エンスーの目線から

2013年末をもって更新休止中。

2012年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

走れ走れ、いすゞのトラックと遊撃手。

ストビュー的中で出土した4代目のエルフ。「白いエルフ」と呼ばれていたそうだがこいつは純正と思われる青。初回のフェイスリフトを経たものだが、助手席のドアが運転席側と対称で巻き込み確認窓が無いので年式は1987~89年あたりか。<2011/11/24 東大阪市にて>
4th_ELF 111124 1

4代目のエルフ、同じ日にもう1台、これもまたストビュー的中で!!なんと初期型それもワイドキャブというツワモノ。ボディーはオリジナルではない青で自家(?)全塗装されている。<2011/11/24 東大阪市にて>
4th_ELF 111124 2

現場はストビューヒットに加え、以前お世話になったA氏も狩られた2代目アルトを狙って来た駐車場だが、ヤツは見事に逃亡・・・・その一方で別枠に、あちらには存在しないこの840フォワードが。つい最近来たのか?<3/25 大阪市港区にて>
840_FORWARD 120325

これまたストビュー的中となった4代目エルフ!これまで5台あたって実在4台目と、この型のエルフは的中率の高さに目を見張る。しかし面白いことに、これらすべて、大阪府内での発掘でありながら府外のナンバーだったりする(笑)。<4/28 大阪市阿倍野区にて>
4th_ELF 120428

うぉぉぉぉぉぉぉぉぉ街の遊撃手がまたしてもストビュー的中でッッッッ\(`∀´)/!!!!!!!!!!完全露天の保管でありながら大変美しい状態を維持しており、フロントガラスのみならず後ろの窓もサンシェードで覆うなど、新車時のナンバーながら保護を強く意識しているのが伝わる1台。<5/26 大阪市生野区にて>
2nd_GEMINI 120526
スポンサーサイト

| 未分類 | 18:00 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

THE MIDSHIP・・・・堺には俺らを酔わせるエースが居る。

偶然発見した80系カローラのFX。ストビューは現場の敷地に面した道路も網羅されてるが、こいつは奥のほうにいて姿は見えない。あちらでは同じ区内で別の個体も引っ掛かったのだが、結局実在せず・・・・。神戸市内の親戚の家から近いトコでも同じ仕様のものがヒットしており、ヤツは確認してる限り2人の方によって現場で捕獲したのがアップされているが、自分が行ったらどう出てくるか・・・・<1/9 大阪市平野区にて>
E80_COROLLA_FX 120109-1

E80_COROLLA_FX 120109-2

これまで相当な台数狙いながらもほぼ100%という驚異のストビューハズレ率を誇るV20系だが、維持管理された個体かつ一発的中として史上初の1台が遂に出土・・・・パールフレイグランストーニングという希少なツートンのボディーカラーをまとう後期のカムリセダン!!!!!!!・・・・なのだが、写せる姿はご覧のとーり(′Αヽ;)・・・・ま、ハズレに比べれば全然マシですけど、さんざんあたってこんなのしか的中せんとは・・・・ちなみにグレードは2.0ZX。<3/8 堺市北区にて>
V20_CAMRY 120308

こんなトコに150系カリーナ・・・・!?ストビューからとあるアメ車をあたった(実在!)駐車場なのだが、こんなん見覚えあらへん!で、後ほど見直してみたら、うまーいコト柵に隠れてやがったんですな、かろーじて姿を確認・・・・。そんなわけで現地発掘、そのうえバリバリの放置車とゆーコトで、な~んも感動はあらへんのやけど、一応原型はキレーに留めており、それだけでも貴重な車種なんで一応アップしとく。実はこれもまた、同区内ではストビューでも別の個体がヒットしており、この日にあたってきたのだが、バッチリガセでありました(* *メ)。<4/28 大阪市阿倍野区にて>
T150_CARINA 120428

おぉ、また出ましたよーV20系カムリ!・・・・またもこんなのしかも今度は現地で偶然・・・・感動0。柵に加えてチャリでまでガードという・・・・どんだけ撮影拒否の姿勢を貫くのか・・・・。<5/5 堺市西区にて>
V20_CAMRY 120505

