エンスーの目線から

2013年末をもって更新休止中。

2012年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

かッとび参上。

今回は満を持して、当ブログ史上かつてない60系と70系のスターレットを投下!!!!さらに80系と90系も1台ずつ添えて、初代以外のすべてを揃えてみた。

どーん。なんと天然物のKP61。カンペキなオリジナル・・・・と言いたいトコロだが、フェンダーミラーはどうも見慣れないもので、オリジナルではなさそう。後ろのエンブレムは大抵別々になっているメーカーと車種名が一体なのね。<2011/5/3 大阪市生野区にて>
KP61_STARLET 110503-1

KP61_STARLET 110503-2

これまた天然物の61が!こちらも中期の5ドアで、グレードはスポーティーバージョンのS。現場は一時駐車も受け付けるモータープールのようだが、埃を被った状態からするとココに常駐しているはず。ストビュー上では壁で隠れているようで確認できないが・・・・。<1/9 大阪市阿倍野区にて>
KP61_STARLET 120109

目にするコト自体何年ぶりだったろうか・・・・幻の存在となって久しかった「かッとび」ことEP71が、ストビュー的中で降臨キタ━━━━\( ゜∀ ゜)/━━━━!!!!!!!!!!!!!!後期型のターボSとみられる仕様で、外観は一部エンブレムの欠品こそあるもののほぼオリジナル。売れたクルマのはずやけど、絶版から15年くらいでスコーンと一掃されちゃいましたよねー(′д`;)。かれこれ4~5年ほど、通りすがり1台とて見てなかったですから・・・・。しかしながらストビューの世界では思いのほか多数ヒットし、狭い範囲に集中して3台いたりしたが、昨年5台あたって実在したのはこいつだけ( ̄∀ ̄;)・・・・まぁストビューが無ければこの1台すら出会えんかったので、ガセが大半とはいえ侮れないですな。<2011/5/14 東大阪市にて>
EP71_STARLET 110514-1

EP71_STARLET 110514-2

EP71_STARLET 110514-3

EP71_STARLET 110514-4

大阪府下で現存するP70系は先程のターボS1台限りという説も浮上していた中、今年になってまたしてもストビュー的中で新個体発掘キタ━━━━\( ゜∀ ゜)/━━━━!!!!!!!!!!!!!!この白のソレイユLは定番仕様だったはずだが、今となってはキレイサッパリ・・・・よくぞ現物が存在した・・・・と感動に打ちひしがれると同時に、とんでもない事実が明らかに・・・・<3/20 堺市東区にて>
EP71_STARLET 110320

ちょ、ナンバー(;`Σ´)・・・・!!!!!!!!!!!!!!この神々しいコラボレーション、もうでっち上げや捏造と思われても無理はナイですね(汗)。私も正直、実物目の当たりにしても信じられない。何かの間違いではないかと・・・・。はなから爆弾のこいつに、こんな飛び道具までもブッ込むとは。ストリートビュー恐るべし・・・・
EP71_STARLET 110320 trimming

ソレイユLならいいか・・・・と思って一旦スルーしたが、さすがに初期型やし今回の記事にちょうどええ、と思い収穫したEP82。現場はストビューでも網羅されてるがこいつは不在。ココは以前も通ったコトがありその時見た記憶も無いので、居らんコトが多いのか?取って付けたようなサイドミラーが初期型ソレイユ系の特徴。<4/5 松原市にて>
EP82_STARLET 120405

折角なのでおまけで90系も・・・・ストビューで都合良くヒットしたので狙ったところ見事的中した最廉価グレードの、「f」も「x」も付かないルフレ。ホイールは社外品のアルミを履いているが、標準仕様はもちろんフルキャップ無しの鉄チン。ビジネスパッケージなどと名乗るコトも無く、xやfと一緒にルフレシリーズの一員としてカタログを飾っているが、ダブルフォールドのリヤシートがシリーズで唯一オプション設定されているあたりは業務用スペシャルとしての片鱗を感じる。<4/5 大阪市住吉区にて>
P90_STARLET 120405
スポンサーサイト

| 未分類 | 00:00 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2012、輝きは、時を超えて。

