にて>
T170_CORONA 120325 2

現地で偶然発見したグレイッシュグリーンの個体。屋外保管とは思えないほど大変美しく維持されているのが目を引くこいつは、目立った傷や破損もみられないうえMTだったので、所有者は高齢ながら私のようなヘタな若造よりずっと運動・反射神経の確かな方なのでしょう。グレードは外観からするとEXサルーンかセレクトサルーンGのはずだが、後ろのエンブレムはなぜか「1.8セレクトサルーン」とあった・・・・<4/5大阪市東住吉区にて>
T170_CORONA 120405

基本中の基本形、ストビュー的中のセレクトサルーンG(1500)。あちらでは側(コレ撮る時居ったあたり(笑))に90系カローラも存在するが、実在せず。<4/27高石市にて>
T170_CORONA 120427

| 未分類 | 20:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

素敵にセクシーな元祖本家本元。

皆さんご存知、トヨタとスバルが共同開発した“エセ86”の発売が話題となる中、元祖本家本元たるAE86のネタが5台揃ったのでアップしよう。

A氏にお連れいただいた京都市内にてストビューから呼び出せた後期のレビン3ドア。ちょい車高短で後ろのデカール全部欠品などチョット微妙なトコもあるが、この画像ではわかりづらいがGTVのサイドデカールが決め手であった。しかしこのグリル、GTVには本来設定の無いフォグランプ内蔵のような・・・・。ちなみにこいつが今回のメンツで唯一の分類3桁。意外と長年オーナーチェンジを経ず愛用されている個体が多いですな。<8/5京都市伏見区にて>
AE86_COROLLA_LEVIN 120805

現地で偶然発見した前期(最初期)のレビン3ドア。素晴らしいオリジナル具合で、前期アペックスの特徴でもある開閉式のフロントグリル(エアロダイナミックグリル)が健在なのは注目度高し。開閉機能は果たして生きているか?ココには3年前にも訪れているが、当時でもこいつならハッキリ記憶にあって写真も撮っていたはずなので、おそらく今回が初対面。ストビューでも姿は確認できないし、最近越してきたのか?<3/20堺市東区にて>
AE86_COROLLA_LEVIN 120320-1

AE86_COROLLA_LEVIN 120320-2

AE86_COROLLA_LEVIN 120320-3

前期(前期の後期)のレビン3ドア。これもストビューから・・・・あちらの眺望ポイントからは少し遠く、細部まではハッキリ掴めない物件であったが、現実世界に降臨したその姿はエンブレムが欠品で白く塗られた(?)フロントグリル以外は、「泉」ナンバーをはじめ往年の雰囲気そのまま。敷地の外からキレイに全体像が捉えられたのも含め(管理者の目が届いてるトコなので侵入はマズイ)、ネタとして文句のつけようがない素晴らしい1台。<4/12堺市東区にて>
AE86_COROLLA_LEVIN 120412

手近なトコながら灯台もと暗しという感じだった後期のレビン3ドア。ストビュー狙いの結果は、カラッポ・・・・結局あちらだけの存在で終わるのかと思いきや、後日ダメもとで再訪を試みたところ見事出現!!!いやはや驚いた・・・・この記事を投下した時点で神戸市内でも新たな1台が的中、ストビューから狙ったAE86はそいつで6勝0敗(;゜Д゜)!!!!!ユーザー層がかなり似通っているハズの日産のS13系はズタボロやのにどうして・・・・??こいつもまた全体像が未知であったが、降臨した姿は思いのほか見事なもの。今そこそこイイ値付けで専門店に並んでいてもおかしくないたたずまいであるが、ナンバーはなにわ56という年代物。後ろの車名はなぜか92のものが・・・・。室内を覗くとこれまたサプライズ、なんとAT!こりゃイジられてへんわけや・・・・。ちなみにココの近所の家にも同じ後期のレビン3ドアでなにわ55のパンダが居るが、柵やバイクが阻んでて絵にならんので撮影は見合わせている。<4/28大阪市住吉区にて>
AE86_COROLLA_LEVIN 120428-1

AE86_COROLLA_LEVIN 120428-2

昨年からストックしていた、今回唯一のトレノ。冷たい風が吹き荒れとても寒かったこの日、これもまたわずかに見えるストビューから引っ張り出したのだが、これぞまさしく掘り出し物、期待以上といっていいほどの、大阪54のカンペキなオリジナル!13インチのアルミホイールにスポーツパッケージ(エアロパーツ)レスの標準仕様というのも珍しいのではないだろうか。<2011/11/24東大阪市にて>
AE86_SPRINTER_TRUENO 111124-1

AE86_SPRINTER_TRUENO 111124-2

| 未分類 | 20:59 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アメ車

今回は当ブログでは珍しい外車編。異国情緒あふれる5台です・・・・

メインとなるのはストビューの中から連れ出せたアメ車3台・・・・伸びやかで美しいスタイリングが魅力のビュイック・リーガルエステートワゴン。80~90年代にかけてのアメ車では日本において相当ポピュラーな存在かと思うが、白木目のボディーカラーがほとんど占める中で木目無しのワインレッドというとても珍しい1台。渋いとはこのコト(*^^*)・・・・<2011/11/24東大阪市にて>
BUICK_REGAL 111124

これまた素晴らしくアメリカンムード炸裂の1978年式あたりのシボレーモンテカルロ!オリジナルっぽいと思って取り上げたが、履いてるホイールからするとハイドロ入れてる可能性も・・・・?この150系カリーナはココの駐車場にいました(; ̄3 ̄)。<4/28大阪市阿倍野区にて>
CHEVROLET_MONTECARLO 120428

今年またA氏に誘っていただき、ストビューが行き届いている京都市内を再度リクエスト。そこでズバッと的中と相成った初代トーラス!ドアミラーからすると本国仕様の並行輸入車か?この後期のワゴンなら見慣れた印象もあるが、さすがに今となってはもうなかなかお目にはかかれない・・・・。この丸っこいスタイリングは、デビューした1985年当時はかなり斬新に映ったでしょうな。<8/5京都市伏見区にて>
TAURUS 120805

現地で偶然出土のルノーエクスプレス。ストビュー上には存在せず、カバー被せられたワーゲンビートルっぽいのがおそらくこの枠。傍らの単車らしき物は同じように置かれてるので、契約主はどうやら同じ模様。<3/25大阪市西区にて>
RENAULT_EXPRESS 120325

時間貸しの駐車場でおそらく常駐でないこともあり長らくお蔵入りさせていたが、大変希少な1台っつーコトでアップしてみたサーブ9000。コンディションからすると本拠は密閉ガレージか、屋外でもカバー被せてるか、という感じ。それにしてもサーブって倒産したらしいけど部品の供給は大丈夫なのか・・・・?<2011/5/15大阪市平野区にて>
SAAB_9000 110515

| 未分類 | 19:00 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。