エンスーの目線から

2013年末をもって更新休止中。

2011年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Rise in my heart(ストリートビューから30年前のマークⅡが今目を覚ました。)

さぁ、いよいよ2011年最後の記事を投下!昨日に続いて80年代前半のトヨタ車尽くし、今日はなんとX60系中心の高級車編!エンスージアストをしびれ尽くす顔ぶれが揃ってまっせ!!!!

来客なので迷ったが、いい機会なんでアップしてみたGX61クレスタ。なぜか次世代の70系マークⅡ後期のホイールキャップが付いているほかはカンペキなオリジナルコンディション。それでいてご覧の通り分類3桁ナンバーというツワモノ。この型のクレスタって割と残っているようで、旧車狩りを始めた4年ほど前から大阪府下で確認できたのはこいつで4台目。このうち前期(GX51)のグレー系ツートンの1台は何度も走行中のところを目撃している。しかしながら本拠発掘にはいっこうに至らず、ストビューでヒットした前期とおぼしき1台をあたるも実物は結局存在せず(-_-;)。しかしその後・・・・<4月10日大阪市西成区にて>
GX61CRESTA 110410

ストビューで怪しいクルマがヒットしたが画像が未更新のままでようわからん・・・・でもどことなくR31の4ドアっぽいなぁーと思いつつあたってみるとこいつが。どかーん!!!!!!GX61マークⅡセダン・・・・R31以上の爆弾だったとは・・・・。しかも、こんな個体やのに、ななななんと、「なにわ501」ナンバー!!!!!!!!さりげなく飛び装具搭載とは粋なやっちゃ。そしてこの後・・・・
GX61MARKⅡ 110409-1

なんと、発掘したその日にヤツの地元の某軽自動車と同じ店名のスーパーに来ているトコにも遭遇!!!!!!!!!!!ありがたい事に、前から突っ込んで停めてあったおかげで本拠では写せなかったリヤのカットが撮れた。<4月9日大阪市阿倍野/東住吉区にて>
GX61MARKⅡ 110409-2

GX61マークⅡ、後期セダンに続いて前期ハードトップまで!!!!!!!!数年前いつも見ていたとあるサイト(現在閉鎖)で存在を知ったのち、最近になってお世話になっているA氏がブログでアップした事でまだ生きている事が判明。狩りに行くのは当分先になると思っていたが、この前日に明日探索を計画していたエリアで思わぬストビューヒット!!!!!大阪ナンバーということもあり現場はてっきり摂津や寝屋川あたりと思い込んでいたが、大阪市内だったとは思いっきし予想外。しかしよく考えたらこの時代、まだなにわナンバーできとらんし・・・・(汗)。あそこでは映されたポイントによって不在なのだが(現場は以前から目を付けてたのに不在ポイントしか調べてなかった)、めでたく実物対面キタ━━━━━( ゜∀゜)━━━━!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!実はこいつとほぼ同じ仕様のがかつて家にもあったのだが、当時(90年代中盤)からすでにX60系前期自体滅多に見る事が無く、色まで同じヤツはほかに1台しか目にした記憶が無い。そんな個体がまだ現役で生存してるとは、もうバケモンの一言!オーナーの方、本気で只者ではないです・・・・。ちなみに今回の記事タイトルは、このX60系マークⅡのデビュー当初のCMこの歌にちなんでいる。<5月4日大阪市平野区にて>
GX61MARKⅡ 110504-1

GX61MARKⅡ 110504-2

おっ。これはS110系クラウンのセダン!「鬼」なんてアダ名が付いてる型だけど、その名が当てはまるのはハードトップ(特に2.8リッター車)だけですよね?このコンディション、普段から外に置いてるのはありえんと思ったが、あとでストビューを確認したところ、やはり1つ目のカットの向こうの家の屋内車庫に収まっていた。ちなみに車内覗いたところ、コラムのMTのようだった。何気にスパルタンっす。<5月14日大阪市生野区にて>
S110CROWN 110514-1