12日の京都の暴走殺傷事件は衝撃的でしたね・・・・容疑者の彼はてんかんの持病があったとかで、免許の制度をどうこうしろという声が多く挙がってるが、そんなコトよかまずクルマ(新車)のほうに暴走できん装置を義務付けろ、と思うのは私だけか・・・・国策で湯水のごとく金巻き上げて代替促進までしてるんやから、それくらいやって当然やろ?

クルマ乗り換える行為自体は全然構わないのですよ。ただ一言、「潰すな」。自分等には不要となっても、ほとんどの場合においてまだまだ使い道があり欲しいと思ってる人もいるのだから、駆除などせず、(できれば若者に)譲るとかして受け継いでやれ、と。まして、自ら稼いだ金でまかなうならまだしも、平然とまったくのよその人のスネまでかじってそんなコトしよるんやから、もう最低の極みとしか言いようがない・・・・。

見事ストビュー的中!!!!!!ではあるのだが、ご覧の通りガッチリとガードマンを携えてるのが惜しいフェンダーミラーが特徴のクレスタ。仕様は画像では前期型というコトくらいしかわからないが、フロント回りを覗き込むとツインカム24と確認できた。ストビュー上でもこうなってるので路上に出る機会は滅多に無いのかな。この日は同区内で後期型パールシルエットトーニングのツインカム24(15インチアルミも付いてて当時のCMとまったく同じ仕様)も狙ったが、そちらはしっかり駆除完了(泣)・・・・。<2011/4/30 大阪市大正区にて>
GX71_CRESTA 110430

現地で出てきた後期型のこいつは、またしてもガードマンが(;′д`)・・・・これもツインカム24、そしてナンバーは発売当時の「泉」だったと記憶している。ストビューにおける現場はそこに面した路上こそ網羅されてるが奥まで見渡せず、こいつの姿は確認できない。このガードマンとおぼしきウィッシュは映ってるが・・・・<2011/8/29 岸和田市にて>
GX71_CRESTA 110829

おぉぉぉぉぉぉぉー遂に好条件の1台がストビュー的中でキタ━━━━\( ゜∀ ゜)/━━━━!!!!!!!!!!!!!!しかもミラーも畳まれてナイときた。いやぁー痺れますなあ!柵も屋根も無しと我々部外者にとっては有難い反面、クルマにとってはまったく良くない環境ながら、状態の美しさは目を見張るほど。日頃から相当手間掛けて手入れしてなければこんなのありえない。これならアッサリと解体処分などされないはず・・・・<2011/10/10 大阪市平野区にて>
GX71_CRESTA 111010-1

GX71_CRESTA 111010-2

GX71_CRESTA 111010-3

GX71_CRESTA 111010-4

じゃーん!!!!!!先程のクレスタと同日狙ったマークⅡまでっっっ!!!!!!ストビューにおける現場は古い集合団地で、実際の現場は建て替えられて一変していたが、こいつはそのまま、新しく造成された本拠でバッチシお出迎え♪いやぁー嬉しいではないか(涙)!<2011/10/10 大阪市平野区にて>
GX71_MARKⅡ 111010-1

GX71_MARKⅡ 111010-2

GX71_MARKⅡ 111010-3

70系は今年に入りチェイサーに始まり、クレスタ、マークⅡハードトップとそれぞれ1台ずつあたるもすべてが全滅の3連敗(ついでに80系も芳しくない)を経たのち、ツインカム24のマークⅡが見事的中繰り出してキタ━━━━\( ゜∀ ゜)/━━━━!!!!!!!!!!!!!!感服の一言・・・・。<4/12 堺市東区にて>
GX71_MARKⅡ 120412-1