さぁーハズレばっかりで不甲斐無い連中をざっと出した後で主演の投下や!!!!!!!初めてのターゲットにして的中キタ━━━━━━━\( ゜∀ ゜)/━━━━━━━!!!!!!!!!!!!!!!!!!初代MR2!!!!!!!あちらでこの敷地内に何台もいる、ほかのクルマがほとんど消えた中で出迎えてくれとったのやから感涙もん。それだけにフロント回りを写せんかったのが惜しい・・・・。車名やグレードの記載が欠品だが、まさか1.5リッターのS(AW10)ちゃうわな・・・・?当時物のナンバーはなんと「高(知)」。<5/5 堺市西区にて>
AW11_MR2 120505-1

AW11_MR2 120505-2

| 未分類 | 20:00 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

でっ軽。

前回に引き続き三菱車、軽ワンボックス/トラックのU1#系ミニキャブシリーズが集まったので投下しよう。

ストビュー的中で出土させたバン。おそらく3気筒のサイクロンエンジンが採用された直後の、1987~88年頃のものと思われる。660の末期モデルまで含め、トラック以外はもうスッカリ見なくなった。<2011/10/10 大阪市平野区にて>
U1#_MINICAB_VAN 111010-1

U1#_MINICAB_VAN 111010-2

おっ・・・・思わぬトコに転がっていた、なんと最初期のエステートそれも4WD!バン、トラックともども凹状のプレスラインが無いツルンとしたフロントパネルが最初期の特徴と認識しているが、間違いナイですわな?ストビュー的中ならニュースやったんやけど(後ほど調べたところ存在を確認)・・・・(;´д`)。<3/25 大阪市港区にて>
U1#_MINICAB_ESTATE 120325-1

U1#_MINICAB_ESTATE 120325-2

以前見つけてスルーした憶えがあったがやっぱり狩ろうと、ストビューでなんとなく憶えていた場所を検索し、存在を確認。周辺のネタを拾う足で再訪したところ、まだ健在であった。おそらく550の末期と思われるこいつ、フロントパネルの運転席側にさりげなく赤い文字の記載・・・・なんとスーパーチャージャーなんですわ!生存台数が多いトラックといえど、これはかなり希少でっしゃろ?この頃ダイハツのハイゼットトラックやスズキのキャリィにもトラック専用としてスーチャー版があったようだが、これのパワーユニットはブラボーやバンと共通か?<4/5 大阪市住吉区にて>
U1#_MINICAB_TRUCK 120405

手近なトコに居った1台が撮影せずじまいで買い換えられてしまって以来、久々にマトモに対面したブラボー。このZRグレードを含めたスーパーチャージャー車は、新規格対応で660ccエンジンを採用した最終マイナーチェンジ後も550ccのまま継続生産されたが、内外装は長さを延長した新デザインのバンパーなどほかのグレードに準じて変更されたようで、こいつはおそらくシリーズ全体が550の時期のもの。程度は大変よろしく、新しいナンバーも中古車市場を経由して付いたものかも。現場のストビュー上でも存在せず、本拠発掘(常駐)かはビミョーなのが残念だが、数日後に同市内のスーパーでも遭遇したので少なくともこの近辺に住んでる模様。<4/30 泉大津市にて>
U1#_MINICAB_BRAVO 120430-1

U1#_MINICAB_BRAVO 120430-2

もう1台セットにしたい・・・・というコトで、同時期の同じ三菱であり、1台だけ在庫していた初代パジェロも特別出演。これもまた、出るようで思いのほか発掘が難関な車種で、こいつはストビュー6~7連敗(*_*;)を経て初の的中となった記念すべき1台。スポーツバージョンのスーパーJXと思われるグレードも希少かも。<1/9 大阪市平野区にて>
1st_PAJERO 120109

| 未分類 | 18:30 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

みがかれたΣスタイル。

「まさか」と思われた方。はい。その「まさか」なんです・・・・

偶然出土したE3#系ギャラン後期。記載を見る限り2リッターのDOHCで、グレードはMXだったと思う。ナンバーも発売当時のもので、型破りの見所は特にナシ。間近で見たところ車検は切れてなかったが、あまり動いてない感じだった。それにしてもなぜこれほど後ろギリギリまで寄せる必要があるのか(^^;)・・・・?<2011/10/10 大阪市平野区にて>
E3#_GALANT 111010