S110CROWN 110514-2

これまた超ド級の1台が現地発掘で。なななな、なんと・・・・GX61チェイサーのセダンっすよ。ストビューでは端折られてる道路が多いエリアだし、ここも・・・・と思いきやしっかり網羅されていて珍しく不在!発売当時のTVCMやカタログの表紙に出てるのも主力のハードトップばかり(だったはず)だし、エンスーな方々でも存在を知る人は限られてるかも?<6月26日松原市にて>
GX61CHASER 110626-1

GX61CHASER 110626-2

A氏の全面協力の下訪れた京都にて初代クレスタ、遂にストビュー的中のホームランキタ━━━━━━\(`∀´)/━━━━━━!!!!!!!!!!!!!!!!!!!ツートンだと思っていたボディーカラーは単色の緑がかったグレー。これは珍しい色だと思う。後期のスーパールーセントで全面無塗装のバンパーというのも見た事が無い。左後輪に付いている80系マークⅡ前期のホイールキャップは、ストビュー上では右後輪に付いている(笑)。いやしかし、本拠発掘はもう一歩という感じで悔しい思いをしていただけに、こいつの実物が出たのはありがたい限り。<7月31日京都市伏見区にて>
GX61CRESTA 110731-1

GX61CRESTA 110731-2

GX61CRESTA 110731-3

GX61CRESTA 110731-4

これまた京都にて、先程のクレスタに続いて初代ソアラまでも、ストビュー的中キタ━━━━━━\(`∀´)/━━━━━━!!!!!!!!!!!!!!!!!!!まさにあの「未体験ゾーンへ」いざなう前期型の2800GTエクストラ、孤高の存在である。リヤスポイラーは社外品かな?<7月31日京都市伏見区にて>
MZ11SOARER 110731-1

MZ11SOARER 110731-2

当ブログをご覧の皆さま、今年もお付き合いありがとうございました。
そして京都の探索にお誘いいただいたA氏には改めてお礼申し上げます。
スポンサーサイト

| 未分類 | 18:00 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

超英雄(スーパーヒーロー)揃い踏み。

2011年も残すところあとわずか。というわけで、まさしくスーパーヒーローな面々の満を持しての連続一斉投下で今年を締めくくろうと思う。

ストビュー的中の安全コロナ。実物こそしっかり存在したが残念ながら主はいずこ・・・・の状態。横付けされた建物もどうやら閉店している店舗で、おそらくそこの店主が所有していたのかも。どことなくアジアンテイストを漂わせる(笑)ドレスアップがなされたこいつは点検シールからすると最後に車検を受けたのは2002年のようで、ところどころサビてはいるがまだまだレストアベースとしても充分活かせそう。現場は東生野中学のちょい北西。連行されて影も形も消されてしまう前に、ぜひどなたか救ってほしい。<5月14日大阪市生野区にて>
T100CORONA 110514-1

T100CORONA 110514-2

T100CORONA 110514-3

ななな、なんとクーペのA60系カリーナ、ストビュー的中キタ━━━━━━\(`∀´)/━━━━━━!!!!!!!!!!!!!!!!!!!なんと足もハートもイイやつなんだ。気合いの4カット、敬意を表して掲載だぜ。<5月14日東大阪市にて>
A60CARINA 110514-1

A60CARINA 110514-2

A60CARINA 110514-3

A60CARINA 110514-4

どっかーん!この青い方々がいる会社にいた残りの1台。完全オリジナルのE70系初期型カローラバン。新しくても丸30年選手っす。建物の中に仕舞いこまれてるかもと思ったが、ストビュー同様にバッチリ外にいて出迎えてくださった。もはや化け物・・・・ここの土建屋恐るべし・・・・。<7月31日京都市伏見区にて>
E70COROLLAVAN 110731-1

E70COROLLAVAN 110731-2

キタ━━━━━\(`∀´)/━━━━━!!!!!!!!!!!!!これまたスゴイ、T140系コロナが京都市内で的中!!!!!!!!!!!しかもこいつが只物ではなく、ななな、なんとバックソナーを搭載した前期型のGX-Adときた。この飛び道具、今でも正常に作動するのか?<7月31日京都市南区にて>
T140CORONA 110731-1