GX71_MARKⅡ 120412-2

最後に3年ほど前に発見した近所のチェイサーの放置個体を。チェイサーに関しては当ブログ開設以来新たな発掘は皆無で、手近なトコにいた唯一の維持管理個体も政策におんぶしたカスオーナーにより駆除、そんなわけで現在いつでも会えるのはこいつだけ(涙)。発見当時から明らかに管理の様子は見られなかったが、相変わらず撤去されずに居座っているこいつはよりによって前期型のGTツインターボ、そしてボディーカラーも希少なツートンという・・・・こんな仕様、発売当時からあまりお目にかかれなかったのでは?あちこち腐食していてかなり無残な状態となっているがパーツ取りとしてはかなり重宝するはず。日新小学校近くの市営中庄団地の敷地内なので、有効活用(リサイクルじゃなくてリユースね!)できる方はぜひ・・・・<4/12 泉佐野市にて>
GX71_CHASER 120412

| 未分類 | 00:30 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

私は、良い環境で待っています。

引き続きマツダ編、今回はボンゴワゴン+ブローニィとスペクトロン。ストビュー上では結構ヒットするが現物の的中率は非常に低かったりと、思いのほか出るようで出ない車種のひとつで、昨年10月を最後に新たな発掘は皆無という状況が続いている・・・・。

本拠発掘に該当しないので迷ったが、希少な中期モデルというコトで資料として出してみたボンゴワゴン。グレードはリミテッドで、この時出したやつと同仕様ですな。一時的に保管されてるような感じで、ストビュー上でもこの現場では見当たらなかったが、同じ区内のちょっと離れたトコに同じように路駐しているのを発見・・・・片側アルミ、もう片側鉄チンというホイールともども謎の個体である。<2011/5/5大阪市東住吉区にて>
SS_BONGO_WAGON 110505-1

SS_BONGO_WAGON 110505-2

ストビューでヒットした段階ではボンゴと判断していたが、現物の的中でスペクトロンと判明したこいつ。取り囲んでいたジャマな連中はどこへやら、敷地の外からでも前も後ろもキレイに写せる環境が整っていたのがこれまた有難い。ボンゴと思った要因はコレやったんかな・・・・なぜかボンゴワゴン後期用のリヤガーニッシュが・・・・!?すっごく自然に付いてるエンブレムの位置も調べた限りではオリジナルではないようで、次に載せてる個体のように本来なっているはず・・・・。<2011/5/14東大阪市にて>
SPECTRON 110514-1

SPECTRON 110514-2

偶然見つかったスペクトロンの4WD!本拠発掘と判断したが、ストビューではこの現場に存在してイナイ。4WDは当ブログ開始からこの記事の掲載時点まで、ボンゴワゴンともども後にも先にもこいつ以外見た事すら無い。京都市内は大阪府下と比べると雪と接する機会は多いのか4WD率が高く、この日狙った中には実在しなかったがボンゴワゴンの4WDとおぼしきターゲットもあった。<2011/7/31京都市南区にて>
SPECTRON 110731-1

SPECTRON 110731-2

キタ━━━━\( ゜∀ ゜)/━━━━!!!!!!!!!!!!!!サンルーフ装備のスペクトロンがストビュー的中!!!!!!!!!!!しかも86~90年にかけての中期。ボンゴと違って中期と後期の違いは外観上ほとんど無いが、エンブレムのレイアウトが異なるみたいなのね。なにわ56のナンバーからしても間違いない、撮影時点で21年以上という年代物だが、コンディションは抜群。ストビューでは別々の列に並んでいるが、同じ列に1台挟んでこのミラターボ4WDがいた。<2011/10/10大阪市平野区にて>
SPECTRON 111010-1

