エンスーの目線から

2013年末をもって更新休止中。

2009年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

久々出現の都市型スポーティーセダン。

これまた激シブのカラーが目を引くHCルーチェ。シリーズの頂点に据えられた3000DOHC(リミテッド)の個体です。現場はパチンコ店の駐車場。相変わらず目にする機会が多い割には本拠発掘に至りにくい。なぜかボンネットだけ極端に塗装が逝っていて、先端のグリルの一部分となるパーツも取れている。<1月23日岸和田市にて>
HCLUCE 100123

信号待ちの列にワンエイティの初期型が!速攻スタンバイし、動き出したところを押さえた。変にいじられていない、キレイなノーマルというのは良いもんですね。珍しいブルーイッシュシルバーの色もこれまた素敵。S13の魅力を再確認させてくれる1台だと思う。<1月24日大阪市西成区にて>
180SX 100124

近所の交差点を渡る際、コッソリ逃走していく見覚えのあるセリカカムリが目に飛び込んできた!こいつとは2年ほど前にも遭遇し、詳細が気になっていた個体。先の信号で停車していたので追いかけ、どうにか姿を捉えました。ガレージ保管なら当然だろうけど、ものすごく状態が良いです・・・・。<1月24日泉佐野市にて>
A40CELICACAMRY 100124

近所の時間貸し駐車場に突如姿を見せた見慣れないJW1トゥデイ。その日限りと思いきや、ここしばらくほぼ毎日(どうやら夕方あたりに)停めに来ているらしい。少なくとも車庫保管ではないようで結構汚れているが、磨けばかなり美しさを取り戻せそう。<1月28日泉佐野市にて>
JW1TODAY 100128
スポンサーサイト

| 未分類 | 02:22 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

9か月越しの対面、セダンの肖像。

通りすがりなどはたまに見掛けながらも、本拠はそうそう見つからない180系エクシヴ。同じ型のカリーナEDは10台ほど見つかってるのだけど。グレードは2000FEと思いきや、何とトップモデルのTR-G!こ、これは珍しい・・・・しかも4WS仕様で、そのうえABSにエアバッグまで奢られている事も判明。随分張り込んだ個体っす。<1月15日大阪市住吉区にて>
EXIV 100115

失礼ながらてっきり放置かと思った90系カローラバン、しかしよく見ると車検点検シールこそ見当たらないものの、タイヤはシャンとしてるし運転席もまだまだ使い込まれている雰囲気・・・・こいつはどうやら現役らしい!!!!大阪で現役のE90バンが出土、これは大事件やぞ!!!!!!!!!<1月15日大阪市住吉区にて>
E90COROLLAVAN 100115

以前ストリートビューで探し出しながらもいざ出向くといなかったV20系カムリ。たまたま出掛けていたのか、それともすでにここを去ってしまっていたのか。改めて現場を訪れた結果は果たして・・・・おったあぁぁぁぁーッッッッッッッッ!!!!!ストリートビューでの発見から苦節9か月・・・・ようやく会えたこいつはなななんと、4WD!!!!!!凄すぎる・・・・まさに鬼に金棒の爆弾ではないか。これでも一応地元ナンバーなんです。<1月15日大阪市阿倍野区にて>
SV25CAMRY 100115

| 未分類 | 00:58 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ベールを脱いだ伯爵夫人。

以前からずっとカバーが被せられていたこのクルマ・・・・ある日前を通りがかると姿があらわになったヤツが!!!!シルエットなどから予想はしていたが、なななんと、コンテッサ1300クーペです・・・・付いてるナンバーも当時物の1桁というブッ飛びよう。もちろん転載や捏造ではないんで、念のため。<1月14日泉佐野市にて>
CONTESSA 100114

なんじゃこりゃあぁぁぁっっっっ!!!!!!え、え、SA(;Д)゜°っっっっ・・・・それもカンペキなオリジナルコンディションでナンバーも当時物。いかなる個体も通りすがりさえまず見掛けることのなかったSAこと初代サバンナRX-7、ここまで凄い個体が青空の月極から出土とは・・・・すべてが驚異的な1台やね。<1月15日大阪市住吉区にて>
SA22CRX-7 100115

良い環境に置かれているアウトビアンキA112。まぁネタのインパクトはそれほど凄くはないが、ジュニアグレードの個体は珍しいでしょ?ナンバーも当時物。<1月15日大阪市住吉区にて>
A112 100115

| 未分類 | 18:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

みなさんお元気ですか?