T140CORONA 110731-2

140系コロナ、今度は自家用車として使われているタクシー仕様が的中っっ!!!!!もともとは自家用グレードと共通のボディーだったが、1986年頃に基本設計はそのままに室内空間を広げた専用ボディーにモデルチェンジ、98年頃まで製造されていたそうな。となれば新しいのだとまだ10数年しか経ってないはずだが、タクシーとして現役の個体もまず見ない。こいつはなにわ58ナンバーで元タクシーを物語る部位は見当たらないし、新車時から自家用だったのか?<10月10日大阪市平野区にて>
T140CORONA 111010

E70系カローラ、今度は末期モデルのワゴンが!今回唯一の現地発掘ネタだが珍しくストビューでも不在で、一緒にいた現行ジムニーしかいない。ナンバーは最新の「なにわ501」だし、ひょっとしたらストビュー撮影後にココにやって来たのかも?ちなみにこの型のワゴンは5月頃にも、ここの近くで「なにわ55」&フルオリジナルの通りすがりを目撃している。<10月10日大阪市平野区にて>
E70COROLLAWAGON 111010

| 未分類 | 01:00 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

不愉快に、インテリジェントハードトップ。

ドンドンいこう。今日は4車種(実質3車種)のトヨタの詰め合わせ。ネタ自体は爆弾勢揃いだが、どれも相手の出方が面白くナイのでアップ主の思い入れはあんましありまへん(-.-;)。

もう後期のマイロードでもやっとという感じになったT170系カリーナ。このブルーのボディーカラーはちょっと珍しいかも。<11/24大阪市東住吉区にて>
T170CARINA 111124

幹線道路沿いの、ストビューでも見つけやすそうな現場だけに現地発掘に面食らった160系ED。前期の1.8リッター車である。後で調べてみたら、やっぱり居る・・・・(+ +;)。<4/9大阪市阿倍野区にて>
T160ED 110409

またも現地発掘で出土した160系ED。こちらは後期の2.0X。これもまた後でストビュー確認したらしれっと存在・・・・あームカつく。こいつが2代目カルディナ(←6月にあたった物件の実物)だったらよかったのに。<11/24東大阪市にて>
T160ED 111124

仕様問わず爆弾の20系ビスタで前期型の2リッター、そしてこの色。でも撮れるカットはご覧の通りフェンスでガッチリ・・・・実はここのスグ近所の月極に更新前のストビューでGTらしいのがいたのだが(更新後消えた)、結局実物は3回ほど通るも姿を現さず(110系カローラに化けてる?)・・・・。<5/3大阪市東住吉区にて>
V20VISTA 110503

ストビュー上では何台もヒットするのに実物はハズレばっかしのV20系ビスタ/カムリ。この日3台あたったうちの1台であるカムリハードトップのプロミネント、現場に行くとやっぱり無い・・・・駐車場の一部が時間貸に整備されてたりして区画が変わっているが、現行型のノアだかヴォクシーがいたので実物はそいつと思われた。やっぱりか・・・・と思いつつ次のヒット物件の現場に向かうと・・・・なんと、近くの屋根付き(高架下)駐車場にヤツの姿が!!!!!どうやら狙っていた個体で間違いない。もともといたはずの青空駐車場より賃料は高いはずなので、所有者の生活に余裕ができたのか?そして「大阪501」という新しいナンバーのサプライズ!これには驚かされた。ちなみに残りの2台、カムリセダンのプロミネントとビスタのセダンは結局幻に終わった(さらにその後7月に京都市内であたった3台も全滅)・・・・。<5/14東大阪市にて>
V20CAMRY 110514

| 未分類 | 01:00 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

130系クラウンまとめ2011年の瀬編

今日はまた130系クラウンのまとめ。前回のまとめ以降様々な個体が出土したが、今回はひとまず基本形ともいえるハードトップの後期型のみ揃えた。

以前より知るナローボディーの2リッタースーパーチャージャーのロイヤルサルーン。トピックを強いて挙げるなら分類3桁ナンバー程度のこいつはこのカペラカーゴと2台隔てた枠にいる。カペラのほうもまだ健在でした。<4/29大阪市大正区にて>
S130CROWN5No.HT 110429