おっしゃぁぁぁぁーだいぶ前から目を付けてたストビュー物件もッッッ!!!!!!!こちらは1.8リッターDOHCのヴィエントとあり、14インチの“丸ノコ”(笑)アルミホイール装備。ドアサッシュはお約束の色褪せでだいぶ白くなってしまっているが、程度はおおむね良好。ナンバーは和泉54で、やはり標準を逸脱せず。<3/20 堺市東区にて>
E3#_GALANT 120320-1

E3#_GALANT 120320-2

うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ近畿地区で現役個体は絶滅したと思われたE1#系Σがストビューの世界からキタ━━━━━━━\(゜∀ ゜)/━━━━━━━!!!!!!!!!!!!!!!!!!!新エンジン「サイクロン」を採用した86年のマイナーチェンジ後のもので、当然のごとく泉59ナンバーを掲げる。新車同然とまではいかないが、およそ25年選手の屋外保管でこれほどキレイなコンディションを維持してるのは尊敬に値。感動の一言。<3/20 堺市東区にて>
E1#_GALANT_Σ 120320-1

E1#_GALANT_Σ 120320-2

E1#_GALANT_Σ 120320-3

E1#_GALANT_Σ 120320-4

!!!!!!!!!!夢か幻か・・・・E1#系の興奮も醒めぬうちに、なんと、3代目ギャランであり2代目ΣであるA16#系がこれまたストビューの世界から!!!!!!!!!!!!!凄すぎてこれ以上は何も・・・・<3/25 大阪市港区にて>
A16#_GALANT_Σ 120325-1

A16#_GALANT_Σ 120325-2

| 未分類 | 19:30 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

輝きはウェブを超えて・・・・マークⅡワゴン。

今日はGX70Gこと70系マークⅡのワゴンを。最近までさほど希少とは認識していなかったが、ストビュー上でこそ結構ヒットするものの現実世界ではサッパリ・・・・。これまで最終型(ルーフレール付いてから)の白やグレーのツートン「ゼファートーニング」のLGグランデエディションはスルーしていたが、その仕様でもかなり希少になってるのね(汗)。今回まとめたのは有難いコトにすべて厳選した希少な個体、そのうえストビュー的中の産物なのだが、ここしばらくの間は6~7台ガセの連続で、現地発掘も皆無という状況が続いている。結果、丸1年もの間探しに探して3台しか集まらなかったので、付け合わせとして80系のおまけ編3台をセットにした。

    
いやーこいつは凄い・・・・今まで見掛けたのはせいぜい2~3回くらいだろうか。ともかく相当な希少色であろうグリーンのツートンが現実世界に降臨という快挙!「シークレストトーニング」というそうな。ナンバーから推測すると1オーナーと思われるが、後輪だけ履かせたアルミホイールにクリアレンズのウインカー、そして片方だけ付けたフェンダーミラー!と、色々謎の1台。ちなみにココには今年4月にも再訪したのだが、カラッポで再会ならず(涙)・・・・現在の安否やいかに・・・・<2011/6/26 松原市にて>
GX70G_MARKⅡ_WAGON 110626

A氏とご一緒した京都でも来ましたよー上品な高級感が印象的な淡いシルバー系のツートン「クレセントパールトーニング」!!!!!こいつを狙ったコトでこのサニークーペも見つかったが、近くでオマワリさんが近くのお宅で聞き込みやってて撮るのに難儀した・・・・。<2011/7/31 京都市南区にて>
GX70G_MARKⅡ_WAGON 110731

これも素晴らしい!ルーフレールが無い頃のLG!!!!リヤシートの3点式シートベルトの装備から、年式は90~93年あたり。完全屋根無しの環境でありながら、物凄くキレイなのが印象的だった。こりゃオーナー氏の愛はほんまもんやな!70Gはこれまで結構調子よくゲットできていたのだが、こいつを最後に新たな発掘は途絶えてしまっている・・・・(涙)<2011/10/24 大阪市住吉区にて>
GX70G_MARKⅡ_WAGON 111024