とうとう出てきた!A31セフィーロが初の本拠発掘。わかりづらいがどうやら前期型。もっと近付きたかったが、現場の状況上これでガマンすることに。井上陽水氏が表題のセリフを言い放つCMでも知られ、長いモデルライフでそこそこヒットもしたはずなのだが今や風前の灯。自分としても特に好きな名車だけにここまで減っているのは正直とても残念。走り屋仕様かと思ったが、見た感じホイールが変わっているくらいでナンバーも新車当時のもの。長年1オーナーで維持されてきた個体のようだ。それにしてもよく見るとサイドモールの位置がおかしいですね・・・・。<1月9日大阪市住吉区にて>
A31CEFIRO 100109

うおー!!!!!R31スカイライン、またまたワゴンの出土ですか!しかも今度は前期型!!木目のデカール付きというのがこれまた凄い・・・・。それにしてもこいつ、普段は通勤等でほとんど出掛けているのでは・・・・?というのもこれがまた車庫保管としか思えないほどえらくキレイなんですわ・・・・。撮影当時はまさに洗車した直後だったのか、晴天にもかかわらずボディーに水滴が付いていた。<1月9日大阪市住吉区にて>
R31SKYLINE 100109

後期型ならまだ結構生存している90系カローラだが、希少な前期型を捕獲。通りすがり等は稀に見掛ける事もあるが、今回のような本拠発掘となると難易度は相当高い。「ニッポンの自動車の新しい物語」を語り継ぐ1台。<1月9日大阪市住吉区にて>
AE91COROLLA 100109

前期のバンは初撮影のKR系サンバー。なぜかグレード等を記したデカールはすべて欠品で詳細はわからないが、中級あたりのグレードで4WDでしょうか。バンタイプでこれまで遭遇できたのは後期のみ、それも廉価版の2WDばかりだったので一粒で二度おいしいってとこかな。<1月9日大阪市住吉区にて>
SAMBAR 100109

今でもそこそこ会うチャンスのある後期の170系コロナだが、思い返せば本拠発掘を伴う発見は意外と少なかった。こいつはグレードこそ1800のセレクトサルーンGとポピュラーなものだが、このボディーカラーは最近観察を始めてからはまともに見た憶えが無かっただけにそこそこ注目に値する。<1月9日大阪市住吉区にて>
ST170CORONA 100109

おぉっ!90系カローラFX!!・・・・んん!?よく見たら前期型やんけー(Д)゜°!!!!!!!!!こりゃタマゲタ・・・・後期型でもなかなか発掘できない大阪で前期が出るとは・・・・これは半端ない大爆弾やね。栄光の時代を強く印象付ける当時のTVCM→ttp://www.youtube.com/watch?v=4gcTR1JmcjM&feature=relatedもご覧下され。<1月9日大阪市住吉区にて>
AE91COROLLAFX 100109

言わずと知れたAE86のトレノやけど、新車当時のナンバーが付いた完全ノーマルというすんごい個体。一見した限りでは塗装の光沢がちょっと落ちているのを除けばコンディションも極上。画像では判らないがサンルーフまで装備という贅沢さ。まさしく国宝もんやね。航空画像で現場を確認したところ、カバーの使用歴があるらしい事が判明。どうりで極上なわけだ・・・・。<1月9日大阪市住吉区にて>
AE86SPRINTERTRUENO 100109

おぉっ!ここで三菱の爆弾、デボネアVが直撃ー!!思わぬ場所に転がってまんなー。<1月9日大阪市住吉区にて>
DEBONAIR V 100109 1

DEBONAIR V 100109 2

| 未分類 | 23:43 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ザ・ダイナミックエリート。

今回は昨年末からこれまで遭遇した来客車たちを集めてみました。偶然ながらほとんどトヨタ車が占めてます・・・・。

行きつけのスーパーに時々来るBGファミリア。前期型の3ドアの現役個体はこいつ以外全然いませんね。保管環境にも恵まれているようで状態は良い。<2009年12月22日泉佐野市にて>
BGFAMILIA 091222

17インチホイールをはじめ、クラシックな雰囲気を払拭するかのごとく手を入れられた160系ED。こう見えてナンバーは「和泉52」だったりする。2~3年ほど前にも見た憶えがある個体だが、ホイールの色はこんなゴールドじゃなかった気もする。弄りっぷりもさることながら、コンディションの良さが半端ではない。まるで新車のよう。<2009年12月22日泉佐野市にて>
ST162ED 091222 1

この手のクルマとしては珍しくエンブレムが撤去されていない。「ED」のロゴが入る部分はボディー色で塗り潰されているが・・・・。
ST162ED 091222 2


近所に新たに開店したスーパーに突如出現した71クレスタ。以前病院で会ったヤツかと思いきや、まったく見憶えの無い「泉59」ナンバーの後期型スーパールーセントエクシード。今までどこに潜伏してたんだろう・・・・?<<2009年12月23日泉佐野市にて>>
GX71CRESTA 091223