去年までスルーしてたこのツートン、シルキーエレガントトーニングの個体ももう取り上げてやらんとね・・・・。グレードはスタンダードな3.0ロイヤルサルーンG。<4/29大阪市大正区にて>
S130CROWN3No.HT 110429

よしきた!!!今回の記事で唯一のストビュー的中でありもっとも爆発力のあるV8のロイヤルサルーンG!現場は路上ながら常駐の模様。どうやらウォームグレーパールマイカトーニングという色のようで、4リッターV8は白/淡いゴールドの定番色、ホワイトマイカトーニングの個体すらスッカリ見なくなった今、相当希少な個体ではないだろうか。<4/30大阪市大正区にて>
S130CROWN3No.HT 110430

ブルーイッシュグレーの2.5ロイヤルサルーン。白系統以外では比較的多い色だろうけども、絶対数はかなり少ないはずでなかなかイナイでしょ?<5/5大阪市東住吉区にて>
S130CROWN 110505

シルキーエレガント~のボディーカラーで、2.5リッターのロイヤルサルーンと思われる個体。分類2桁時代のナンバーで特に目立った改造箇所も見当たらないが、エンジン表示のエンブレムはオーナーが塗ったのかな?確かリヤにも、そこには本来無い「TWINCAM24」のエンブレムが“ねじ込まれて”いた。<6/12堺市北区にて>
S130CROWN 110612

一見ありふれた仕様のスーパーホワイトⅣのワイド。2.5リッターのロイヤルか・・・・と思いきや、フェンダーには「スーパーセレクト」とあるではないか!調べたところ「2.5ロイヤル仕様スーパーセレクト」というのが正式なグレード名のようで・・・・特別仕様の類だったのか?ところでこの現場、帰ってストビューを確認したところ、車庫にはなぜか190系コロナが・・・・!?確かに「なにわ301」という新しいナンバーが付いているが、新車買い換え奨励が盛り上がってる最中、それらに思いっきり逆行する乗り換えでこいつが来ていたとは・・・・。この家の主が変わったのも考えられるが、ストビューとのブランクはわずか2年ほどだしその可能性は低いだろう。この型のクラウンはどういうわけか、少なくとも大阪では人気が高いようで分類3桁の個体もそう珍しくなかったりする。<10/10大阪市平野区にて>
S130CROWN 111010

| 未分類 | 03:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バンも輝きは時を超えて・・・・

今日は70系マークⅡのバンを一挙放出。絶版からもう16年経ち、すべての個体が名実ともに「旧車」となったが、ストビューも的中を重ね、7~8か月間で計6台を収穫。おそらく現行のプロボ/サクシやADのほうがたくさん積めて燃費も良い・・・・今となっては貨物車としての存在意義は無いに等しくなっただろうが、国の偽善エコ政策なんかに負けずに頑張ってほしいところである。

ストビュー的中でゲット。ドアミラーってブルーのボディーカラーとの組み合わせで選ばれる事が多かったのか?昔近所にあった個体も確かこの仕様だった気がする。<4月3日大阪市平野区にて>
X70MARKⅡVAN 110403

珍しくストビューに後から確認しても存在していない個体。初の分類2桁ナンバーだが、こいつ以降しばらく2桁の出土が続く事に。隣の枠にはブルーのM30系ライトエーストラック前期がいて(こちらもアップ予定)、ちょっと懐かしいシーンを演出していた。<4月29日大阪市大正区にて>
X70MARKⅡVAN 110429 1

お、同じ日にもう1台。基本仕様は先程の個体とまったく同じようだが(ナンバーの管轄と分類番号も同じ)、これぞ80年代の社外品ホイールが泣かせる。<4月29日大阪市大正区にて>
X70MARKⅡVAN 110429 2