そんなわけでついでに、80系の本来出すほどではないがチョットばかし気になった3台も・・・・。たまたま発見した後期2500グランデG。おっ!と思って撮ったがよくよく見るとなんか怪しい・・・・2006年満了の車検シールが貼られた放置でした(* *;)。しかし露天で何年もほったらかされてる割には随分状態がよろしい。白鷺団地C-01棟のそばにいますんで、どなたか拾ってやって下さい・・・・。<3/20 堺市東区にて>
JZX81_MARKⅡ 120320

ストビュー上で見つけてはいたが、前期型ながらスタンダードな白のグランデと判明していたので狙うつもりは無かった。しかしたまたま行き着くとあちらの姿からさらにいじられてるのに気付き、比較するべく撮っておいた。巨大なホイールはそのままだが、グレード判別のカギとなっていたフロントグリルの「grande」エンブレムが取り外され、オレンジ色のアイシャドーやゴツいナンバーフレームなど、微妙な進化を果たしている(笑)。<3/25 大阪市港区にて>
GX81_MARKⅡ 120325

ほかの部分見る限り後期型2000グランデなのにデカいバンパー・・・・??というおかしな1台がストビューでヒット。あの映像で確認できないフロント側などの詳細が気になり行ってみたところ、実在。うむ、確かに3ナンバーのリヤバンパー付けた2000グランデやわ( ̄∀ ̄;)・・・・フロント側は元々の5ナンバー用バンパーで、ナンバーも新車当時の5ナンバー(全長が延びて5ナンバー枠もオーバーしてるため厳格に法に従うならナンバー変更等の手続きが必要)と、それ以外外観上の突っ込みどころは特にナシ。好き者がいじったのではなく、ぶつけたりしてやむなく(もしくはあらかじめ衝突に備えて?)交換したんでしょうな。<4/12 堺市東区にて>
GX81_MARKⅡ 120412

| 未分類 | 13:00 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

働くヒトに頼もしい・・・・

今日は“熱き思い胸に秘め走り続ける”トヨタのトラック3車種を。

ストビュー的中で掘り出したY50/60系トヨエース。探せばまだいくらか見つかる、91年のマイナーチェンジでフロントパネルのコーナー部やバンパーがボディー同色となった(ハイエーストラックのみバンパーの形状も変更)最終型だが、ブルーのボディーカラーで後輪同径シングル(高床)というちょっと珍しい仕様なので狙ってみた。しかし大阪府下で見られるダイ/トヨ/ハイエーストラックはこの時期のものが最古参であり、最終マイナーチェンジ以前のものはもうほとんど残っていない。<2011/5/5 大阪市東住吉区にて>
Y50・60_TOYOACE 110505

現地で発見した88~91年式あたりのハイエーストラック。全国的にはまだまだ現役も多いだろうが、大阪府下でここまで古いのは珍しい。この型でキャブはほとんどダイナ/トヨエースと共通となったが、シャシーは別物のようで、型式はワゴン/バンのハイエースと同じ系列のHが充てられている。<2011/5/15 大阪市平野区にて>
H80・90_HIACE_TRUCK 110515

うおぉぉぉぉぉーこいつは驚いた、こんな大昔のトヨエースが現役で生き残ってるとは!!!!!!いやいや、京都スゴイね・・・・。新車時から全塗装歴は無いようで、荷台後部の車名等のステッカーも各種すべて揃ってるのがこれまたスゴイが、なぜか「大阪トヨペット」・・・・一旦大阪のディーラーに卸されたんでしょうかね?このスーパードルフィンのスグ近くで偶然見つかり、当然ながらこの日のパートナーであったA氏もしっかり撮っていたが、自分がスーパードルフィンを撮りに離れてる間に所有者が現れて、「ウチのクルマに何か?」というふうに声掛けられたそうで( ̄∀ ̄;)・・・・あの時は1人で対応させてしまい申し訳ない(汗)。<2011/7/31 京都市南区にて>
Y20・30_TOYOACE 110731-1

Y20・30_TOYOACE 110731-2

おまけで偶然拾ったH50系ハイエースも・・・・ココはストビュー上で90系スプリンターが存在する現場で、そいつを狙って2回訪れたのだが、結局ガセが確定する一方で、ストビュー上のみならず最初行った時にも無かったこいつが出てきた、と。どう見てもワゴンのスーパーカスタムリミテッドだが、貨物車登録の4ナンバーを着けている。いちおー契約駐車場らしいトコなのだが、常駐ではない可能性も・・・・。<2011/11/24 大阪市平野区にて>
H50_HIACE_WAGON 111124