SPECTRON 111010-2

現地で発見(したのは昨年5月だが都合により同年10月の再訪で撮影)したボンゴワゴン。グレードはリミテッドで、90~93年に設定されたプレステージシルバー/ウォームグレーと思われるこのツートンのボディーカラーともどもかなり希少かと思う。そんなわけでおよそ20年選手と考えられるが、なにわ501という新しいナンバーを掲げる。<2011/10/24大阪市東住吉区にて>
SS_BONGO_WAGON 111024

昨年6月にストビュー的中させたが、訳あってスルーしたのち再訪して収穫に至ったボンゴブローニィのバン。車検は2007年で切れていて、足元に雑草が繁っているコトからしても残念ながら放置されてるようだが、ただでさえ貴重になった旧型SR系の超希少な標準尺ボディー!!!!!!99年~の新型(SK系)にも当初設定があったようだが、よほど需要無かったのか、まず見掛けません。誰か保護してくれんかな・・・・<4/5松原市にて>
SR_BONGO_BRAWNY 120405

| 未分類 | 01:30 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

私は、スポーツカーに乗っています。

桜の季節を迎えながらも台風以上の低気圧直撃など不安定な天気が続いている新年度最初の今日は、マツダおよび日本フォード車のまとめ。揃えた5台はすべて別々の車種となっている。

現地で発見したプロシードマービー。このクルマは、昔はたくさん走ってたのに・・・・とゆーコトはなく、発売当時から見掛けるコトは滅多に無かったかと思う。ココはかつてこのAW11MR2を発掘したトコだが、こいつが当時居たかどうかは記憶がナイ。で、そのMR2とは再会できず(駐車枠はカラなのでどこか出掛けてる可能性も無くはない)・・・・。どこかしら体が不自由な方が運転されてるようだが、それがわざわざこいつを選んだ理由だったりして?ナンバーは分類3桁なんで入手は新車購入ではなさそう。<3/7堺市堺区にて>
PROCEED_MARVIE 120307

お、DA系フェスティバ。当ブログに登場するのは3台目だが、2台あたって2連敗のストビューも的中してもらいたいトコですなあ・・・・現場は幹線道路沿いで、こいつはそこからもよく見える位置にいたのでストビュー上でも後で見たら存在してると思いきや、ちょうど併走するトラックに阻まれてほとんど写っとらん(笑)。<3/25大阪市西成区にて>
DA_FESTIVA 120325

以降の3台はすべてストビュー的中の逸品。まずは前期のアンフィニMPV!アルミホイールにサンルーフ装備と何気に豪華なこいつ、調べてみると94年以降の最上級グレードタイプRらしいことが判った。これまた分類3桁ナンバーで中古入手と思われる所有者、スカイアクティブの充実を見計らって買い換えるつもりでいる?<3/25大阪市港区にて>
LV_MPV 120325

無改造っぽいというコトであたってみたFC3S、出てきた現物は思いのほか凄かった。グレードはなんと限定の∞(アンフィニ)!!!!!!!そのうえナンバーも新車当時の「和泉52」ときた。オリジナルコンディションのFC自体貴重なのに∞とは・・・・。撮った画像見返して気が付いたが、グレード表示の「∞」には小さく筆記体で「INFINI」とも入ってるのね。<3/20堺市東区にて>
FC_SAVANNA_RX-7 120320-1

FC_SAVANNA_RX-7 120320-2

FC_SAVANNA_RX-7 120320-3

おぉぉぉぉぉぉーテルスターワゴンが的中キタ━━━━\( ゜∀ ゜)/━━━━!!!!!!!!!!!!!!同時期(~94年)のカペラカーゴもスッカリ消え去った(ストビューはこの記事のアップ時点で5~6台あたって的中0台!)中でよくぞ生き残った!ストビュー上では隣にいるカローラ悪塩も190系コロナなんだがね・・・・。今回FCを主演としたが、こいつも類稀な逸材というコトでココは特別出演としたい。<2011/6/12堺市北区にて>
GV_TELSTAR_WAGON 110612

| 未分類 | 02:15 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。