ストビュー的中のちょっと珍しいフラクセンマイカの個体。純正オプションのフォグランプがイイ感じ。<5月14日東大阪市にて>
X70MARKⅡVAN 110514

集合団地の駐車場で発見。梯子やらを載せていそうなルーフキャリアがイイアクセント。<6月12日堺市北区にて>
X70MARKⅡVAN 110612

ストビュー的中で久々の分類3桁ナンバーの個体。助手席側もなぜか後輪だけホイールキャップが無かったが、冬場にもかかわらずフロントガラスにサンシェードをセットしており、大事にされている雰囲気。しかしながらこうして並べてみると改めて気付く。どれも屋根の一切無いトコの保管なのにホンマにコンディションが良い!「天然物」の旧車は、極上の個体もあれば相当くたびれた個体もいるものだが、このクルマに関しては程度の良い個体だけが残ってるみたい。<11月24日東大阪市にて>
X70MARKⅡVAN 111124

| 未分類 | 01:00 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2011、京都を支配する。

今日は珍しく中大型トラックおよびそれをベースとする特装車のまとめ。すべてが以前より交流させていただいているA氏の全面協力による京都市内での発掘で、ほとんどがストビュー的中である。大阪府内ではなかなかお目にかかれないヴィンテージトラックの数々をご覧いただきたい。

こいつは凄い!!!日産ディーゼルの2世代前の大型トラック、通称レゾナが的中!!!!!25年選手(架装部分に61年とか書いてあった)という年代物ながら目立ったダメージも無く状態は良好。しかし、一応現行タイプの車検シールを確認すると数年前で切れている・・・・一応管理されてる様子だが、公道復帰は微妙か?<7/31南区にて>
UD 110731-1

UD 110731-2

うぉぉぉぉぉぉーこれまた凄いぜ、日野の大型、スーパードルフィンのシャッターグリルも現物がっっっ!!!!!!ストビュー上では確認できなかったが、なんと大型では珍しい後輪1軸。これより後の、蜂の巣(3型)や鬼(最終型)と呼ばれてるやつなら以前何台も見た事があるが、シャッター(2型)以前の個体を見たのはこれが初めて。新しいのをベースにグリルを交換した個体も多いが、こいつはナンバーからしてオリジナルと思われる。<7/31南区にて>
SUPERDOLPHIN 110731

これまた凄いアジトが・・・・20~30年選手の中大型トラックを何台も所有する会社がヒット、いざ現場に向かうとストビュー上のすべては揃わなかったが相当なツワモノ揃い。まずは三菱ふそうのザ・グレート2型。トラックは古いものでも多くが再販され新しいナンバーが付いたのもよく見掛けるのだが、今回掲載のここまでの大型3台が「京」。もはや大阪とは次元が違う!!<7/31伏見区にて>
THE GREAT 110731

続いてなななんと、中型のFK!!!!!こいつの現役は京都でもなかなか残ってないのではないか。先程のグレートより古いのにナンバーはなぜか新しい。
FUSO 110731

そして840フォワードの2型。このアジトではインパクトは小さいが、これでも1989年前後の年式なので相当な年代物。
FORWARD 110731

2011年という事が信じられない光景。ストビュー上ではこいつらのほか、ザ・グレートの3型や風のレンジャーのシャッターなどがいるのだが、この日実車と対面できたのは4台。残りもう1台は後日アップの予定だが、これがまたとんでもないブツなのだ・・・・。
KYOTO 110731

今回の掲載分では唯一の現地発掘でストビューにも不在のネタ。京都市内から撤収する直前に発見した、フロントマスクを見る限り風のレンジャーの初期型ベースとおぼしき検診車。くたびれ具合からするとひょっとすると既に引退済みか?アクセス性がまったく考慮されていない適当な運転席ドアが面白い。<7/31伏見区にて>
RANGER 110731

| 未分類 | 01:00 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

S80系アトレー2011その2

今日は今年二度目のS80系アトレーのまとめを。定番仕様以外の個体はなかなか無いものだが(定番仕様ならいまだにそこそこいる)、先月一気に3台狩れたので、長らく寝かせていたハイゼットバンも合わせて再度特集を組んだ。

この仕様のハイゼットバンは結構珍しいんでないかな?ルーフキャリアがチャームポイント(?)のシルバーのハイカスタム。そういや10インチのタイヤって、今じゃ12インチより高くつきそう・・・・。<5月5日大阪市東住吉区にて>
S80HIJET 110505