おっっっ!!?こいつはネット上で見覚えのあるダイナ!!!!!それから数年経過した今になって、古いトラックの居場所などほぼ無い(?)大阪市内で30年超選手のこいつと出会うとは(;Д)゜゜・・・・撮影地からは少し遠い地域の(しかも分類3桁!!!)ナンバーが付いてるものの、現場は月極との看板を掲げた駐車場なので現在ココに定住しているものと考えられるが、ストビュー上の現場には存在せず。よく見ると窓が開いてたり雑巾が引っ掛けられてるのが気になると思うが、ドライバーとおぼしき方が仕事終わりの後始末らしい作業をしてるトコで、撮った瞬間はちょうど裏側にいたようで写っていない。<5/20 大阪市西区にて>
U20・30・40・50_DYNA 120520

| 未分類 | 19:00 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

発掘難関、ライトエース。

今回はトヨタの3代目(M30/40系)ライトエースのまとめ。同世代の2代目タウンエースと比べるとタマ数は圧倒的に少なく、本拠発掘はかなりの難関となっている。それでもストリートビューでは結構ヒットするのだが、これが徹底的に的中せずガセがほぼ100%という(*.*;)・・・・丸1年以上探しに探して集められたのは、珍しい個体のみ選んだ長期生産のトラック(50/60系)も含めて以下のすべて。

手始めに丸1年以上ストックしてあったトラックを。ワゴンバンが絶版となってからも製造されていたとはいえ、このデザインのは新しくても15年選手。その割には結構生き残っているのだが、ブルーの個体はあまり見ないかと思って取り上げてみた。隣にいるのはこの時出したマークⅡバン。2台で90年代半ば頃のようなシーンを演出していたが、こいつのナンバーは分類3桁だった。<2011/4/29 大阪市大正区にて>
M50_LITEACE_TRUCK 110429

遂にキタ━━━━━━━\(゜∀ ゜)/━━━━━━━!!!!!!!!!!!!!!!!!!!A氏に連れてっていただいた京都市内でライトエース初のストビュー的中!!!!!!!!!!ワゴンでも貴重になっている中でなんとバンの現役ですよ。しかも「京」ナンバー!ディーラーのステッカーが残ってるのもエンスーにはたまらんね。しかしこいつが一筋縄ではいかず・・・・現場に着いてもそれらしい駐車場が無く、どうしたもんかと思ったら、裏のほうに曲がったトコで発見。地図に記した場所自体は間違ってなかったが、ココに面してない位置から探してたんですな・・・・危うく幻に終わるトコやった(汗)。<2011/7/31 京都市伏見区にて>
M30_LITEACE_VAN 110731

これもまた製造期間の長かったトラックだが、一方開きで豪華版のスーパーXという超希少な1台!昨年6月に偶然見つけてあったものだが、その時カメラの都合で撮れず、およそ10か月ぶりの再訪で日の目を見るに至った。ストビューではちょうど出掛けていく姿が写っているが、不在でなくてよかった・・・・。一方開のこの、荷台回りのデザインはやっぱりスゴイ。80年代以降でここまでデザイン性に優れたトラックはほかに類を見ないだろう。このクラスのトラックといえばマツダのボンゴが無くなるそうで、その後は日産などが新たに出さない限りはタウン/ライトエースの独壇場となる。この機会に、こいつの復活といえるようなカッコイイ新型を送り出してはどうだろうか・・・・<4/5 松原市にて>
M50_LITEACE_TRUCK 120405

京都のバンに続くストビュー的中となったワゴン。スーパーもしくはスペースカジュアルというやつかな?しかしこいつもとんだ厄介物で、最初行った時は近所の似た家に行き着いてココと勘違い、ハズレと判断して帰ってしまう・・・・その後周辺の新たなネタ拾いを兼ねて地図を紙にプリントアウトして再度挑んだが、またも思いっきり迷ってしまい・・・・地元の方に道を尋ねたりしながらどーにか辿り着いたとゆーわけ(汗)。これほどの苦労が報われたのは幸いだが、奇跡の実在が柵でガッチリとゆーのは面白くないもんですな・・・・(‐.‐メ)ちなみにこの後もトラックも含めて4台あたるが全滅ときた・・・・このクルマって指名手配犯でも乗ってんの??<5/5 堺市北区にて>
M30_LITEACE_WAGON 120505