正月休みで来ていたのか、これまたまったく見慣れない「大阪54」ナンバーの60系カリーナが行きつけのスーパーに!1984年以降の最終型のようだが、フェンダーにはミラーの取り付け穴を埋めるフタが付いているので元々はフェンダーミラーだったのかも。<1月3日泉佐野市にて>
AA63CARINA 100103 1

スポーツグレードは大体豪華版のGT-R/GT-TRで、廉価版のGT/GT-Tは少数派ですよね。
AA63CARINA 100103 2

通りすがる姿を見せた後、某ファーストフード店に立ち寄っていたV20系ビスタ。以前もこの近くで目撃したので近辺に生息している模様。「なにわ501」ナンバーというのも注目です・・・・。<1月7日大阪市住之江区にて>
SV22VISTA 100107

ビスタに続いてカムリも。見掛ける台数の割には本拠の発掘率が低いクルマですね。<1月9日大阪市住吉区にて>
SV22CAMRY 100109 1

グレードは1800のルミエールG。
SV22CAMRY 100109 2

どーん!!!!!!!!仰天のGX61マークⅡ・・・・言葉にならない存在感ですね。「堺500」ナンバーの、比較的若い人が最近乗り始めたらしい個体でホシノレーシングのホイールをはじめステアリングやシートが社外品となっているが、シャコタン等の改造は一切見受けられない。<1月9日大阪市住吉区にて>
GX61MARK2 100109 1

エンブレムもフロント以外は全部揃う。塗装の状態は比較的良いが、このように腐食して穴が開いた部分も。応急処置だけでもしたほうがいいと思いますが・・・・。
GX61MARK2 100109 2

| 未分類 | 20:59 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

三菱ってーのが作ったんだぜ!

今回は昨年6月のAD以来の出土となった爆弾ライトバンが目玉。当日はずっと曇り空で寒く、最終的にアラレ(ほとんど雨)までジャンジャン降ってきて大変だったが(;^^)。

ラルゴといえばこの型でしょう♪今でもたまに遭遇の機会が訪れるが、本拠発掘も伴う撮影はこれで2台目と、意外に難しかったりする。現車は後期2WDのスーパーサルーンという事で注目要素は少ないが、このブルー一色のボディーカラーは結構希少かも。<1月7日住之江区にて>
GC22VANETTELARGO 100107

おっ。M30系ライトエース出ましたねー。最上級グレードのFXVでツートン、アルミホイールまで付いたリッチ仕様。失礼ながら相当くたびれた印象は否めないが一応現役の模様。さらにこの近くで・・・・<1月9日住之江区にて>
M30LITEACE 100109-1

何ともう1台!当地周辺では申し分無い希少車と認識しとったけど、あるとこにはあるんやねぇ。でもさすがに前期型の出土は無理かな・・・・。<1月9日住之江区にて>
M30LITEACE 100109-2

(Д)゜゜・・・・マジっすか、ランサーのバンですよ!!!!!!!!!!!!!いやはや、これまた衝撃の大爆弾が出土したもんですな。この型のランサー/ミラージュなんてワゴンでもまず見掛けんからね。この地域で現役なら必須かと思うが、規制適合のステッカーがバッチリ貼られているのも注目したい。<1月7日住之江区にて>
LANCERVAN 100107

| 未分類 | 20:01 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あけおめ。~新たな10年の幕開け~

2010年になりました・・・・時が経つのは早いものですね。さて、早速初詣を兼ねて今年最初の探索を試みた。いささか物足りない収穫だが、ひとまず記事の開始といこう。<以下すべて1月3日住吉区にて>

初っ端に出てきたのはE24の初期型。今度はキャラバンですな。この紺のツートンは結構珍しいかも。
E24CARAVAN 100103

おっ!H1#系のミニカ・・・・とうとう本拠の発掘に至りましたよ。すっかり全滅したかに思えていたこのミニカだけど、ここ最近ちょくちょく遭遇/撮影の機会に恵まれてますね。ちなみにこいつはその後走る姿を2~3度目撃している。
H1#MINICA 100103

あまりクラシックという感じがしない後期のFC系サバンナRX-7やけど、見た目ほぼノーマルでまともそうな個体だし載せてみよう。スポイラー無しの純正バンパーも珍しいかも。
FCSAVANNARX-7 100103

これも世間からの待遇を踏まえると積極的に取り上げるほどのものでもないが、何か見憶えがあると思ったらやはり1年ほど前に近所で通りすがる姿を撮っていたヤツ・・・・またしても既出個体の本拠発掘という事で載せてみた。確かにおもしろく特殊な存在ではあるけれど、前半分がソックリ同じセルボを差し置いてこいつだけが受けまくるのはやっぱり理解できんなぁー。ちなみにこのナンバー、前回の遭遇時は曲がっていませんでした。何があったの?
MIGHTYBOY 100103

| 未分類 | 00:13 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。