660の前期と思われるLXを発見。現場は自動車屋の店先だが、後で確認したストビューにも存在してるのでどうやらココで所有されている模様。2WDのAT仕様(示すステッカーがある)のようだが、ホイールはなぜか4WD用・・・・。<5月14日東大阪市にて>
S80ATRAI 110514

最終型ノーマルルーフのクルーズだが、ターボでそのうえツートン!こいつは見逃せない!!現場はストビューでもしっかり網羅されてるが、珍しくそこには存在せず。<11月24日東大阪市にて>
S80ATRAI 111124 1

よしキタ!!!!!!!ストビュー的中の新たな個体!!!!!なんと550(2型)時代のLXターボ。現在22~23年選手、現役というだけでも立派なもんだが、日陰にも覆われない屋外でありながら程度の良いこと・・・・色ツヤが保たれた塗装のみならず、デカール類もほとんど色褪せてない。窓も全面覆ってあるし、こりゃ相当気を遣って維持されてますな。下にブルーシートが置かれてるのが気になったが、こいつで時々車体をカバーしてるのかな?<11月24日東大阪市にて>
S80ATRAI 111124 2-1

S80ATRAI 111124 2-2

おぉぉぉぉぉぉぉぉーもう1台的中!!!!!!!!660前期の最上級グレード、ターボFXの4WDでツートーンパックも付加された贅を極めた1台。以前同車種をまとめた記事でもほぼ同一仕様の個体をアップしたが、同じ660前期でもあちらがキャブエンジンの90~91年式だったのに対し、こいつはEFIとあるので91~92年式。<11月24日東大阪市にて>
S80ATRAI 111124 3

| 未分類 | 01:00 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

政策後のみなさん、お元気ですかー?

今日は前回のC33ローレルとプラットフォームを共有するA31セフィーロを。長い期間生産されたにもかかわらず現存台数はC33よりはるかに少なく、今年新たに掘り出せたのは3台(ほか路上で2台目撃)。このうち現地発掘だった後期型の1台は以前アップ済みだが、ストビュー的中だった残りの2台をC33の残り3台と合わせて投下する。

キタ━━━━━━━\(`∀´)/━━━━━━━!!!!!!!!!!!!!!!!!!!遂に実物的中のA31セフィーロ!!!!!いやー美しい、カッコイイ、感動!!!!!オープンな場所で遮る障害物も無く、環境面のビジュアルも文句無し・・・・強いていうならミラーが畳まれてるのが真正面のショットもある今回としては惜しいが、運転席側スグ横の歩道との間には柵も無いのでこれは仕方のないところ( ̄∀ ̄;)。この日は同区に2日連続で訪れた2日目だったのだが、実は前日にも路上で目撃している。同区内でも別のエリア回ってたその日にココ来てたら会えんトコやった(汗)。<4月30日大阪市大正区にて>
A31CEFIRO 110430-1

A31CEFIRO 110430-2

A31CEFIRO 110430-3

実物的中またもやキタ━━━━━━━\( ゜∀ ゜)/━━━━━━━!!!!!!!!!!!!!!!!!!!今度は前期型!!世間よ・・・・なんで・・・・なんで、こんな良いクルマを後世に残してくれんのや・・・・(涙)。ナンバーは先程の個体ともども「なにわ56」で、路上で目撃した別の2台も分類2桁。3桁は相変わらず通りすがり1台見ない(´д`;)・・・・。<5月14日大阪市生野区にて>
A31CEFIRO 110514

A氏と行った京都市内にて。この駐車場、ストビュー上では別の枠にM11プレーリーがいてそいつをあたる目的で来たのだが、ヤツがいない代わりにこいつが。分類3桁ナンバーのちょっと飾られた個体だが、オリジナルからはそう遠ざかってないのでいただき。画像ではわかりづらいが、なんとサンルーフ付き!エンブレムは取り払われてるのか、付いておらずグレードは不明。本来アクセントとして色分けされた、ボディーを一周するモールがボディー同色になっているが、ボディー本体のカラーはオリジナルかな?<7月31日京都市下京区にて>
C33LAUREL 110731