これもまた珍しい一方開の身内のOEM版(?)たるタウンエーストラック。もともと1年ほど前にストビューから狙ったものだが、的中しながらもそこで96年のフェイスリフト後のものとわかりスルー・・・・。調べてみると最末期の長いノーズのに変わったのは99年と、思いのほか短期間かつ年代物というのがわかったので、近くのネタを新たに拾いに来た足で再び現場へ。見事再会でき捕獲に至った。デザイン性に優れる一方開に幌という組み合わせが面白い。<5/26 大阪市生野区にて>
M50_TOWNACE_TRUCK 120526

| 未分類 | 19:00 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ちょっと誇らしく。アメリカンもお似合いですよ(*^^*)♪

今回は珍しく、1970年代以前の特に古い旧車をトヨタのワンメイクでまとめましたよ~。

偶然発見した初代カローラのクーペ版、カローラ・スプリンター。実はココにもわずかに写っているが、現場はなんとこのKP61スターレットのスグ隣(^^;)。傍目には明らかに何らかの関連がありそーなコンビだが、相方が京ナンバーなのに対しこいつは泉(分類シングル!)ナンバーなのね・・・・。ここには4月にも再訪したが、2台とも変化無く停まってたので一応常駐のようです。フロントフェンダーの「Corolla」には何らかの記載らしきものが付いてるが、末期の「1200」かな?<1/9 大阪市阿倍野区にて>
KE10_COROLLA_SPRINTER 120109

キタ━━━━\( `∀ ´)/━━━━!!!!!!!!!!!!!!こいつは素晴らしすぎるぜ、新しいナンバーが付いた110系クラウンがストビュー発で!!!!!!!後期型のセダンで、グレードはスーパーデラックスとある。改造らしい改造は一切見受けられないが、ワイヤー状のホイールで個性を演出。明るいブルーのボディーカラーと相まってアメリカンなムードでまとまっているが、こんな色、オリジナルで設定あったんでしょうかねぇ?<3/8 堺市北区にて>
S110_CROWN 120308-1

S110_CROWN 120308-2

じゃーん!なんと50年代の初代クラウンがストビュー発で!!7年続いた初代の中でも大幅なフェイスリフトを経た後のものだが、2代目にモデルチェンジしたのが1962年なので、新しくても半世紀物!!!!ナンバーこそ無いが、見た感じ保存状態の良さは抜群。それも雰囲気からしておそらくいわゆる未再生と思われる。実動状態か・・・・?<3/25 大阪市港区にて>
1st_CROWN 120325

偶然発見した、いかにも70年代らしい羊羹のようなボディーカラーの初代カリーナのハードトップ。立ち入るとまずそうなトコだったが、どうにかチョイ踏み入れる程度で全貌を押さえられた。接近できない個体はズームで写した画像を確認して初めて詳細がわかるナンバーだが、今回は消さなくてもご覧の通り・・・・地名も分類も何もかも確認できずじまい( ̄∀ ̄;)。<3/25 大阪市港区にて>
A10_CARINA 120325

実質80年代のクルマなんやけど、初期モデルの登場が67年というコトで今回セットにしてみた初代センチュリー。絶版は97年で、中古車も結構流通してるらしいのだが、なぜかフィールドでは全然見ない・・・・ストビューでも滅多に引っ掛からないのだが、そんな中ヒットした1台が実在しかもアズキ色!!あちらの画像ではほとんど黒にしか見えないが、こんな珍しい色だったとは・・・・。見た感じ後ろのドアが長いロングボディー、ホイールは14インチのフルキャップなので90~92年式のLタイプか。ところでストビュー発の奴等ときたら実在してもあちらで存在してないジャマ者が阻んでいたりと、何かと姿を収める条件が悪くなっているコトも多いが(′Α`;)、こいつも現行と旧型のワゴンRコンビが覆い隠すように居座っていたのでどないしよーかとオモタ(汗)。あちらでは敷地内にこいつ1台しか居らんのに┐(-。ー;)┌・・・・<5/26 大阪市天王寺区にて>
VG45_CENTURY 110526

| 未分類 | 19:00 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。