以前発見していた個体。つい最近までいた手近なトコの2台が相次いで消えてしまった中、よくぞ生き残りましたな。グレードはこれまた謎で、リヤには筆記体で「グランドリミテッド」と記されたエンブレムが・・・・これってローレルスピリットのじゃ??室内も確認したが、簡素なシートからして少なくともメダリスト系ではないはず。<9月10日貝塚市にて>
C33LAUREL 110910

この日はC33運が良かった、揃って実物的中となったストビューヒットの2台をあたりに行く道すがら出てきた紺色の後期2.0メダリスト。京都で出たのと同じ色かなあ?リヤスポイラー装着の個体って滅多にイナイと思ったが、前回の記事とで合計3台。意外といるのね。それにしても取り揃えた個体の数々をざっとご覧いただくと、トヨタのマークⅡなどではありえない特徴に気付かないだろうか・・・・8台狩って7色も揃う豊富なボディーカラー・・・・あの白ばかりのX80系マークⅡとは世代もセグメントも同じなのにこの違い、こんな日本ってつくづく不思議な国だと感じる。<10月24日大阪市住之江区にて>
C33LAUREL 111024 1

| 未分類 | 01:00 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

時代のまんなかに・・・・旧メインストリーマー。

早いものでもう師走・・・・今年撮り貯めたネタがまだまだあるのでドンドン出していこう。今回はC33ローレルのまとめ。半年間で集めた計8台のストック中、ストビュー的中分中心の5台を揃えた。

ダークグリーンの後期型2.0メダリスト。強いて挙げるならリヤスポイラーが付いてることくらい、そのほかクルマ本体に大きなトピックは無いが、分類3桁ナンバーなのはチョットウレシイおまけ。屋外保管なのに美しく保たれたコンディション(左側チョットぶつけてるのが惜しい!)とサンシェードをセットしてるあたりから、オーナーの愛が感じられる。<5月15日東大阪市にて>
C33LAUREL 110515

新車への買い換え率が高い一戸建てのお宅ながらバッチシ生きていた薄緑(グリニッシュシルバー)の個体。ホイールは先程の個体と同じ純正アルミだが、ここの隣のお宅にはクルーのタクシーがいて、そいつも同じホイールが付いている(笑)。それにしてもこのボンマス、もしかして折れてる・・・・?<10月24日大阪市住吉区にて>
C33LAUREL 111024 2

おっしゃあぁぁぁぁーっっっっ!!!!この日あたったもう1台も的中や!!!!!!!今回の掲載分では唯一の前期型でそのうえスチールホイール+フルキャップ仕様。確かツインカムのメダリストだった。これまた屋外保管でありながら驚異的ともいえるほどのコンディション、やっぱりカバーも使ってんのかな?なにわ56ナンバーだからオーナーチェンジは経てなさそうだが、これだけ大事にされてるなら無闇に潰される事はなさそう。<10月24日大阪市平野区にて>
C33LAUREL 111024 3

白ながらちょっと黄色っぽいのでパールホワイトと思われるこいつは一見何の変哲も無い個体だが、なんとナンバーが奈良501!なんと粋なサプライズだろうか・・・・。グレードは末期に発売されたSVというやつらしく、Cピラーのエンブレムに確かそう記してあったが、リヤにはエンブレムが何も無かった。SVにはメダリストと付く豪華版と付かない廉価版があったようだが、こいつはおそらく後者だろう。<11月24日東大阪市にて>
C33LAUREL 111124

今記事で唯一の現地発掘、というより以前より知る個体。なんと営業中の自動車教習所にたたずむ教習車!それもナンバー付き(用途を考慮して消してません)。さすがに現在第一線という事はなく普段いっつもこの定位置でじっとしているが、ごくたまに何らかの講習等で使われてるらしく、確か構内を動いてるのも見た事がある。ここで普段使われる教習車は現在すべて最終世代のファミリアとなっているが、当ブログをご覧頂いてるエンスージアストならやっぱこいつで教習受けたいところだろう(笑)。こうなったらここの教習所の看板車(?)として永久保存してもらいたいもんですな。<9月24日泉南市にて>
C33LAUREL 110924

| 未分類 | 02:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。